--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝する気持ち

2010年02月15日 12:00

2010_0215 私見です。

先日、オリンピック代表にも関わらず、服装の乱れが問題視された国母選手の話題を目にしました。

それは、バンクーバ入りした際の彼の服装が、ズボンからシャツを出し、ネクタイを広げ、ズボンを下げる・・・といった状況で、それをテレビで見た視聴者から連盟やJOCへ多くの批判が寄せられたというものでした。

事態はそれだけでは納まらず、状況を把握した選手団の対応として選手村への入村式には参加を自粛したものの、後に行われた記者会見の席にて「反省してマ~~ス」という彼の悪びれる様子もないコメントが、更に多くの批判を呼び、選手本人の開会式への参加見合わせ、スキー連盟からの代表辞退宣言、そして橋本聖子団長と国母選手本人の謝罪会見へと、大きな夢の舞台を前にしながら波紋が広がっていったことは、皆さんも既にご存知のことだと思います。

服装の乱れは、確かに不適切ではあるけれど若さからきた個性の表現?「少しやりすぎた!マズかった!」失敗の一つとして、むしろ微笑ましい一面にも成り得たと感じますが、その後の「反省してマ~~ス!」のコメントは大きな問題だと感じます。

 感謝する気持ち

この言葉を忘れてしまった選手には、競技スポーツの舞台へ立つ資格がないのだと、ジュニアの子供たちには言って聞かせています。

趣味であれば、自分の責任範囲で楽しく行えばいいのでしょう。

しかし、あらゆる競技スポーツにおいて、選手達が活動する環境とは、それまでの歴史を刻んできた多くの選手達や、舞台の下で陰ながら支えてくれる多くの人々、指導者、コーチ、応援してくれる家族や観客、愛好者、メディア・・・・数えきれない人々の熱い思いで支えられているのです。

時代が違えばもしかして「オリンピック種目」ではなかったものが、今、競技している自分の時代に「オリンピック種目」である事実も、その時代に生まれた奇跡も

様々なことが「あたりまえではない、当然ではない!」ことに気づき、感謝する心を忘れてはならないのです。

先月のバドマガに前田美順選手の“感謝力”という言葉が掲載されました。強くなるために一番必要なことは?という問いにこの言葉を選んだ彼女は素晴らしい選手だと思います。

どんなスポーツでも、競技を見ていて良い子ばかりではつまらない。

少々ヤンチャなくらいがいいんです。^^

しかし、感謝する気持ちを忘れてしまっては、せっかくのプレーが台無しです。

感謝する気持ちさえ忘れなければ、みんなが応援したくなる!

ジュニア選手のみんなには、「応援せずにはいられない!」と思われる選手になって欲しいですね。^^

そんな応援したくなる選手がウヨウヨしている(沢山いる)競技でなければ、普及も発展も無いと思います。

 

ヤンチャな国母選手の頑張りに期待しましょう。^^

 

雑感:Michi_Papa

 
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ  スポーツ広場

写真手裏剣WEBサイト

fotorogue/BAD_FHOTO~羽根の行方~




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。