--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国が4連覇!8度目の王座へ!/トマス杯2010

2010年05月16日 18:35

2010_0516

 中国が4連覇!8度目の優勝!
 トマス杯は不動の王者・中国の手に!
 

2004年大会以来、中国が独占し続けているトマスカップ。
今大会もカップは不動の王者・中国の手元に戻された。

  トマス杯2010決勝戦 中国 3-0 インドネシア 

  MS1/  Lin Dan  2-0(21-7,21-14)  Taufik Hidayat

  MD1/  Cai Yun-Fu Haifeng  2-1(25-03,16-21,21-12) 
                        
Markis Kido-Hendra Setiawan

  MS2/  Chen Jin  2-1(19-21,21-17,21-7)  Simon Santoso

  MD2/  Guo Zhendong-Chen Xu  (NO_GAME)
                       Nova Widianto-Alvent Chandra

  MS3/  Bao Chunlai  (NO_GAME)  Dyonisius Rumbaka 

tm_0516.jpg

KBR_8026_460.jpg 
圧倒的な大差で勝利し、雄叫びをあげるリン・ダン。
エース対決を制したリン・ダンの勝利で中国が先制し、主導権握る。

10-Taufik__460.jpg 
インドネシアは2002年以来5大会ぶりの決勝進出。
過去13回の優勝を誇るインドネシアだが、2002年大会で中国に6連覇を阻まれて以来優勝から遠ざかる。
その後インドネシアはトマス杯を手にすることは無く、中国がカップを独占し続けている。
今大会のインドネシアの中心的存在はやはり、2000年大会以来6回連続で出場している絶対的エース・タウフィック・ヒダヤット
しかし、迎えた決勝戦中国を相手に、今大会で他を寄せ付けない強さを見せるリン・ダンの前に敗北。
インドネシアの栄光も挫折も知る英雄タフィの苦悩は続く。 

1620lin20dan_600.jpg 

1620China204_460.jpg 
やはり、中国は強かった!

Japan20thomas20and20uber20team_460.jpg 
男女揃って銅メダル獲得の日本。
満面の笑みがこぼれる。^^おめでとう!!

  
その他の情報は以下のリンクから。

 トマス&ユーバー杯2010 NEW!


  トマス杯の歴史  ユーバー杯の歴史


 大会公式ホームページ  トーナメントソフトウェア 

 
ライブスコア 

 トマス・ユーバー杯関連動画へ(Youtube) 


情報:Michi_Papa

日本ブログ村・バドミントン
 

スポーツ広場

写真手裏剣WEBサイト

fotorogue/BAD_FHOTO~羽根の行方~




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。