--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第60回・全日本実業団バドミントン選手権大会!

2010年06月10日 14:32

2010_0609-13  兵庫県神戸市にて(神戸市立中央体育館ほか2会場)
2010_0612更新!

全国で活動する実業団チームが、各予選を勝ち抜いて神戸にて熱戦を繰り広げている。

試合情報は以下のとおり。

 2010_0612更新:
 男子準決勝 
 トナミ運輸 3-2 JR北海道・・・移籍1年目・元YKKの園田の活躍が光る!!
 NTT東日本 3-2 日本ユニシス・・・ダブルスのユニシス、シングルスのNTT東日本という結果。

 明日の男子決勝戦は トナミ運輸 vs NTT東日本 

 女子準決勝
 三洋電機 1-3 日本ユニシス・・・三洋のシングルス勢の調子いまひとつか。
 ルネサスSKY 3-0 ヨネックス・・・ダブルスのルネサス、課題はシングルス?

 明日の女子決勝戦は 日本ユニシス vs ルネサスSKY
 
 男子は安定したダブルスのトナミ運輸に対し、圧倒的なシングルス勢を武器にするNTT東日本。
勝負の鍵は佐々木翔と佐藤翔治か。
準決勝戦では竹村に敗れた佐々木だが、ここ一番の強さはトマス杯銅メダル獲得の原動力となった。
一方の佐藤翔治は、単・複のユーティリティー選手として、NTT東の戦術を左右する中核。
佐藤を温存し、シングルスに集中させたいところだが、ダブルスを1つ先行すると、優勝を一気に手繰り寄せることが出来る。

 一方の女子は、ダブルスでは圧倒的な2枚を揃えるルネサスSKY。絶対的なシングルスがほしいところだが、若手の伊東可奈の加入により、このところ活性化しており、先にダブルスで王手を掛けると、シングルス戦で岡、今井、伊東のうちの一人が一勝を狙うという展開に。
日本ユニシスにとっては、藤井・垣岩組、スエマエのどちらか1枚から1勝を捥ぎ取ると、野尻野、栗原、平山へのプレッシャーも軽くなり、優勝へ大きく一歩前進というところ。

明日の決勝戦、目が離せない!!!


 大会公式ホームページ(日バHP内特設)

 大会結果(PDF) 随時更新中!

 大会要項  タイムテーブル

 男子組合せ  男子参加団体リスト 

 女子組合せ  女子参加団体リスト


今年で60回を迎えた全日本実業団選手権大会。

この大会は、私自身、大好きな大会の一つだ!^^

それは、日本全国のありとあらゆる職業のバドミントン選手たちが、オリンピックへ出場するようなトップ選手たちと同じコートに立ち、真っ向から激突し試合を行う、数少ない大会だからだ。

会場には医者もいれば消防士銀行員も、電機メーカー職員建設会社社員スポーツショップ店員市役所職員・・・・中には国税局の職員まで・・・

みな子供の頃からバドミントンに熱中し、本業で働きながらバドミントン競技に向き合い、プレーする事を楽しむ選手たちの姿がそこにはある。
たぶん、多くのジュニアバドミントンへ関わる選手たちの10年後?20年後の姿がそこにはあるのだと感じる。^^
 小さい子供を連れた家族連れや、多くのバドミントン関係者で賑わう会場の空気は、子供達にとってはお祭りのようなものだろう。


ところが、ベスト8が出揃った準々決勝以降の試合は会場の空気が一変する。
世界を転戦するようなトップの選手たちが、2複3単という総力戦で、チーム日本一の座を掛けて全力でぶつかり合うのである。

2複3単という、より選手層の厚さが試される大会は、リーグ戦で長期にわたり行われる日本リーグとは明らかに違い、各チーム共に短期間に高められた極限状態の集中力を感じることができ、会場全体は独特の緊張感で覆われる。
そして各チームの応援が熱を帯び始めるとともに、観るものをみな熱狂へと誘う。


この全く違った“二つの顔”の日本バドミントン競技を、同時に堪能できるのはこの大会だけであり、加えて決勝戦までの全ての観戦が“無料!!”ということも他の競技にないサプライズだろう。^^

会場の観客席に陣取った多くのチームを間近に見ながら、試合へ望む選手たちの表情や会話、仕草などを、じっと見つめるジュニアの子供達。
そんな光景が見れるのも、この「全日本実業団」だけかもしれない。

・・・というように、私の大好きな要素が凝縮されたお勧めの大会会場へ、神戸近郊のジュニアっ子たちは、お父さんお母さん達と一緒にレッツゴー!!


会場は以下の3会場

 メイン会場(10-13日)
 /準々決勝以降の試合会場  

  : 神戸市立中央体育館 

 サブ会場(9-11日)
 /予選+1・2回戦で使用される会場  

  : グリーンアリーナ神戸上履き持参) ・ 県立文化体育館+スポーツ館(9-10日のみ)


会場は9日~10日は3箇所に分かれて予選、11日は2箇所でトーナメントのベスト8決めまでが行われる。

12日には準々決勝・準決勝、13日に決勝がどちらも神戸市中央体育館(078-341-7971)で行われるので、観戦予定の方はご注意!!
 
グリーンアリーナ神戸だけは上履きが必要なので、来場の際はスリッパ等を持参のこと!

観にいきたい!!!!・・・・が、私は行けそうに無い今大会。
現地からの情報を楽しみにしたい・・・・涙
(お願い!S&N!)


情報:Michi_Papa^^

日本ブログ村・バドミントン

写真手裏剣WEBサイト

Fotologue/BAD_FHOTO~羽球の行方~ NEW!



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。