--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010ランキングサーキット大会

2010年05月25日 20:11

2010_0522-26  埼玉県さいたま市記念総合体育館にて


毎年、日本ランキング上位者を対象に行われているランキングサーキット大会が、26日に決勝を迎える。

例年であればナショナル組の海外遠征等と重なり、ナショナルメンバー以外のエントリーという状況になるところだが、今大会に関しては先日、トマス・ユーバー杯を終えたメンバーの多くが参戦し、華やかな大会となっている。
注目の結果は以下のリンクから。

 大会ホームページ

 
結果速報ページ  結果PDFデータ

 
大会参加者一覧  大会要項

<注目の各決勝戦>

  MS 竹村純 vs 武下利一

  WS 樽野恵 vs 今別府香里

  MD 嘉村・園田組 vs 佐藤・川前組

  WD 末綱・前田組 vs 松尾・内藤組

  XD 池田・潮田組 vs 小宮山・浅原組

大会の模様が写真等で紹介され、試合結果も即日に掲載されている。
実にすばやい対応で、愛好者の一人としては感謝に絶えない。
おそらく写真は田島正氏のもの。
お手本のような試合風景写真もお見逃し無く。^^
  

ナショナルメンバーの多くは、長期に渡る強化練習~海外遠征の直後ということもあり、試合では多くの逆転劇がみられ、ナショナルA代表を倒し、上位へ進出した若手も多いことが今大会の注目すべきポイントだろう。

男子シングルスでは、トマス杯で大活躍の佐々木翔や、山田和司早崎修平選手がA代表としてエントリーするも、そのナショナルAチームメンバーを下して決勝へ駒を進めたのは竹村純(元ナショナルメンバー)、武下利一(ナショナルB)選手。
竹村は佐々木を2-1(14-21,21-15,21-9)で振り切り決勝へ、武下は山田を2-0(25-23,21-7)で下しての決勝進出となった。

女子シングルスでは、廣瀬を破って決勝へ駒を進めた樽野恵(ナショナルB)と後藤を準々決勝で破った今別府香里(元ナショナル)との対戦となった。
ナショナルAメンバーの廣瀬、後藤は、共にファイナルゲームにて接戦での敗退。
決勝戦はナショナルA以外の選手同士の戦いとなる。

男子ダブルスでも、ナショナルAメンバーの平田・橋本組数野・早川組が敗退。決勝戦は若手の園田・嘉村組(ナショナルB)と佐藤・川前組の対戦となる。
注目はベスト4へ進出した坂本・峠畑組
日本ユニシスの坂本修一選手はこのところ、若手とのペアを組み、将来性のある選手の底上げに注力する様が見かけられる。昨年末のオールジャパンでは、ナショナル入りした遠藤大由選手とのペアでベスト16というのも記憶に新しい。
今回ペアを組んだ法政大学の峠畑亮太選手も、長身から繰り出されるスピード感あふれる多彩なショットと、やわらかいラケットワーク、軽い身のこなしを持つ将来性にあふれた若手の一人。
福岡出身でもある彼の今後にも注目したい。

女子ダブルスでは、末綱。前田組松尾・内藤組が決勝へ進出。
安定感は、さすがというべきだろう。
高橋・松友組がベスト4入というのも、今では違和感が無い。
今期1部リーグ入りを果たしたユニシスの金森・浅原組のベスト4入りは、もうすぐ始まる全日本実業団を面白くするポイントの一つだろう。

最後に混合ダブルス
注目が集まったイケシオこと池田信太郎潮田玲子組は、初戦から全て2-0のストレート勝ちで決勝へ駒を進めた。
今大会ではライバルの平田・前田組がエントリーしていない事は残念だが、きっちりと結果を残し、今後につなげてゆきたいところ。
池田選手の伸びた長い髪も世界選手権銅メダル時のへアースタイルを思い出させてくれる。
(ワイルドな感じはあるが・・・まずは結果あるのみ!!)


いよいよ明日!決勝戦!!




情報:Michi_Papa

日本ブログ村・バドミントン

写真手裏剣WEBサイト

Fotologue/BAD_FHOTO~羽球の行方~


コメント

  1. Michi_Papa | URL | l18yNLao

    >緑川瑠瑠さま~続き~

    (~続き~)

    たとえば瑠瑠さんが提案されている「実況なう!」なんかは、大会本部席から「本部席速報なう!」でもいいわけで、Twitterのアカウント一つ、TWEETSを発信する担当が1~2名交代で行えば、明日からでも出来得る事です。
    これに、固定カメラでいいのでUSTREAMとリンクすれば、初期費用は殆ど掛かりません。
    せめて、国内一種大会や国内で開催される国際大会の最終日だけでも出来れば、これは「世界卓球」をある意味超えて画期的な試みだといえます。
    もちろん!瑠瑠さんのような活動は、草の根たる我々愛好家のできる選手たちへの最大のエールだと思います。
    これからもブログの更新、楽しみにしています。^^

    Michi_Papa

  2. Michi_Papa | URL | l18yNLao

    >緑川瑠瑠さま

    >緑川瑠瑠さま

    ランキングサーキットの実況は、観ていて大変楽しかったです。
    ありがとうございました。

    >次の機会は ブログがアメーバなのでアメーバ なうとか、 ツイッター等を併用してチャレンジしてみます。

    是非!チャレンジしてみてください。^^
    楽しみにフォローさせていただきます。^^

    >それぞれの立場で 盛り上げて楽しめるパワーがツールの進化で工夫の可能性が広がってきましたね。

    全く同感です。協会もこの変革の時に、上手くツールを使ってネットでの情報発信を積極的に行えば、まだまだバドの裾野は広がると感じます。

    協会内部にこの手の情報に敏感な人材がいればいいのですが・・・
    もしくはそのような人材と連携すれば出来ることなのですけどね。

  3. 緑川瑠瑠 | URL | -

    ありがとうございます

    ありがとうございます
    次の機会は ブログがアメーバなのでアメーバ なうとか、 ツイッター等を
    併用してチャレンジしてみます。

    それぞれの立場で 盛り上げて楽しめるパワーが
    ツールの進化で工夫の可能性が広がってきましたね。

  4. Michi_Papa | URL | l18yNLao

    >緑川瑠瑠さま

    レポート、おつかれさまです!

    白熱したゲームの様子が伝わってきますねぇ^^
    これってTwitterを使うと・・・楽かも。

    こんな実況を各試合、観戦者の誰かがしてくれるといいですよね。

    USTREAMなども使って映像なども同時中継とか。
    I-Phoneのアプリで可能になったみたいなので、注目しています。^^

    時代は今以上に即時性を求めていると感じるこの頃です。

    Michi_Papa

  5. 緑川瑠瑠 | URL | -

    会場に行ってます。

    こんにちは

    準々決勝から会場で観戦中。
    私的コメント付き観戦ブログを
    更新しまくってます!

    決勝も行きます。

    観るほうとしては、出てる以上勝とうとしてプレーしてもらうこと前提に熱くなってますから、

    時に厳しいことを述べちゃいますね。

    しかし 魂をゆさぶられるプレー・試合には
    負けても しくじっても、涙が出るほど 感動したりします。

  6. Michi_Papa | URL | l18yNLao

    >なるほど・・・勢いですか。

    >bonnyさま

    ナショナル組は連戦の疲れが抜けきれない状況での戦いのようですね。しかし、敗戦した選手でも見応えがある試合が多々あったとの声も多く、さすがナショナルAメンバーと言ったところでしょうか。

    僕が感じている事ですが、国内の大会だから普及振興のためにナショナルメンバーを出来るだけ沢山出場させる事は大切かもしれません。しかし、出る以上は負けられない!という大きなリスクを伴っている選手たちの立場で考えると、選手の体調を尊重し、選ばせてもいい大会もあるかと思います。
    田児君ほど図太くてもいいのかもしれません。
    特に最近の状況を見ていると、選手たちがいかに永くプレーを続けられるか、そのために必要な要素のように感じられます。



    出る以上は負けられない・・・それがナショナルメンバーに求められる姿だと思いますので。

    Michi_Papa

  7. bonny | URL | -

    勢い

    男子ダブルスは勢いの怖さを感じました(;^_^A
    坂本くんはさすがです!

    竹村くんは昨年の社会人の時以上の内容で翔くんに勝ちました☆

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。