--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日小連ホームページに仙台からの手紙が・・・

2011年03月30日 15:08

2010_0329 日小連HPにて


宮城県仙台市の湯村治夫 日小連副会長さんからのお手紙が掲載されています。

ジュニアバドミントン関係者の皆さんには読んで頂きたく、以下へリンクさせて戴きました。

>>>>>>>>>>>>

今日の仙台は3cm程の雪が積もりました。
被災地の瓦礫と田畑をかくすように・・・

この度の震災に際しましては全国の皆様からお見舞いと励ましのお言葉を頂戴いたしまして厚く御礼申し上げます。

お陰様で私や家族そして私の知る限りのバドミントン関係者に犠牲者はありませんでした。
激しい地震と津波で家屋や家財に被害がありましたが命はとりとめました。

被災地の小学生バドミントン選手は今回の震災により命、家族、食料、電気・水道・ガスのありがたさを体験しました。
そしてバドミントンのできる環境について理解し、シャトルを打ち合える幸せな気持ちを今後に生かしていただきたいと思います。

まだまだバドミントンをできる状態にありませんが、復旧したら声を出して、シャトルを打ち、コートを走りまわって笑って、泣いてください。

日本小学生バドミントン連盟
副会長 湯村 治夫


原文リンク
http://www.syoubad.jp/saigaiorei20110329.pdf

>>>>>>>>>>>>>

様々な情報が連日テレビから多くの方へ報じられています。
しかし、そんな氾濫する映像情報に、どこか麻痺してしまっている自分がいます。

そんな時に、届けられる現地の方々の思いや、生の声。
身近な被災された方々の生の声を心に刻むこと。

それが大切な事だと感じjます。

それは、これから永い復興の道のりを歩んでゆく被災地の方々の背中を、後押しする活動の源となってくれるはずだからです。



2011_0330
情報/Michi_Papa



また様々なバドミントン関連情報はブログ村でもご覧いただけます。 

 (ただし、上記のブログ村へのリンクは、クリックするとランキングにカウントされます。
カウントされずにリンクする方法が分らない・・・と言うのが正直なところです・・・。
ちなみにランキングサイトの「日本ブログ村」は、私のバドミントン関連情報の収集場所でもあります。
今日現在234サイトの登録があり、こんなにまとまった数のバドミントンブログを縦覧できるのはここくらいです。
私は、ブログ開設以来、ランキングよりもその登録数や登録されたブログに興味があり、バドミントン関連ブログへのリンク集として使わせていただいています。  Michi_Papa )

日本ブログ村・バドミントン バドミントン関連ブログが多数登録しています。

blogramランキング参加中! 構成が面白いランキングサイトです。
 
Fotologue「BAD_PHOTO/羽根の行方...」 


告知!・「写真手裏剣データの引渡し(本人限定!)」2010年6月末から始めました。 

追記 : たくさんの写真手裏剣のデータ受渡し希望のメールを戴いています。データ整理後に随時送信いたしますので、今しばらくお待ちください。少しでも多くの方々へデータをお手元へお渡しできるよう、頑張ります!!

スポンサーサイト

ゆうパック、クロネコが東北地区配送を本格再開!!!

2011年03月28日 20:32

2011_0328

<宅急便(個人向け輸送)が一斉に再開!!>

被災した東北地域への宅急便等の受け入れが再開されたので、いよいよです!!
我々にできること。
何が必要か、足りない物資は?
親しい被災地の方々へのまずは電話一本!

いよいよです!!


yubin.gif 
 ゆうパック(日本郵便・旧ペリカン便)
 集荷再開地域について(2011_0327現在)

ttl_logo_co.gif 
 クロネコヤマト(ヤマト運輸)
 集荷再開地域について(2011_0327現在)
 東北地区の各営業所の状況 岩手 ・ 宮城 ・ 福島

そしてバドと言えば!
logo.gif 
 トナミ運輸
 集荷再開のお知らせ(2011_0328現在)


まだまだ全てのエリアではありませんが、大幅に配達可能なエリアが広がってきています。
地区によっては「営業所止まり」という状況もあるようです。
被災地の知人に連絡をし、
伝票番号を口頭で伝えてあげる!!

ということを確実に行う事で、混乱が避けられます。
「お互いに荷物の追跡もできます!!!」

また今日現在、被災地域での「クール宅急便(冷蔵輸送便)受付は、再開されていない地域が多い」のでご注意!!
生ものはまた次の段階で!!!





・・・・それから、・・・・

ここはジュニア向けのバドミントンブログである事に変わりないので、しばらく更新が滞ったいくつかの情報をお伝えしたい。

1)倉敷オープンが開催 (3/26-28・岡山県倉敷市にて)

 広く西日本の小・中学生達に知られる大会です。
 毎年、総勢1200人以上の選手たちが全14種目に分かれて戦います。
  種目/中学校 : 1年 ・ 2-3年 男女
       小学校 : 1・2年 ・ 3年 ・ 4年 ・ 5年 ・ 6年 男女
 地元の永井バドミントンクラブの永井監督を中心に、倉敷市バドミントン愛好者連盟、倉敷市ジュニアバドミントン連盟などの多くの関係者により、複数の会場で開催され、大会終了後には3/28~30まで3日間の合宿も行われ、参加したジュニア選手たちにはバドミントンに浸りっぱなしの5日間となります。^^

 大会ホームページ(ラケットショップナガイ)

 永井クラブ監督さんのブログ

 

2)佐賀ヨネックスオープン結果が
      佐賀県協会HPへ掲載!!


北部九州の4県(佐賀・長崎・福岡・大分)の小・中学生が混在し、完全にバトルロワイヤル状態の大会となる恒例の「第27回ヨネックスカップジュニアバドミントン選手権 佐賀大会(通称:佐賀ヨネックス!)」が3/21に佐賀県内の4会場で開催されました。
競技は男女ともに、それぞれが小学生~中学3年生までが混在するトーナメント形式で争われます。
小学生にとっては力試し!!
中学生にとっては受験勉強を終え、卒業する3年生が1・2年生の後輩たちへ大きな背中を魅せて旅立つ・・・
そんな場面をみる事ができるのも個人的にはこの大会の見どころだと感じます。
今年は男子が3年生、女子は2年生が栄冠を手にしました。

注目の結果は以下のリンクから・・・

 大会ホームページ(佐賀県バド協HP・新設!!)

 大会結果

佐賀ヨネックスは、牛津町民総合体育館にてベスト8以上の大会が行われます。
牛津で会おう!」が複数の会場に分かれて予選を戦うライバル達の合言葉。^^

過去の栄光には、小学生で優勝した樽野恵選手や、イケシオこと池田信太郎選手、潮田玲子選手、なんとS&N_TVのトオルくんの名前も!!!
27年の歴史の重みを感じる、由緒正しい大会なのです。^^

私も応援と取材に行く予定でした!!・・・・が、突如発熱・・・・
自宅でうなされながら眠り続けるという失態を演じてしまいました。。。
佐賀の皆さん、申し訳ありませんでした。
次回開催には、必ず!!!全てのコネを使って、「フロア撮影」を試みます!!
(Y監督、Tコーチ・・・よろしく・・・です。。。^^;)



3月もあとわずか・・・
できる事を、精一杯!


情報/Michi_Papa



また様々なバドミントン関連情報はブログ村でもご覧いただけます。 

 (ただし、上記のブログ村へのリンクは、クリックするとランキングにカウントされます。
カウントされずにリンクする方法が分らない・・・と言うのが正直なところです・・・。
ちなみにランキングサイトの「日本ブログ村」は、私のバドミントン関連情報の収集場所でもあります。
今日現在234サイトの登録があり、こんなにまとまった数のバドミントンブログを縦覧できるのはここくらいです。
私は、ブログ開設以来、ランキングよりもその登録数や登録されたブログに興味があり、バドミントン関連ブログへのリンク集として使わせていただいています。  Michi_Papa )

日本ブログ村・バドミントン バドミントン関連ブログが多数登録しています。

blogramランキング参加中! 構成が面白いランキングサイトです。
 
Fotologue「BAD_PHOTO/羽根の行方...」 


告知!・「写真手裏剣データの引渡し(本人限定!)」2010年6月末から始めました。 

追記 : たくさんの写真手裏剣のデータ受渡し希望のメールを戴いています。データ整理後に随時送信いたしますので、今しばらくお待ちください。少しでも多くの方々へデータをお手元へお渡しできるよう、頑張ります!!

二つの顔

2011年03月25日 14:12

2011_0325
2011_0331・募金者追記

連日のように、大きく震災の被害状況が変化する中で、様々な方々から
沢山の声を戴きました。
皆さんの温かいお言葉、心に滲みました。
ありがとうございました。

そして今、自分にできることは、震災で被災された方々への
長期的な支援体制を創る事だという考えに至りました。

今回の震災に向き合った時、自分には二つの顔があります。


 Michi_Papaとして ・・・
  これまでこのブログを基点としてバドミントン情報を発信してきた愛好家の一人。
  または“全国のバドミントンを頑張る子供たちへ、写真を通じてエールを贈る
  「写真手裏剣活動」の写真家としての自分。

 福島県富岡町へお世話になっている一人の保護者(ミチパパ)として ・・・
  本来自分が行うべき子供への躾(しつけ)や人間形成を福島県富岡町の皆さんに、
  親代わりに子育てを行っていただいてきた、子を持つ父親としての自分。



先日お伝えした「東北、福島の皆さんへの恩返しをしたい。」という気持ちは、
子を持つ親としての思いです。


そして、私の向かうべきベクトルは二つです。

活動1 : 父親のミチパパとして
 「子供がお世話になってきた福島県富岡町への恩返し

   =「富岡町復興支援の会」

活動2 : 頑張っているジュニア選手を応援するMichi_Papaとして
 「被災したすべてのジュニアバドミントン選手たちへのエール

   =「被災バドミントンジュニア選手支援の会
                 (バドっ子支援の会)」

1.ミチパパ「福島県富岡町復興支援の会」の動き 

「直接、地元の困っている方へ手渡しして欲しい。」
「いろんな義援金があるけれど、行き先の分かる支援をしたい。」

身近な方々から、そんな声を沢山戴きました。
もちろん、様々な人たちが東北全体を対象として様々な義援金、支援金を行い、
被災各県や日本赤十字社など、支援団体への募金がメディアを通じて発信されています。
これは復興への支援への大きな原動力となっており、いかに皆さんの被災地を思いやる気持ちが
いかに大きくて、いかに強いのかを私たち日本人自身に実感させるものです。

そういう意味では僕らがやろうとしている「福島県富岡町へ」というのは
ごく限定的なものですので、これは全ての方々への理解は得られないと思います。
しかし町の方々へお世話になった親だからこそ行うべき活動だと考えています。

ここ数日でお預かりしている義援金です。

<<義援金のご報告/2011_0325現在>>
2011_0318
 <福岡県筑前町立中牟田小学校の皆さんから>
 子供の母校の卒業式が行われ、謝恩会の席で
  「筑前町育ちの子供がお世話になっている町の復興の為に使ってほしい。」
 というお声と共に、皆さんから募金をお預かりしましたので、ご報告いたします。
  受託日 : 2011_0318
  受託者 : 高嶋
  金 額 : 46,353円
  募金者 : 中牟田小学校6年生保護者・先生

2011_0321
<筑前町朝日西地方分会(子供会)から>
 地域の子供会行事の席で、募金いただきました。
  受託日 : 2011_0321
  受託者 : 高嶋
  受託金額: 13,578円
  募金者 : 筑前町朝日西子供会の皆さんから

2011_0321
<石川県松任ジュニアバドミントンクラブから>
 子供の出身ジュニアクラブの保護者の皆様が募金箱を設置し、
 昨日頂きましたので、口座が開設するまで預かっている事をご報告します。
  受託日 : 2011 0321
  受託者 : 星
  受託金額: 57,500円 
  募金者 : 石川県松任ジュニアバドミントンクラブ募金箱

この動きを受けて、私と同じく福島県富岡町へお世話になっている保護者の方へ、
銀行口座の開設をお願いしたところ、先日、以下の口座開設のご報告を受けました。

 「富岡町復興支援の会」

  <銀行口座>
  北國銀行(ホッコクギンコウ) 
  金沢城北支店(カナザワジョウホクシテン)
  普通預金279867
  口座名 : 富岡町復興支援の会 


福島県富岡町へお世話になった保護者の一人として、継続的にこの口座への義援金を呼びかけていきたいと思います。
活動は富岡第一中学校・富岡高校の有志保護者を中心に行われており、徐々に広がりを見せ始めております。

<<以下、募金があり次第、追記してゆきます。>>

<<義援金のご報告/2011_0507現在>>

2011_0322
  口座開設時 預け金 : 1,000円
  募金者 : 星明彦 様

2011_0318
 <福岡県筑前町立中牟田小学校の皆さんから>
 子供の母校の卒業式が行われ、謝恩会の席で
  「筑前町育ちの子供がお世話になっている町の復興の為に使ってほしい。」
 というお声と共に、皆さんから募金をお預かりしましたので、ご報告いたします。
  受託日 : 2011_0318
  受託者 : 高嶋
  金 額 : 46,353円
  募金者 : 中牟田小学校6年生保護者・先生

2011_0321
<筑前町朝日西地方分会(子供会)から>
 地域の子供会行事の席で、募金いただきました。
  受託日 : 2011_0321
  受託者 : 高嶋
  受託金額: 13,578円
  募金者 : 筑前町朝日西子供会の皆さんから

2011_0321
<石川県松任ジュニアバドミントンクラブから>
 子供の出身ジュニアクラブの保護者の皆様が募金箱を設置し、
 昨日頂きましたので、口座が開設するまで預かっている事をご報告します。
  受託日 : 2011 0321
  受託者 : 星
  受託金額: 57,500円 
  募金者 : 石川県松任ジュニアバドミントンクラブ募金箱

2011_0329
<石川県大徳ジュニアバドミントンクラブ一同様から>
  受託日 : 2011 0329
  受託者 : 口座振込
  受託金額: 41,401円 
  募金者 : 石川県大徳ジュニアバドミントンクラブ一同

2011_0331
<福岡県筑前町・鶴田健 様から>
  受託日 : 2011_0331
  受託者 : 高嶋
  受託金額: 5,000円
  募金者 : 福岡県・鶴田健

2011_0428
<福岡県・多賀印刷所 様から>
  受託日 : 2011_0428
  受託者 : 銀行振込
  受託金額: 50,000円 <注意>
  募金者 : 福岡県・多賀印刷所
(後日、電話とメールにて「25,000円をバドッ子支援の会へ」という多賀さまからのご連絡を戴きましたので、25,000円のみ、資金を移動させて戴きました。)

2011_0504
<福岡県・山家合宿参加者の皆さまから>
  受託日 : 2011_0504
  受託者 : 高嶋道
  受託金額: 37,955円 
  募金者 : 福岡県・山家合宿参加者一同

以上、

<<以下、募金者を随時追記しご報告いたします>>


復旧への着手が遅れる福島県

各地の災害復旧への動きが加速する中で、
富岡町を含む相馬市からいわき市までの福島県浜通りの地域は、
いまだに復旧へ向けた動きがスタートできない状況です。
おそらく、震災からの復興へ向けた動きは、最後のスタートになると思われます。
現在、これらの町の機能は、近隣都市、または埼玉などの他県の施設内に移され、
災害対策本部として住民の為に不眠不休で日々の支援活動が行われています。
これらの人々が、日常を取り戻すためには多くの時間と努力、資金が必要になります。
そのような富岡町を始め福島県の方々への、長期的な支援ができる体制づくりを
進めてゆきます。


2.Michi_Papa「被災バドミントンジュニア選手支援の会
                 (バドっ子支援の会)」の動き

被災後、その身一つで帰宅したわが子。
 
震災後、施設での練習ができない東北の方々。
節電、停電の影響から体育館が使用できない関東地域の方々。
様々な情報が聞こえてくる中、私が住む九州は練習が可能な状況で、
昨今の日本全体の状況から見てみると非常に恵まれた状況だといます。

 小学校時代にお世話になった故郷のジュニアでは
  「しばらくはここで練習しなさい。^^」
 と声をかけていただいたり、

 地元の高校の先生から
  「いつでも練習に参加してください。」
 との申し出を戴いたり。

沢山の方々からお誘いの連絡を戴きました。
そのお陰で、皆さんの温かさに甘えながら、子供に羽を触らせる機会に恵まれました。
  
 しかし、道具が無ければできないのがバドミントン競技。
 身一つで帰宅した息子には、道具は避難時に着ていた練習着のみ

 すると
 「このラケット使って!(ジュニアの監督さん)」
 とお貸し戴いたり、
 「息子のお古だけれど練習着に!(池ママ)」
 とシューズとウエアを戴いたり・・・

   ありがたい限りでした。。。

 その際に
 「シューズはサイズが合わなければ、
            必要な方へ渡してください。」

 と、靴もお預かりしました。

避難後、自宅ではまだ無口なわが子ですが、羽を触っている時だけは、
全てを忘れて夢中です。
再会した仲間たちとのぎこちない会話も、コートに入ると弾みます。

バドミントンが大好きな選手にとって、
何よりの心のリハビリは、バドミントンの羽に触る事なのだ
と痛感しています。

しかし、被災地では現在もバドミントンはおろか、その日の飲料水や食べ物を
確保することが難しく、いつ自宅へ帰れるかわからない避難生活の日々を過ごす
同級生もいます。

付近の体育館が停電・節電の影響から使えずに、練習できる体育館がない
関東の後輩もいます。
 
ましてや通っていた学校の隣町・相馬市の子供たちや、
チームメイトの出身県である宮城県の子供たちの多くは、
家も津波に押し流され、学校も被災し、何もかも失った。

そんな想像もできない状況の中でも必死に頑張っている子供たちが、
東北地区や関東地区には今もなお沢山いるのです。


先日、ある記事をネットで見ました。
避難所での生活で堪えている子供たちへのインタビューで、

 「早く家に帰って、バドミントンがしたいです!」

と話す女の子。

胸が痛みます。
 
 今は、そんな彼女たち(彼ら)へ
 バドミントン競技ができることは少ないかもしれません。


 しかし、彼ら、彼女たちが
 自宅へ帰ることが出来たとき日常を取り戻せたときに、
 今回、自分の子供が受けたような 練習環境道具などの支援を、
 その子ども達にしてあげられたなら・・・

 それは、バドミントンが大好きなその子へ、
    「バドミントン競技関係者」がしてあげられる
        何よりも大きな支援ではないだろうか。
  
 バドミントンを通じて、震災で受けた心の傷を癒す事。
 バドミントンが大好きな選手が、復帰することを手助けすること。

そのためにできる事。

それが「被災バドミントンジュニア選手支援の会」

 略して  「バドっ子支援の会」  です!  

ジュニア関係者、メーカーさん、協会関係者、バドミントン選手、
学校の先生、WEB主催者のTくん・・・
より多くの方々の参加を心からお待ちします。

参加は、支援要請を広く募り、支援メニューを作成、その後支援者を募る!
・・・というような動きを考えています。

これまでもそうですが、まずは動きながら考える!
これが私Michi_Papaスタイル。
具体的な動きをしながら、具体的な形へと結び付けていきます。
 
これまで僕がMichi_Papaとして広げてきた写真手裏剣活動も、
頑張っているバドミントン選手たちへのエール」でした。

この活動の思い、目指すベクトルはこれまでと全く変わりません。



まずは・・・・

先日の事です。
ブログを通じて知り合ったあるチームのある監督さんから、

 「被災した東北の子供たちへ、
 地元ジュニア大会にて道具の支援の為の募金を募りたい。」


・・・という、熱い提案を戴きました。
みんな思いは同じなのだと感じました。^^
まずは地元、福岡で、そのような活動を有志を募ってスタートしたいと考えています。

詳細がまとまり次第、また皆さんへご報告致します。


2011_0325
Michi_Papaこと高嶋誠司
michi_papa_2008@yahoo.co.jp

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

追 記 : 2011_0316の出来事
帰宅した息子が、お世話になっているジュニアクラブの監督さんに、
クラブの後輩たちの前で「なにか一言!」と促され、発した言葉です。

 「今まで羽を触れることが当たり前だと思っていましたが、
  それは当たり前の事ではないことを知りました。
  だから、羽を触れる人たちは、目標を持って、
  一つ一つの練習を大切にしながら
  自分を磨いていかなければならないと感じています。」

彼のこの言葉を僕はおそらく一生忘れないと思います。<ミチパパ>

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

また様々なバドミントン関連情報はブログ村でもご覧いただけます。 

 (ただし、上記のブログ村へのリンクは、クリックするとランキングにカウントされます。
カウントされずにリンクする方法が分らない・・・と言うのが正直なところです・・・。
ちなみにランキングサイトの「日本ブログ村」は、私のバドミントン関連情報の収集場所でもあります。
今日現在234サイトの登録があり、こんなにまとまった数のバドミントンブログを縦覧できるのはここくらいです。
私は、ブログ開設以来、ランキングよりもその登録数や登録されたブログに興味があり、バドミントン関連ブログへのリンク集として使わせていただいています。  Michi_Papa )

日本ブログ村・バドミントン バドミントン関連ブログが多数登録しています。

blogramランキング参加中! 構成が面白いランキングサイトです。
 
Fotologue「BAD_PHOTO/羽根の行方...」 


告知!・「写真手裏剣データの引渡し(本人限定!)」2010年6月末から始めました。 

追記 : たくさんの写真手裏剣のデータ受渡し希望のメールを戴いています。データ整理後に随時送信いたしますので、今しばらくお待ちください。少しでも多くの方々へデータをお手元へお渡しできるよう、頑張ります!!

東北、福島の皆さんへの恩返しをしたい。

2011年03月16日 13:02

2011_0316
2011_0316_24:00 訂正
2011_0318追記「福島県三春町避難所の声」
2011_0319追記「聖ウルスラ英智高・一時帰宅指示」

私Michi_Papaは福岡県の高嶋誠司と申します。
ご存知の方も多いかと思いますが、私の子供は、福島県富岡第一中学校にお世話になっております。

皆さんご存知の福島第1原子力発電所から11km福島第2原子力発電所から2kmという位置に学校や寮などの施設があり、地震発生当時も現地の高校体育館にてトレーニング中でした。

地震直後の津波は中学校の裏まで押し寄せたそうです。
被災した11日は中学の卒業式で、3年生の保護者が富岡入りしており、その保護者の方々も同時に被災されました。
先生方や寮母さん、多くの富岡町の人々と、偶然富岡を訪れていたその保護者の方々により、子供たちは避難所20km30kmと移動しながら、12日深夜には郡山市の避難所へ無事到着し、全国から郡山市まで駆けつけて戴いた保護者の方々へ、大堀先生などの寮関係者から子供たちを引き継いでいただきました。

その後、1名のみ宮城のご両親と離ればなれの生活を送っていますが、チームメイトの保護者のご支援のもと群馬にて生活しています。

しかし、まだ福島県内の郡山市や三春町避難所の親御さんの元で避難生活をしているチームメイトや同級生たちをはじめ、子供たちを送り出す事にご尽力いただいた方々のご家族が多数、県内から移動できない状況に陥っており、この5日間、自分の無力さに打ちひしがれています。

福島県内では、
いま、2011_0316 今日現在、
ガソリンがないんです。
食料がないんです。
暖をとりたくても放射能の影響から外気に触れられないから寒くて眠れないんです。
だから移動ができないんです。

今でも多くの知人が、その場を移動できずに耐えている状況に、個人ではどうすることもできないむなしさだけが募る日々です。

私がいる福岡は、被災当初から通信環境はよく、現地同士の連絡は取れなくても、福岡と現地との連絡はメールやショートメールを使用しながら随時取り合うことができました。
被災2日目から多くのメールや電話が入り始め、離れた福岡で唯一出来ることがある事をその時に初めて気づかされました。
現在も、関係者への情報発信を継続しています。
逐次、メールや掲示板を使いながら、現地との連絡を取り合いながら、全国に散らばった保護者の方々からの情報発信と、状況の共通理解が可能なように中継活動をしているところです。

子供たちは「1号炉が炉心融解が始まった」とテレビ報道が始まった時(12日17:00頃)には、まだ20km圏内でした。
移動できずにいる子供たちと関係者の方々の事をどうすることもできずに、テレビの前で止まらない涙で立ちつくすだけで、何も出来ない無力さに、打ちひしがれていました。
しかし、大阪のママさんから「西日本(九州・中国・近畿)の子供たちを全員連れて帰ってくるから!!」と移動の連絡が入り、その直後に総監督である大堀先生から「今から郡山へ移動します、保護者へ連絡を!」との固定電話での連絡が
・・・・消えかけた希望が一本の線でつながり、多くの保護者の方々の手を経て、奇跡的に・・・本当に奇跡としか言いようがない事がいくつもあって、そして九州・福岡の自宅への帰宅を果たすことができました。

沢山の被災地域の子供たちの命が波に飲み込まれ、
多くの東北の子供たちがまだ避難生活を行っているというのに、
福島県の方々のお陰で、今、息子は隣にいます。
このことがどれだけ幸せなことか。
自分を犠牲にして送り出していただいた方々の心で、子供達の命は繋がれました。

私はこのご恩を、一生かけても福島県富岡町の方々へお返しできないかもしれません。
今、私にできることは、何なのか、自問しながらの日々です。


今、行っている事

 1)現地の方々への連絡中継による情報の受け渡し。
 2)現地の被災状況や困っていることなどの情報を圏外へ知らせる事。
 3)圏外の方々からの救済情報の集積。
 (県営住宅など受入先情報など)


これから行う事

 1)東北・福島県富岡町のための募金活動
  東日本震災に関する支援金・募金は数多くありますが、
  私たちは独自に募金を行い、
  子供たちがお世話になった福島県や富岡の方々へ
  直接、支援金を手渡しします。
  もちろん、多くの方々が行っている募金・義援金への
  ご協力も引き続きお願いいたします。


  窓口を準備ができ次第、ご案内いたします。

 2)福島県への物資輸送の準備
  現地や関係者が必要なものをがなにか、随時情報を収集・発信し、
  物資の定期的な輸送を試みます。
  明日、明後日の事には対応できなくても、
  もっとも復興が遅れる可能性が高い福島県浜通り地域の方々への
  一週間後、1か月後の状況に対応することが目的です。

 3)支援情報の発信
  引き続き、支援情報を発信してゆきます。


まだまだできることがあると思います。
検討を重ねながら継続したいと思います。

現地から、携帯電話でメールを送ってくれた方々の生の声をお知らせします。
私の文章能力では、被災地の方々の思いや、状況を伝えることができません。
メールの転載ということで、少しでも多くの皆さんへ状況を知って戴きたいです。


2011_0316_24:00 訂正
感情的になってしまい、私への個人的なメールを一時掲載しました。
しかし、今でも避難生活をしている方々の心を、裸にしてさらしているような気がしてしまい、一旦掲載を控えさせていただきます。
感情的になる自分を抑え、冷静さを持って行動へ移す事。
何より今必要なことはこれに尽きる。
そう、自分に言い聞かせながら・・・



2011_0316 13:46
「全日本中学生バドミントン大会」中止が決定
2011_0316 14:05
「高校選抜バドミントン大会」中止が日バ理事会で決定
大阪インターナショナルチャレンジは今のところ開催の方向。

Michi_Papaこと
高嶋誠司
E-mail / michi_papa_2008@yahoo.co.jp

>>>>>>>>>
「2011_0314の福岡県選抜バドミントン大会にて」

3月14日に福岡県で「福岡県中学生選抜バドミントン大会」が行われましたが、被災した現地からの連絡対応に追われ、写真のプリント、会場での撮影などができませんでした。
大会会場が自宅から5分の距離にあり、合間に報告へ訪れた大会会場では、多くの指導者の方々をはじめ、多くのバドミントン関係者から励ましのお言葉を頂戴し、感動で心が震えます。
「写真手裏剣活動」をご支援いただいている方々へ、取り急ぎ状況をご報告いたします。

Michi_Papaこと高嶋誠司

>>>>>>>>>

2011_0318追記
<福島県三春町避難所からの報告>
2011_0318 08:29
おはようございます。
あまり良い話ではないですが会津や新潟に避難した友人から昨日の夜にメールが来ました。
両方とも避難所は体制が遅れているのか会津は、おむすびが一日に一個、新潟に至っては無かったそうです。
この三春避難所は別にして、救援物資がたくさんの避難所で不足しています。
特に風評の為に救援物資トラック、給水車両やタンクローリ車が郡山やこの三春町の手前でUターンしたとかが起こっています。
ガソリンと同じくらいに風評による物資不足が深刻です。
私達、被災者も冷静な判断が必要ですが勇敢に原発事故の拡大を防ぐ為に自衛隊、警察、東電関係者など数多くの人達が被爆覚悟で戦っています。
私達のお願いとして風評やむやみにガソリン、生活必需品などの買いだめはやめて欲しいと願います。
こう言う時こそ、日本人が持っている人を思いやる気持ちが大切だと思います。
今日も一日を大切に頑張っていきます。
皆様からの温かい励まし本当に元気になります。
  勝司
(掲載に際し林さんの了解を得ています。)

福島県三春町は、福島県第一原発から45kmの位置にあります。
物資補給の中継地として機能しているそうです。
少しでも多くの方々へ避難所で堪えている人々の声を皆さんへお伝えしたいです。
Michi_Papaこと高嶋


>>>>>>>>>>

2011_0318:追記
「聖ウルスラ英智高・一時帰宅指示」
被災地の仙台市内で高校選抜へ向けて練習を継続していた聖ウルスラ英知学院高校のバドミントン部は、高校選抜大会の中止をうけて、県外生を一時帰宅させる処置を行ったそうです。
移動は学校がバスにて埼玉県まで送り届け、各自、新幹線などを利用し帰宅。

情報:Michi_Papa


>>>>>>>>>>

また様々なバドミントン関連情報はブログ村でもご覧いただけます。 

 (ただし、上記のブログ村へのリンクは、クリックするとランキングにカウントされます。
カウントされずにリンクする方法が分らない・・・と言うのが正直なところです・・・。
ちなみにランキングサイトの「日本ブログ村」は、私のバドミントン関連情報の収集場所でもあります。
今日現在234サイトの登録があり、こんなにまとまった数のバドミントンブログを縦覧できるのはここくらいです。
私は、ブログ開設以来、ランキングよりもその登録数や登録されたブログに興味があり、バドミントン関連ブログへのリンク集として使わせていただいています。  Michi_Papa )

日本ブログ村・バドミントン バドミントン関連ブログが多数登録しています。

blogramランキング参加中! 構成が面白いランキングサイトです。
 
Fotologue「BAD_PHOTO/羽根の行方...」 


告知!・「写真手裏剣データの引渡し(本人限定!)」2010年6月末から始めました。 

追記 : たくさんの写真手裏剣のデータ受渡し希望のメールを戴いています。データ整理後に随時送信いたしますので、今しばらくお待ちください。少しでも多くの方々へデータをお手元へお渡しできるよう、頑張ります!!

「福岡県小学生選抜+福岡県小学生」大会にて

2011年03月10日 01:44

2011_0309
2011_0310:大会結果を追加

先日、福岡県で開催された小学生の「二つのバドミントン大会」にて、写真の撮影をさせていただきました。

福岡県の小学生のバドミントン選手たちにとって、この二つの大会は特別な意味を持つ大会です。

 「県選抜大会(福岡県小学生選抜バドミントン大会)」は県内5地区(福岡・北九州・筑豊・筑前・筑後)で1月に行なわれる予選会を4位以内で通過した選手のみが出場できる大会です。
夏の「全小県予選」との違いは、単・複の両方にエントリーが可能な点です。
シングルスで全国へ出場するレベルの選手が、ダブルスにもエントリーしますし、その逆もあります。
つまり、夏の予選では県大会へ出場できた選手でも、この県選抜大会へ出場できるとは限りません。
そういう意味でこの県選抜へ出場できる選手は、福岡では本当の「ツワモノ」だということが出来ます。^^

 一方の「県オープン(福岡県小学生バドミントン大会)」は、惜しくも前述の「県選抜大会」への切符を手にする事が出来なかった選手たちが自由にエントリーできる大会です。
 以前は同会場で中学生選抜大会も行なわれていましたので、コートの面数の制限もありダブルスのみの大会でしたが、一昨年(第6回大会)から中学生選抜大会が別日開催となったことを切っ掛けに県選抜大会と同じく「単・複」の2種目のエントリーの大会となりました。
 バドをはじめて間もない選手も多いですが、力をつけて翌年は県選抜大会で活躍する選手も多く、いわゆる登竜門としての意味を持っている大会といえます。
 オープン大会ということもあり、エントリーする選手は多く、優勝者は選抜大会に劣らぬ実力者だと言えるでしょう。

小学生6年生にとってはまさにメモリアルな最後の大会であり、5年生以下にとっては次年度の為の大切な前哨戦です。
今大会の結果はABC県予選の組み分けの際、参考にされますので、3・5年生にとってはそういう意味でも気が抜けない大会と言えます。

大会の結果は以下のとおり

 大会結果(PDF) 
 2011_0310/新聞紙面での結果掲載を確認しましたのでアップします。

 大会のスナップ写真(福岡県バドミントン協会HP内)



そんな恒例の大会で、今年、初めての試みを行ないました。

 <<選抜大会・6年生の部優勝者への
          フォトフレームの即日贈呈>>

今大会で小学生を卒業する6年生のみですが、

 当日の大会競技中のスナップショットを、
     当日会場でプリントアウト・額装を行い、
          表彰式の際に手渡しする!!

・・・というものです。
これまでも筑後地区では3年前から、筑前地区では今年から6年生の優勝者を対象にフォトフレームの贈呈を、それぞれの地区協会からの依頼で行なっています。
(作成の為のフォトフレームの実費のみ協会から戴いています。)
しかし、どちらのケースも大会が終了し、数日たった後日お渡しするものでした。

撮影した写真を、その日の表彰式で渡す!!

この試みは、昨年末からの目論見でした。^^;

日本リーグ2010・岡垣大会のあと、これまで培った写真撮影のスキルを、全て出しきった!!
・・・という錯覚に陥りました。

その際、

何か新たなチャレンジをせねば・・・・


そんな衝動に駆られました。

まだやってないことで、僕が出来る事・・・

その一つが “これ!” だったんです。

 撮影した写真を、その場で手渡し!!!すること。

しかし、残念ながら出来る数には限りがあります。

大会の開始時刻から終了時刻(表彰式の時刻)の約10時間
その10時間を撮影印刷・額装の時間に使うわけですから、いつものように「終始撮れば良い」わけではありません。
試合の進行に合わせて、複数のコートの試合内容を見ながら撮影しつつ、こまめに持ち込んだノートPCへデータを落とし、そして決勝が終ると同時に、持ち込んだプリンター(MG6130)でプリント!!
すかさず額装!!!

  終ってみると、バタバタ・・・・あっという間の一日でした。。。

残念だったのは、表彰式が控え室で行なわれ、その場面に立ち会えなかったこと。
いつの間にか、表彰式・・・随時、終了してました。。。;;

そして、6年生以外の決勝戦を観るゆとりが持てなかったこと。
他の学年の殆どの試合は準決勝戦までの内容しか見れませんでした。。。
今後の私自身の課題といえるでしょう。

今回は、最後の大会となる選抜大会・6年生男女・単複の優勝者限定!
・・・ということで6名が対象でした。

一年に1度だけ、小学生最後の県大会の恒例にして行けたらいいなと感じています。


会場にて・・・

今大会の会場で、多くのパパさん、ママさん、そしてジュニアチームの皆さんから・・・・
実に沢山の差入れ(支援物資)を戴きました!!

この日戴いた差入れで、ほぼ、今年一年は大丈夫です!!やれます!!!^^

 ( 戴いた物資のリストは「写真手裏剣WEBサイト」にて
   随時掲載させていただいています、
   サイト中の「広がる支援の輪」をご覧ください。 )

私の勝手な思いで続けさせていただいている「写真手裏剣活動」に、こんなにも多くの方々が後押ししてくれている事に深く感謝いたします。
そして、写真という道具を使って、頑張っている選手へ「ちゃんと観ているよ^^」というエールを贈り続けられるように頑張ってゆきたいと思います。

今回の二つの大会会場で撮影した写真は、ABC大会県予選時に皆さんへ手渡しいたしますので、お楽しみに!^^


県大会会場での撮影・・・

県大会での撮影は2年前の大会から、大会記録写真のお手伝いとしてフロアからの撮影を行なっています。
それ以前は観客席からの撮影のみでした。
最近は県協会のお手伝いとして、多くの選手達の試合を記録として写真に収めさせて頂き、協会の報告書、広報活動へと活用していただくようにお願いしています。

また、多くの大会同様に、大会の結果とあわせて新聞社へ写真データを送信し、紙面への掲載を促す事も行なっています。
(今大会では、朝日新聞・読売新聞の2社は記者さんが会場入りしていましたので、今回の私の撮影した写真の掲載は西日本新聞のみとなりそうです。^^;


乱筆で読みにくい内容になりましたが、お許しを。。。

2011_0309
活動報告 :Michi_Papa

また様々なバドミントン関連情報はブログ村でもご覧いただけます。 

 (ただし、上記のブログ村へのリンクは、クリックするとランキングにカウントされます。
カウントされずにリンクする方法が分らない・・・と言うのが正直なところです・・・。
ちなみにランキングサイトの「日本ブログ村」は、私のバドミントン関連情報の収集場所でもあります。
今日現在232サイトの登録があり、こんなにまとまった数のバドミントンブログを縦覧できるのはここくらいです。
私は、ブログ開設以来、ランキングよりもその登録数や登録されたブログに興味があり、バドミントン関連ブログへのリンク集として使わせていただいています。  Michi_Papa )

日本ブログ村・バドミントン バドミントン関連ブログが多数登録しています。

blogramランキング参加中! 構成が面白いランキングサイトです。
 
Fotologue「BAD_PHOTO/羽根の行方...」 


告知!・「写真手裏剣データの引渡し(本人限定!)」2010年6月末から始めました。 

追記 : たくさんの写真手裏剣のデータ受渡し希望のメールを戴いています。データ整理後に随時送信いたしますので、今しばらくお待ちください。少しでも多くの方々へデータをお手元へお渡しできるよう、頑張ります!!

日小連情報更新 0302 について・・・

2011年03月03日 18:23

2011_0302  日小連公式HPにて


バドコーチさんのブログ「バドミントンコーチの徒然日記」やritocooさんの「ことバド。コーチ日記」で昨年末日小連理事会で決定された項目の事務連絡が同連盟のホームページへ掲載されている事を知る。^^;

<2011_0302更新 ・ 日小連情報>
 「平成22年度第2回理事会」を平成22年12月25日に松山市において開催し、
  下記のことについて決定しました。
  1 平成23年度からナショナルチームメンバーは、全国小学生ABC大会及び
    全国小学生選手権大会(個人戦)へ推薦出場を認めることにしました。
  2 平成23年度から個人戦のコーチ等についても、日本バドミントン協会の
    登録者済みの者とし、参加申込書に記入させることとしました。

項目「1.」については、個人的には大きな前進だと感じる。
これまでも、ジュニアナショナルメンバーとして選抜されたメリットについて議論されてきたが、年2回程度の強化合宿と数度の国際大会交流戦への招聘という選手や保護者への負担に対しての利点は意外に少なく、地区予選と海外遠征が重なる場合を除いてはジュニアナショナル選手であっても、予選を勝ち抜けなくては全国大会への出場はできない状況だった。
これは義務教育課程の小学生にとっては、そのスケジュールの調整やコンディションの持続など、大きな負担を強いていたことは関係者の声として聞かれた。
そういう意味では、予選免除での第一種大会への出場権を得るということは、一方では他の選手の全国大会への出場機会を増やすことにもつながり、歓迎されるべき英断だと感じる。

次に項目「2.」については、僕の記憶では3年ほど前の全小予選の時から、各ブロックや都道府県の小学生連盟には指導として伝えられていた項目と認識している。
しかし、この項目の「日本バドミントン協会の登録者済みの者とし・・・」の意味が私の知識不足の為に今一つ理解できない。
(「登録者”済み”の者」??「登録済みの者」または「登録者」の間違いか??/2011_0307:「補足訂正」されました。^^;


ここで不勉強な私にとっての疑問は、「日本バドミントン協会の登録者済みの者とし・・・」が指すものが何なのか。

 1)日本バドミントン協会へ登録している協会会員
 2)日本バドミントン協会へ登録している公認コーチ(指導員またはコーチ)
 3)それ以外の何か。。。??

上記の何れの意味なのか・・・わからない。;;

常識的に考えると 2) の指導員(バドミントン4級)以上の有資格者・・・ということになるのか・・・

という事で、現在日小連の担当者宛でメールにて問い合わせているので、回答があり次第、追記したい。


ついでに不勉強なので備忘録として調べてみる。
すると日本バドミントン協会では1級から4級までの指導者としての登録資格がある事を知る。

  上級コーチ(バドミントン1級)・・・bonnyさん凄いですね。。。
  コーチ(バドミントン2級)
  上級指導員(バドミントン3級)
  指導員(バドミントン4級)


上記の資格は日本体育協会の「公認スポーツ指導者制度」に基づき、競技別に制定されたもので、バドミントンでは競技団体である日本バドミントン協会へ専門科目の履修を任された状況。

またバドミントン競技においては1級から4級までの資格を設けており、その取得のためには、それぞれ受講資格が制限され、ある一定の条件を満たす事で、資格取得講習会を受講することができる仕組みとなっている。

詳しい情報は以下のリンクから・・・^^

 指導者養成について(日本バドミントン協会HP)
   
公認上級コーチ(1級・平成22年度要項)
   
公認コーチ(2級・平成23年度要項)
   
指導員・上級指導員の講習実施状況(平成22年度)
  
 
日本体育協会/スポーツ指導者
   
財団法人日本体育協会公認スポーツ指導者制度

 日本バドミントン指導者連盟
   公認バドミントン指導者になる為には

 また、上記のコーチ、指導員の資格には4年毎の更新手続き(講習)が義務付けられている。


・・・以上の事は、おそらく、指導者の方々にあっては「何をいまさら・・・」思われることだろう。
中学や高校、大学であれば常識の範疇に違いない。

しかし、バドミントンに関わる選手のパパさん、ママさん達にとっては、

「県登録(協会登録)は何とかしました!!
 コーチに公認の資格?!何ですかそれ!!???」


おそらく、競技経験がないパパ・ママも多いジュニアバドミントンの間では無縁の世界。。。

「なるほど。こんな世界(資格)があって、
 それでうちの監督も〝 義務講習会が!!〝と
 大騒ぎしていたのか・・・汗^^
  監督、ありがとう。。。m(。。)m 


などと妙に納得するばかりである。


いずれにしても「個人戦のコーチ等についても、日本バドミントン協会の登録者済みの者とし・・・・」の意味が上記のような資格を意味するものなのかどうかは、現時点では全く不明なので、連盟が意図する明快な説明を待ちたい。

2011_0304:追記>>>続きにて

情報 :Michi_Papa

2011_0306:追記
先日、メールにて回答が届きました。
メールの内容を以下へご紹介します。

<<日小連事務局からの回答>>

「 Michi_Papa 様
 
  いつも、お世話になっています。

    2.平成23年度から個人戦のコーチ等についても、日本バドミントン協会の
     登録者済みの者とし、参加申込書に記入させることとしました。

  ですが、「全国大会」で「日バ会員登録」です。
  コーチ登録は1人でも2人で3人でも構いませんので、可能性(2会場あるいは
  重
なって試合があるなど)のある人を事前に登録願います。
  言葉不足で申し訳ありませんでした。
  今後ともよろしくお願いします。

   
日小連事務局 S 氏  」

上記回答の中で、私の実名を「Michi_Papa」、担当者名を「S氏」と置き換えています。
先日戴きましたbonnyさんのコメントでもありましたが、ネットの皆さんの予想した
内容の回答でした。

以上、ご報告いたします。 /Michi_Papa


2011_0307:日小連サイトにて
日小連サイトにて以下のように「補足訂正」されました。

 「平成22年度第2回理事会」を平成22年12月25日に松山市において開催し、
  下記のことについて決定しました。

1 平成23年度からナショナルチームメンバーは、全国小学生ABC大会及び
  全国小学生選手権大会(個人戦)へ推薦出場を認めることにしました。

2 平成23年度から全国小学生ABCバドミントン大会及び全国小学生バドミントン
  選手権大会の個人戦のコーチ等についても、日本バドミントン協会の
  会員登録済みの者
とし、参加申込書に記入させることとしました。(補足訂正)



また様々なバドミントン関連情報はブログ村でもご覧いただけます。 

 (ただし、上記のブログ村へのリンクは、クリックするとランキングにカウントされます。
カウントされずにリンクする方法が分らない・・・と言うのが正直なところです・・・。
ちなみにランキングサイトの「日本ブログ村」は、私のバドミントン関連情報の収集場所でもあります。
今日現在232サイトの登録があり、こんなにまとまった数のバドミントンブログを縦覧できるのはここくらいです。
私は、ブログ開設以来、ランキングよりもその登録数や登録されたブログに興味があり、バドミントン関連ブログへのリンク集として使わせていただいています。  Michi_Papa )

日本ブログ村・バドミントン バドミントン関連ブログが多数登録しています。

blogramランキング参加中! 構成が面白いランキングサイトです。
 
Fotologue「BAD_PHOTO/羽根の行方...」 


告知!・「写真手裏剣データの引渡し(本人限定!)」2010年6月末から始めました。 

追記 : たくさんの写真手裏剣のデータ受渡し希望のメールを戴いています。データ整理後に随時送信いたしますので、今しばらくお待ちください。少しでも多くの方々へデータをお手元へお渡しできるよう、頑張ります!!

[ 続きを読む ]

各地で前哨戦・・・全日中2011

2011年03月03日 15:45

2011_0303 

いよいよ今月末に迫った「第11回全日本中学生バドミントン選手権大会」の開催を前に、各県の代表チームが各地で前哨戦を繰り広げている。

 平成22年 12/26-28 東北バドミントン選手権大会(青森県)

 平成23年 1/6-8 
関東中学生オープンバドミントン選手権大会(東京都)

 平成23年 2/26-27 
全九州中学生オープン大会(長崎県)

注目は、関東オープンにて男子優勝、女子2位という成績に加え、先日の九州オープンでも見事優勝を納めた熊本県
熊本県選手団は、先日行われた前述の九州オープンでは、全小島根大会(平成21年1/3-7)での男女アベック優勝を成し遂げた鹿児島県を振り切って、九州王座を手にした。

一方、激戦の東北地区では昨年末に行われた同地区の大会で、男子は宮城県聖ウルスラ中が、女子では福島県富岡第一中が団体戦のタイトルを手にしており、戦いの激しさを増している。

開催まであと3週間という中で、各県代表チームの交流戦や合宿が各地で行われ、戦いは最終局面へと盛り上がりをみせ始めている。


情報 :Michi_Papa

また様々なバドミントン関連情報はブログ村でもご覧いただけます。 

 (ただし、上記のブログ村へのリンクは、クリックするとランキングにカウントされます。
カウントされずにリンクする方法が分らない・・・と言うのが正直なところです・・・。
ちなみにランキングサイトの「日本ブログ村」は、私のバドミントン関連情報の収集場所でもあります。
今日現在232サイトの登録があり、こんなにまとまった数のバドミントンブログを縦覧できるのはここくらいです。
私は、ブログ開設以来、ランキングよりもその登録数や登録されたブログに興味があり、バドミントン関連ブログへのリンク集として使わせていただいています。  Michi_Papa )

日本ブログ村・バドミントン バドミントン関連ブログが多数登録しています。

blogramランキング参加中! 構成が面白いランキングサイトです。
 
Fotologue「BAD_PHOTO/羽根の行方...」 


告知!・「写真手裏剣データの引渡し(本人限定!)」2010年6月末から始めました。 

追記 : たくさんの写真手裏剣のデータ受渡し希望のメールを戴いています。データ整理後に随時送信いたしますので、今しばらくお待ちください。少しでも多くの方々へデータをお手元へお渡しできるよう、頑張ります!!

2011年ジュニアナショナルメンバーが発表!

2011年03月01日 09:40

2011_0228 日本バドミントン協会HPにて


選考会を終えたジュニアナショナルU13・U16・U19のメンバーが発表された。

 2011年ジュニアナショナルメンバー   ミラー


男子
<U19>
 1・古賀輝  高2年 埼玉県 埼玉栄高等学校
 2・千葉常  高2年 埼玉県 埼玉栄高等学校
 3・佐々木崇  高2年 東京都 関東第一高等学校
 4・関口直拳  高2年 東京都 関東第一高等学校
 5・渡部大  高2年 北海道 旭川実業高等学校
 6・河合勇飛  高2年 大阪府 東大阪大学柏原高等学校
 7・松居圭一郎  高1年 福島県 福島県立富岡高等学校
 8・井上拓斗  高1年 埼玉県 埼玉栄高等学校
 9・西本拳太  高1年 埼玉県 埼玉栄高等学校
 10・金子祐樹  高1年 埼玉県 埼玉栄高等学校
 11・小林優吾  中3年 福島県 富岡町立富岡第一中学校
 12・保木卓朗  中3年 福島県 富岡町立富岡第一中学校
 13・中里裕貴  中3年 埼玉県 埼玉栄中学校
 14・松本康平  中3年 大阪府 八尾市立志紀中学校
 15・稲光勇太  中3年 茨城県 阿見町立阿見中学校
 16・五十嵐優  中3年 山形県 鶴岡市立鶴岡第四中学校
<U16>
 1・古賀穂  中2年 福島県 富岡町立富岡第一中学校
 2・西 豊  中2年 福島県 富岡町立富岡第一中学校
 3・下農走  中2年 大阪府 大東市立大東中学校
 4・玉手勝輝  中2年 宮城県 聖ウルスラ学院英智中学校
 5・渋谷勇希  中2年 山形県 鶴岡市立鶴岡第一中学校
 6・渡辺勇大  中1年 福島県 富岡町立富岡第一中学校
 7・光島理貴  中1年 福島県 富岡町立富岡第一中学校
 8・三橋健也  中1年 福島県 富岡町立富岡第一中学校
 9・小倉由嵩  中1年 東京都 小平市立小平第二中学校
 10・小川桂汰  中1年 埼玉県 埼玉栄中学校
 11・山澤直貴  小6年 大阪府 高槻市立阿武山小学校
 12・佐藤雄輝  小6年 宮城県 仙台市立国見小学校
 13・川原聡麿  小6年 佐賀県 佐賀市立川上小学校
 14・岡本優幹  小6年 香川県 高松市立一宮小学校
 15・渡邉航貴  小6年 埼玉県 越谷市立大袋北小学校
 16・山元拓摩  小6年 鹿児島県 鹿屋市立田崎小学校
<U13>
 1・吉田昇永  小5年 千葉県 君津市坂田小学校
 2・高上麟龍  小5年 福島県 郡山市立富田小学校
 3・鈴木雄治  小5年 栃木県 宇都宮市立御幸小学校
 4・小本大佑  小5年 熊本県 熊本市立北部東小学校
 5・友金利玖斗 小5年 兵庫県 神戸市立夢野の丘小学校
 6・筑後恵太  小5年 岩手県 花巻市立湯本小学校
 7・山内恭弥  小5年 青森県 青森市立浪岡南小学校
 8・蝦夷森駿  小4年 北海道 旭川市立忠和小学校
 9・緑川大輝  小4年 埼玉県 狭山市立山王小学校
 10・奈良岡功大 小3年 青森県 青森市立浪岡南小学校


 女子
<U19>
 1・福島由紀  高2年 青森県 青森山田高等学校
 2・篠谷菜留  高2年 青森県 青森山田高等学校
 3・木村百花  高2年 福島県 福島県立富岡高等学校
 4・樋口帆渚実  高2年 大阪府 樟蔭東高等学校
 5・宮原唯  高2年 大阪府 樟蔭東高等学校
 6・小見山彩  高1年 富山県 富山国際大学付属高等学校
 7・山口ソヨカ  高1年 富山県 富山国際大学付属高等学校
 8・早川紗保里  高1年 福島県 福島県立富岡高等学校
 9・大堀優  高1年 福島県 福島県立富岡高等学校
 10・鳥居彩乃  高1年 宮城県 聖ウルスラ学院英智高等学校
 11・櫻本絢子  中3年 福岡県 田川市立鎮西中学校
 12・星千智  中3年 福島県 富岡町立富岡第一中学校
 13・加藤美幸  中3年 岡山県 倉敷市立福田中学校
 14・小川由香  中3年 愛知県 豊田市立若園中学校
 15・永田麗  中3年 熊本県 八代市立鏡中学校
<U16> 
 1・大堀彩  中2年 福島県 富岡町立富岡第一中学校
 2・濱北もも  中2年 福島県 富岡町立富岡第一中学校
 3・荒木茜羽  中2年 埼玉県 埼玉栄中学校
 4・仲井由希乃  中2年 東京都 練馬区立大泉中学校
 5・清水望  中2年 福岡県 那珂川町立那珂川中学校
 6・朝岡依純  中2年 熊本県 玉名市立玉陵中学校
 7・山口茜  中1年 福井県勝山市立勝山南部中学校
 8・川上紗恵奈 中1年 京都府 京都市立松尾中学校
 9・山森真凛  中1年 富山県 富山市立和合中学校
 10・志田千陽  中1年 青森県 青森山田中学校
 11・西口涼子  中1年 埼玉県 埼玉栄中学校
 12・仁平菜月  小6年 茨城県 水戸市立浜田小学校
 13・吾妻咲弥  小6年 千葉県 野田市立北部小学校
 14・川島美南  小6年 埼玉県 鳩ヶ谷市立南小学校
 15・松山奈未  小6年 福岡県 北九州市立星ヶ丘小学校
 16・大家夏稀  小6年 石川県 金沢市立伏見台小学校
<U13> 
 1・橋明日香 小5年 栃木県 足利市立青葉小学校
 2・平野紗妃  小5年 香川県 丸亀市立飯野小学校
 3・由良なぎさ  小5年 群馬県 太田市立鳥之郷小学校
 4・岩永 鈴  小5年 山口県 柳井市立日積小学校
 5・永井瀬雰  小5年 新潟県 新潟市立山田小学校
 6・小野美来  小5年 大阪府 大阪市立瓜破西小学校
 7・小西春七  小4年 香川県 丸亀市立飯野小学校
 8・吉田瑠実  小4年 栃木県 小山市立小山城南小学校
 9・水井ひらり  小4年 奈良県 大和高田市立土庫小学校
 10・吉川真白  小4年 香川県 高松市立大野小学校




情報提供戴きましたTADASHIパパさん、ありがとうございます。

ジュニア関係者の皆さんは要チェック!


情報 :Michi_Papa

また様々なバドミントン関連情報はブログ村でもご覧いただけます。 

 (ただし、上記のブログ村へのリンクは、クリックするとランキングにカウントされます。
カウントされずにリンクする方法が分らない・・・と言うのが正直なところです・・・。
ちなみにランキングサイトの「日本ブログ村」は、私のバドミントン関連情報の収集場所でもあります。
今日現在232サイトの登録があり、こんなにまとまった数のバドミントンブログを縦覧できるのはここくらいです。
私は、ブログ開設以来、ランキングよりもその登録数や登録されたブログに興味があり、バドミントン関連ブログへのリンク集として使わせていただいています。  Michi_Papa )

日本ブログ村・バドミントン バドミントン関連ブログが多数登録しています。

blogramランキング参加中! 構成が面白いランキングサイトです。
 
Fotologue「BAD_PHOTO/羽根の行方...」 


告知!・「写真手裏剣データの引渡し(本人限定!)」2010年6月末から始めました。 

追記 : たくさんの写真手裏剣のデータ受渡し希望のメールを戴いています。データ整理後に随時送信いたしますので、今しばらくお待ちください。少しでも多くの方々へデータをお手元へお渡しできるよう、頑張ります!!





最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。