--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本ユニシスが男女アベック優勝!/日本リーグ2010

2010年12月27日 16:12

2010_1226 日本リーグ最終戦にて

バドミントン実業団1部リーグチームによる総当たり戦にて日本一を決める「日本リーグ2010」が最終戦を終えた!
注目の結果は以下の通り。

一部リーグ 試合結果

優勝チーム
男子の部女子の部
日本ユニシス(2年連続4回目)日本ユニシス(1部リーグ初加盟初優勝)
最終成績
男子の部女子の部
優 勝日本ユニシス7勝0敗優 勝日本ユニシス7勝0敗
準優勝トナミ運輸6勝1敗準優勝三洋電機6勝1敗
3 位NTT東日本5勝2敗3 位ルネサスSKY5勝2敗
4 位日立情報通信エンジニアリング3勝4敗4 位NTT東日本4勝3敗
5 位東北マークス3勝4敗5 位北都銀行3勝4敗
6 位JR北海道2勝5敗6 位岐阜トリッキーパンダース2勝5敗
7 位金沢学院クラブ2勝5敗7 位七十七銀行1勝6敗
8 位ハインナッセ熊本0勝7敗8 位ヨネックス0勝7敗
4位・5位はゲーム率による。
6位・7位はマッチ率による。
 

表彰選手
 最高殊勲選手賞
  早川賢一・遠藤大由(日本ユニシス)
  橋礼華・松友美佐紀(日本ユニシス)
 殊勲選手賞 
  池田雄一(日本ユニシス) 
  
田児賢一(NTT東日本)
  平山優(日本ユニシス)
  後藤愛(NTT東日本)
 敢闘選手賞
  平田典靖・橋本博且(トナミ運輸)
  竹村純(JR北海道)
  松尾静香・内藤真実(三洋電機)
  末綱聡子・前田美順(ルネサスSKY)
 新人選手賞
  大嶋一彰・三橋智希(日立情報通信エンジニアリング)
  松友美佐紀(日本ユニシス)

二部リーグ 試合結果

優勝チーム
男子の部女子の部
トリッキーパンダース広島ガス
最終成績
男子の部女子の部
優 勝トリッキーパンダース6勝1敗優 勝広島ガス7勝0敗
準優勝丸 杉6勝1敗準優勝三菱電機5勝2敗
3 位ジェイテクト6勝1敗3 位三洋電機CE5勝2敗
4 位宇部興産クラブ3勝4敗4 位日立化成4勝3敗
5 位セーレン3勝4敗5 位北國銀行3勝4敗
6 位東海興業2勝5敗6 位JR北海道2勝5敗
7 位トヨタ自動車2勝5敗7 位トヨタ自動車1勝6敗
8 位ジヤトコ0勝7敗8 位百十四銀行1勝6敗
1位~3位、4位と5位、6、7位はマッチ率による。2位、3位はマッチ率、7位、8位はポイント率による。

表彰選手
 最優秀選手
  高階知也(トリッキーパンダース)
  早川由希子・小池温子(広島ガス)
 敢闘選手 
  
黒田俊明・石川直輝(丸杉) 
  松浦翔、西澤潤(ジェイテクト)
  木村早紀(三菱電機) 
  藤原由衣・垣岩真未(三洋電機CE)

 日本リーグ2010サイト

 勝敗表  試合結果



情報:Michi_Papa


また様々なバドミントン関連情報はブログ村でもご覧いただけます。 

 (ただし、上記のブログ村へのリンクは、クリックするとランキングにカウントされます。
カウントされずにリンクする方法が分らない・・・と言うのが正直なところです・・・。
ちなみにランキングサイトの「日本ブログ村」は、私のバドミントン関連情報の収集場所でもあります。
今日現在224サイトの登録があり、こんなにまとまった数のバドミントンブログを縦覧できるのはここくらいです。
私は、ブログ開設以来、ランキングよりもその登録数や登録されたブログに興味があり、バドミントン関連ブログへのリンク集として使わせていただいています。  Michi_Papa )

日本ブログ村・バドミントン バドミントン関連ブログが多数登録しています。

blogramランキング参加中! 構成が面白いランキングサイトです。
 
Fotologue「BAD_PHOTO/羽根の行方...」 


告知!・「写真手裏剣データの引渡し(本人限定!)」2010年6月末から始めました。 

追記 : たくさんの写真手裏剣のデータ受渡し希望のメールを戴いています。データ整理後に随時送信いたしますので、今しばらくお待ちください。少しでも多くの方々へデータをお手元へお渡しできるよう、頑張ります!!
男子では、2連覇に臨む日本ユニシス男子と、6月の全日本実業団選手権大会の覇者トナミ運輸が6勝0敗、ゲーム取得率でも14ゲームと全くのタイで最終節を迎えた。

日本ユニシスは、ナショナルチームの男子ダブルス 早川・遠藤組もさることながら、チームの主軸として池田信太郎と世界ランカーのアルペン・ユリアントとがペアを組み、絶対的な破壊力とスピードを兼ね備えた最強のペアが今季は他を圧倒していた。また、怪我から復帰した男子シングルス池田雄一も好調をキープしていた。
対するトナミ運輸は2011年ナショナルメンバーのMS・佐々木翔、MD・平田・橋本組といった主力選手に加え、移籍1年目の園田啓吾、そして注目すべきは北京五輪のMD金メダリスト・ヘンドラ・セティアワンの加入により、最強布陣で最終節を迎える。

両者の戦いは最終戦にふさわしい激戦となった。

2010年12月26日(日) 於:墨田区総合体育館 (入場者数:2,300名)

成績
日本ユニシス
7勝0敗
3
{
単1-0
複2-0
}
0
トナミ運輸
6勝1敗
池 田 信太郎
アルペン・ユリアント
2
{
19-21
21-18
22-20
}
1
ヘンドラ・セティアワン
園 田 啓 悟
池 田 雄 一
2
{
18-21
21-14
21-16
}
1
佐 々 木 翔
早 川 賢 一
遠 藤 大 由
2
{
21-12
21-19
 - 
}
0
平 田 典 靖
橋 本 博 且


第一ダブルス戦、今季、池田/信・アルベン組にここまで切迫した試合は無いだろう。
また、池田/雄vs佐々木のシングルス戦はまさに死闘。ファイナルを制した池田の勝利で優勝が確定。
今季はまさに池田兄弟の活躍により日本ユニシスが2連覇4回目の優勝を手にした。
続く第二ダブルスはこの時点では勝負には意味を持たず、いわば消化試合。
激闘は、3-0という結果で幕を閉じた。

IMG_2413_460.jpg 
IMG_2754_690.jpg 
IMG_3082_460.jpg


一方の女子。
女子では新勢力日本ユニシス女子部が、創部3年目、日本リーグ1部昇格・初参戦にして初優勝という快挙を成し遂げた。

今季の優勝までの戦いの中で、ルネサスSKYを2-1で、NTT東日本を同じく2-1で下し、無敗で迎えた先日埼玉で行われたSANYO戦が最大の山場となった。
昨年度の覇者三洋は松尾・内藤組や廣瀬栄理子、今別府香里といったナショナルメンバーが顔をそろえる。
一方の日本ユニシスは、三洋から移籍した潮田が女子ダブルスに加わり、チームとしての安定感を増す。
互いに全勝で迎えた頂上戦、日本ユニシス・高橋・松友組がナショナルの松尾・内藤組をファイナルで振り切り勝利すると、ユニシス女子部キャプテンでチームの精神的な要となる平山優が、来季ナショナルに内定した今別府香里を2-0で圧倒する。この時点で三洋への勝利は確定するも、リーグ中盤であったので、ゲーム率の為にも第二ダブルスも重要な試合。
これをきっちりと潮田・張組が三木・米元組に勝利し、事実上の頂上決戦を制する。
古巣と対峙した潮田玲子選手の笑顔と涙が印象的な、忘れられない大会となる。

IMG_0534_690.jpg

最終戦を終えた26日、三洋は2002年以来保持し続けたタイトル(8連覇)を、新規参入チームに奪われてしまう結果となった。

2010年12月23日(木・祝) 於:ウィングハット春日部 (入場者数:2,000名)

成績
日本ユニシス
5勝0敗
3
{
単1-0
複2-0
}
0
三洋電機
4勝1敗
 橋 礼 華
松 友 美佐紀
2
{
21-14
12-21
21-8
}
1
松 尾 静 香
内 藤 真 実
平 山  優
2
{
21-13
21-16
 - 
}
0
今別府 香 里
潮 田 玲 子
張   之 博
2
{
21-14
22-20
 - 
}
0
三 木 佑里子
米 元 小 春


<勝敗表>

男子の部(一部)

チーム名日本ユニトナミ運NTT東JR北海日立情報ハインナ金沢学院東北マー順位
日本ユニ−−
3-0

2-1

3-0

3-0

3-0

2-1

3-0
1
トナミ運
0-3
−−
2-1

2-1

3-0

3-0

3-0

3-0
2
NTT東
1-2

1-2
−−
2-1

3-0

3-0

3-0

3-0
3
JR北海
0-3

1-2

1-2
−−
1-2

2-1

2-1

1-2
6
日立情報
0-3

0-3

0-3

2-1
−−
3-0

2-1

1-2
4
ハインナ
0-3

0-3

0-3

1-2

0-3
−−
1-2

0-3
8
金沢学院
1-2

0-3

0-3

1-2

1-2

2-1
−−
2-1
7
東北マー
0-3

0-3

0-3

2-1

2-1

3-0

1-2
−−5

女子の部(一部)

チーム名三洋電機NTT東ルネサス岐阜トリ北都銀行七十七銀行ヨネックス日本ユニ順位
三洋電機−−
2-1

2-1

3-0

2-1

3-0

3-0

0-3
2
NTT東
1-2
−−
0-3

2-1

2-1

3-0

2-1

1-2
4
ルネサス
1-2

3-0
−−
3-0

3-0

3-0

3-0

1-2
3
岐阜トリ
0-3

1-2

0-3
−−
1-2

2-1

3-0

0-3
6
北都銀行
1-2

1-2

0-3

2-1
−−
2-1

3-0

0-3
5
七十七銀行
0-3

0-3

0-3

1-2

1-2
−−
2-1

0-3
7
ヨネックス
0-3

1-2

0-3

0-3

0-3

1-2
−−
0-3
8
日本ユニ
3-0

2-1

2-1

3-0

3-0

3-0

3-0
−−1

男子の部(二部)

チーム名東海興業トリッキ丸杉セーレンジェイテジヤトコトヨタ自宇部興産順位
東海興業−−
0-3

1-2

1-2

1-2

3-0

1-2

2-1
6
トリッキ
3-0
−−
2-1

3-0

1-2

3-0

2-1

3-0
1
丸杉
2-1

1-2
−−
3-0

3-0

3-0

2-1

2-1
2
セーレン
2-1

0-3

0-3
−−
1-2

2-1

2-1

1-2
5
ジェイテ
2-1

2-1

0-3

2-1
−−
2-1

2-1

2-1
3
ジヤトコ
0-3

0-3

0-3

1-2

1-2
−−
1-2

0-3
8
トヨタ自
2-1

1-2

1-2

1-2

1-2

2-1
−−
0-3
7
宇部興産
1-2

0-3

1-2

2-1

1-2

3-0

3-0
−−4

女子の部(二部)

チーム名三菱電機広島ガス三洋電CEJR北海日立化成百十四銀トヨタ自北國銀行順位
三菱電機−−
1-2

2-1

2-1

3-0

3-0

3-0

1-2
2
広島ガス
2-1
−−
2-1

3-0

2-1

2-1

3-0

3-0
1
三洋電CE
1-2

1-2
−−
2-1

3-0

3-0

2-1

2-1
3
JR北海
1-2

0-3

1-2
−−
1-2

1-2

2-1

3-0
6
日立化成
1-2

1-2

0-3

2-1
−−
3-0

3-0

2-1
4
百十四銀
0-3

1-2

0-3

2-1

0-3
−−
1-2

1-2
8
トヨタ自
0-3

0-3

1-2

1-2

0-3

2-1
−−
1-2
7
北國銀行
2-1

0-3

1-2

0-3

1-2

2-1

2-1
−−5


写真は日本リーグ2010・岡垣大会(2010_1219)のものです。撮影者/Michi_Papa


情報:Michi_Papa


また様々なバドミントン関連情報はブログ村でもご覧いただけます。 

 (ただし、上記のブログ村へのリンクは、クリックするとランキングにカウントされます。
カウントされずにリンクする方法が分らない・・・と言うのが正直なところです・・・。
ちなみにランキングサイトの「日本ブログ村」は、私のバドミントン関連情報の収集場所でもあります。
今日現在224サイトの登録があり、こんなにまとまった数のバドミントンブログを縦覧できるのはここくらいです。
私は、ブログ開設以来、ランキングよりもその登録数や登録されたブログに興味があり、バドミントン関連ブログへのリンク集として使わせていただいています。  Michi_Papa )

日本ブログ村・バドミントン バドミントン関連ブログが多数登録しています。

blogramランキング参加中! 構成が面白いランキングサイトです。
 
Fotologue「BAD_PHOTO/羽根の行方...」 


告知!・「写真手裏剣データの引渡し(本人限定!)」2010年6月末から始めました。 

追記 : たくさんの写真手裏剣のデータ受渡し希望のメールを戴いています。データ整理後に随時送信いたしますので、今しばらくお待ちください。少しでも多くの方々へデータをお手元へお渡しできるよう、頑張ります!!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。