--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八代YKKAPが今季で活動停止

2010年02月25日 19:30

2010_0225 くまにちコムにて

「 バドミントン日本リーグ男子1部のくまもと八代YKKAPクラブが今季限りで活動を停止し、新たな受け皿チームの設立準備が進んでいることが24日、分かった。

 クラブ関係者によると、リーグ通算100試合出場を達成した花田政文をはじめ、30代のベテラン勢が引退を示唆。日本代表B(代表候補)に選ばれている園田啓悟ら若手の実業団チーム移籍も固まった。少なくとも5人がチームを離れる。

 2複1単の団体戦を競う日本リーグは、最低5人の選手が必要。今季は選手兼任監督を含め、1部8チーム中最少の8人で戦った。現役部員の引退、移籍に伴う来季の補強計画はなく、今後の活動継続は難しい状況だ。

 このため、前身のYKK九州初代監督で崇城大准教授の石黒之武久氏を中心とするグループが、チーム存続の方法を模索。5、6月をめどに運営母体のNPO法人を設立し、10月開幕の来季日本リーグに現クラブからの名称変更を届け出ることを決めた。

 新チームの陣容は未定だが、YKKの残留組に加え、九州唯一の日本リーグ男子として周辺県の選手にも参加を呼び掛ける。運営資金は賛同した個人、法人から募るという。既に県バドミントン協会幹部にも支援を要請、理解を得た。

 石黒氏は「YKKや八代のバドミントン関係者が支えてくれたクラブを引き継ぎ、リーグ参戦の灯を途切れさせないようにしたい」と話している。(佐藤公亮/~2010_0225:くまにちコムより抜粋~) 」

 

とうとう、正式なアナウンスとして、歴史ある実業団チームの事実上の廃部という、九州の愛好家にとっては辛い知らせが報じられた。

しかし、同時にNPO法人設立による新たなチームの設立(現チームからの名称変更)が報じられたことは、残された僅かな光明と言えよう。チームYKKがそれだけ、地元に愛されたクラブチームであることに加え、バドミントン王国と呼ばれる“熊本”だからこその動きであると思う。

個人、法人を問わず、クラブチームへの支援が募るということなので、詳細な情報が入り次第、このブログでも採り上げたい。

 
 日本ブログ村・バドミントン ・・・バドミントン関連の多くのブログが登録されています。

 

 その他の詳細は以下へ続く

[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

トマス杯・ユーバー杯アジア予選開幕!

2010年02月22日 22:22

2010_0221-28 タイ・ラコーン・ラーチャシーマ市にて 

2年に一度開催される国別対抗団体戦トマス杯(男子団体)・正式名称/International Badminton Championship for The Thomas Cup」、ユーバー杯(女子団体)・正式名称/International Badminton Championship for The Uber Cup」のアジアブロック予選会が開幕した。

前回優勝国の中国は予選免除。しかし、インドネシア、韓国、マレーシア、香港・・・と、強豪国が犇くアジアにて、本戦への出場枠は3ヵ国。今大会の予選リーグ2位以上その後の決勝トーナメントで3位以内が本戦出場の為の条件となる。

 試合経過や随行しているコーチ陣のコメントが、日本バドミントン協会のホームページに掲載されているので要チェック!!

  日バHP内大会情報ページ  派遣日本選手団メンバー

  トーナメントソフトウェア・ドットコム  ライブスコア 

男子は1948年からの開催で、まだ優勝の栄冠を手にしていないが、女子は1956年スタートした大会の歴史の中で5度の優勝を経験している。しかし、近年は男女ともに中国が圧倒的な強さを見せており、追随するアジア列強の戦いが繰り広げられている。意外にも大会の歴史の中で、ヨーロッパ勢の優勝はまだ一度もない。

(ユーバー杯では1~3回大会でアメリカが勝利!その他は全てアジアが独占している状況。)


 日本ブログ村・バドミントン ・・・バドミントン関連の多くのブログが登録されています。

 その他の詳細は以下へ続く

[ 続きを読む ]

ヨーロッパ国際大会の状況/オーストリア国際2009

2010年02月19日 18:45

2010_0219 オーストリア国際2009(インターナショナルチャレンジ)

先日、オーストリア国際のエントリー状況について、現地オーストリアでプロ活動を続ける田中雅彦選手のメールにて垣間見ることができ、早速大会ホームページを覘いてみた。

 

jpgHalle_400.jpg

 オーストリア国際2009/インターナショナルチャレンジ 

 エントリーリスト  MS  MD  WS  WD  XD 

今年も日本からも多くの若手ナショナルメンバー(ナショナルBチーム)が参戦し、毎年この大会で実績を残しながらポイントを獲得し、更に上位の大会へとステップアップして行く。

 派遣日本代表メンバー  私費参加選手及び大会要項

昨年は、当時ナショナルから外れたMD:佐藤・川前ペア私費参戦し優勝したことや、WD:内藤・松尾ペア、MS:古財選手の優勝など、多くの日本人選手たちが表彰台を獲得したことが話題となった大会である。(2009年大会winnerの写真

2010_0221追記 : ドローが発表されました。

  大会ドローへのリンク   トーナメントソフトウェア・ドットコム


 日本ブログ村・バドミントン ・・・バドミントン関連の多くのブログが登録されています。
[ 続きを読む ]

2010年ジュニアナショナルメンバー発表!!

2010年02月16日 00:30

2010_0215 日バHPにて

1月末~2月初にかけて行われた選考会によって選出された、2010年度のジュニアナショナルチームU13・U16・U19のメンバーが発表されたので、関係者やジュニア選手たちは注目されたし!!


 2010年ジュニアナショナルチーム内定者


 日本ブログ村・バドミントン ・・・バドミントン関連の多くのブログが登録されています。
[ 続きを読む ]

組合せ発表!高等学校選抜+全日本中学

2010年02月15日 13:00

2010_0213

埼玉県熊谷市で開催される「第38回全国高等学校選抜バドミントン大会」、京都宇治市で開催される「第10回全日本中学生バドミントン選手権大会」それぞれの組合せが発表された。関係者は要チェック!!

「第38回全国高等学校選抜バドミントン大会」関連

 大会ホームページ

 大会要項  

 男子(団体戦・個人戦)  女子(団体戦・個人戦)  

 タイムテーブル 

 団体戦出場校一覧   個人戦出場選手一覧

 

「第10回全日本中学生バドミントン選手県大会」関連

 大会ホームページ

 大会要項  組合せ

[ 続きを読む ]

感謝する気持ち

2010年02月15日 12:00

2010_0215 私見です。

先日、オリンピック代表にも関わらず、服装の乱れが問題視された国母選手の話題を目にしました。

それは、バンクーバ入りした際の彼の服装が、ズボンからシャツを出し、ネクタイを広げ、ズボンを下げる・・・といった状況で、それをテレビで見た視聴者から連盟やJOCへ多くの批判が寄せられたというものでした。

事態はそれだけでは納まらず、状況を把握した選手団の対応として選手村への入村式には参加を自粛したものの、後に行われた記者会見の席にて「反省してマ~~ス」という彼の悪びれる様子もないコメントが、更に多くの批判を呼び、選手本人の開会式への参加見合わせ、スキー連盟からの代表辞退宣言、そして橋本聖子団長と国母選手本人の謝罪会見へと、大きな夢の舞台を前にしながら波紋が広がっていったことは、皆さんも既にご存知のことだと思います。

服装の乱れは、確かに不適切ではあるけれど若さからきた個性の表現?「少しやりすぎた!マズかった!」失敗の一つとして、むしろ微笑ましい一面にも成り得たと感じますが、その後の「反省してマ~~ス!」のコメントは大きな問題だと感じます。

[ 続きを読む ]

バドミントンコーチングセミナーのお知らせ

2010年02月12日 00:00

2010_0211

バドミントン教本/基本編応用編Q&A」の著者の一人である廣田彰氏、同じく「NHKスポーツ教室」や「バドミントン教本/基本編・応用編・Q&A」でお馴染みの飯野佳孝氏、飯野裕子講師によるバドミントンセミナーが千葉県習志野市・千葉工業大学にて開催されます。

「NHKスポーツ教室・バドミントン」の昨年10月の放映については、以前このブログでもご紹介しましたので、皆さんの記憶にも新しいことでしょう。

その廣田・飯野コーチのノックが「受けてみたい!!」と思う選手のみんな!

もしくは「未来のオリンピック選手を育成するには、どのような指導を目指したらいいのか?」とお悩みの指導者のみなさん!

日本バドミントン協会・選手強化本部に所属する、バドミントン指導の第一人者からの講義により、みっちりとその極意を体得してみませんか?


 『 コーチングセミナーは、指導者と選手を対象にバドミントンの競技力を構成

する「技術」「スピード」「スタミナ」を向上するための理論を学び、その具体的な

方法を実際に行う内容です。1986年から計42回開催され参加者は累計で

約3,000名にも及んでいます。過去3年間(3回)カナダでも開催されており、

地元の指導者と選手から絶大な支持を受けています。(談/飯野佳孝氏) 』



[ 続きを読む ]

グローバルアリーナオープンの結果が掲載!

2010年02月11日 21:55

2010_0211  グローバルアリーナ・ホームページにて


先日お知らせした「第7回・グローバルアリーナオープン 小・中学生バドミントン大会」の結果が、公式ホームページにて掲載された。
また、過去6回の大会記録も同時に掲載され、先日お伝えしたメールでの要望を受け入れて頂いた模様。^^

  グローバルアリーナホームページ

  第7回大会結果  今大会上位入賞者  栄光の記録(第1回~第6回)

寛容な対応にバドミントン愛好家の一人として感謝したい。

[ 続きを読む ]

ナショナルA・Bの選考基準が公開

2010年02月11日 09:00

2010_0210 日本バドミントン協会HPにて


昨年の12月15日に発表された「ナショナルAチーム」「ナショナルBチーム」という新たな区分けで発表された2010年度日本代表の選考基準が2010年1月1日付での文章として2010_0210にホームページにて公開された。
ある意味では「どのような考えで選んだのかを示した」もので、ナショナルBチームの位置づけが明記されている点が注目される。



にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

[ 続きを読む ]

ブルネイで大盛況!/イケシオ杯

2010年02月07日 00:00

2010_0205 ブルネイ写真ニュースにて


ikeshio_2010_0207

先日お伝えした「ヨネックス・ブルネイオープン2009/イケシオ杯」が、大盛況で幕を閉じた。


日本と深いつながりを持つブルネイとの親善大使としての様子を、ブルネイの情報を専門に伝えている「ブルネイ写真ニュース」にて見ることができるので、イケシオファンは要チェック!!^^


  ブルネイ写真ニュース最新記事へ


   ・2010年1月記事 
2010_0128-1  2010_0128-2  2010_0129  2010_0130  


   ・2010年2月記事 
2010_0201  2010_0202  2010_0203  2010_0204  2010_0205 


大会への派遣は池田、潮田選手のほか、池田選手の怪我の為に急遽、潮田選手とのペアでエキジビジョンマッチを務めた平田選手や舛田圭太ナショナルコーチなど、日本の人気プレーヤーの活動の様子がつぶさに伝えられており、充実した訪問となった様子が伺える。


両国の架け橋しとして大活躍のイケシオ。次の活躍の舞台は再びコートの中になる。


情報:Michi_Papa


~2010_0210更新~ : 訪問の様子を「フジテレビ・すぽると(2月10日23:50~)」にて放送予定!!見逃すな!

日本ブログ村・バドミントン  スポーツ広場 いろんな情報を得ることができます。


PHOTO SYURIKEN WEBサイト 


foto logue 羽根の行方/ michi_papa 


204127

テスト!

2010年02月04日 18:29

なかなか良いようです。

後は慣れでしょう・・・Michi_Papaの勝手にバドミントンニュース

jiga_01


使い勝手も凄くいいです


[ 続きを読む ]


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。