--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13回全国小学生ABC大会会場にて・・・

2012年08月14日 14:36

2012_0810-12
熊本県八代市にて

小学生の夏の全国大会「第13回・全国小学生ABC大会(通称〝ABC大会〝)」へお邪魔しました。
支援活動の報告と、昨年多くの方々から頂いた支援へのお礼をお伝えする事がその目的でした。

2012_0725_144_450.jpg 

昨年のレセプション会場で浪江中学校への用具支援を呼びかけたところ、ABC大会でも使用されている移動式の支柱を、香川県の体育器具メーカー「都村製作所」様が、小学校と中学校への2セットを即座に用意して戴きました。
お陰で、浪江小学校、中学校では、バドミントン競技が盛んに行われ、浪江中学校では唯一の運動部としてバドミントン部が創部されました。
本年度から浪江中バドミントン部は中体連へ出場し、予選会で健闘しました。
(詳しいその後の経過は下欄へ記します。)

レセプションでは、全国から集まった指導者の皆様をはじめ、日バの理事の皆さんから活動に関する貴重なご意見を、多数戴きました。

大会会場では、エントランスホールの一角に展示ブースを設置させていただき、これまでの活動を、ネットではお見せしていない写真やお礼の手紙などを展示させていただきました。
沢山の小学生や保護者、指導者の皆様が足を止め、資料に見入っている姿を見ながら、東日本大震災の記憶を風化させない努力を、今後も続けることが必要だと感じました。

2012_0725_102_450.jpg 2012_0725_103_450.jpg 

開会式では、ロンドン五輪 銀メダリストの藤井選手・垣岩選手がサプライズゲストとして迎えられ、観客席から「おめでとう!!」という声援が贈られました。
両選手と参加選手たちのとのハイタッチの際、銀メダルを抱えて「重い!!」と驚きの声を上げる子供たち。

この選手たちの中から、また新たなオリンピックメダリストが誕生する事予感させる、素晴らしい大会でした。^^

2012_0725_108_450.jpg 2012_0725_104_450.jpg 2012_0725_105_450.jpg 2012_0725_107_640.jpg 

大会の結果は以下のリンクから。

 大会ホームページ

 大会成績

 大会結果(PDF)

 大会記録写真(くまもんとの写真掲載/8月末まで)



また、大会会場で前年度大会の写真を配布「写真手裏剣」を実施しました。

533073_258512267598759_137927559_n_450.jpg 

会場では全国のスポーツ会場でフォトサービスを展開するSPN(スポーツフォトネットワーク)の兒玉代表とお話しする機会を得ました。
すぐ横で「写真を配布」・・・昨年の写真とはいえ・・・
資料を持ってご挨拶に伺いました。
「昨年のものなのでうちは影響ない。」と言っていただき、ほっと胸をなでおろしました。

全国の会場でお見かけするスタッフの方々。
大変な仕事だと思います。
「誰を撮るかわからない」素人の私とちがい、「すべての出場選手を撮る!」プロの彼らのノウハウは、さすがです。
兒玉氏いわく「少人数でやっている会社だが、心意気のあるプロしか雇っていない。うちは全員がプロ。他社のようにアルバイトは使っていない。」と、熱く語ってくれました。
しかし「バドミントン競技での採算性は年々厳しきなっており、継続できるように模索する日々」とのこと。

大会会場でこのSPNさんの写真コーナーに集まる多くの子供たち姿は、大会の名物の一つ。
「朝の試合中の写真が、午後には展示してある!!」
自分の姿を探している子供たちの輝く目が、イキイキとしていて、見ていて思わず微笑んでしまう。

競技中の姿を多くの方々へ魅せ続けてきた彼らの存在は、競技普及の観点からみれば大変重要な存在だと感じる。
皆さんに声を大にして言いたいです。

是非!会場でSPNさんを見かけたとき
一枚でもいいから写真(思いでの一瞬)を、買ってください!!

「タダでもらえる写真があるから、いらないや。」なんて、いわないでください。

大会から、写真販売コーナーが無い景色を想像してみてください。
大きな花が一つ欠け落ちるようなもの。

子ども達の楽しみを失わないためにも、是非!会場での写真購入を!!

私、Michi_Papaは、気概のある兒玉さん率いるSPN所属のカメラマンを応援します。

SPNさんのホームページはこちらから!!




最後に、今年のAクラスの優勝者、勝利の瞬間!!^^
いい笑顔ですね。おめでとう!!

2012_0725_117_640.jpg 2012_0725_118_640.jpg 

全国のバドっ子たち!
また、来年!八代市でお会いしましょう。。。^^

2012_0814
Michi_Papaこと高嶋誠司

バドっ子支援の会 facebook

>>>>>>>>>>>>>>>>>>

被災地からの支援要請の声、全国各地からの支援提案をお待ちしています。
Banner_450.jpg  
badsien_siennokoe.jpg badsien_sienteian.jpg 

また様々なバドミントン関連情報はブログ村でもご覧いただけます。  

 (ただし、上記のブログ村へのリンクは、クリックするとランキングにカウントされます。 
カウントされずにリンクする方法が分らない・・・と言うのが正直なところです・・・。 
ちなみにランキングサイトの「日本ブログ村」は、私のバドミントン関連情報の収集場所でもあります。 
今日現在290サイトの登録があり、こんなにまとまった数のバドミントンブログを縦覧できるのはここくらいです。 
私は、ブログ開設以来、ランキングよりもその登録数や登録されたブログに興味があり、バドミントン関連ブログへのリンク集として使わせていただいています。  Michi_Papa ) 

日本ブログ村・バドミントン バドミントン関連ブログが多数登録しています。 

blogramランキング参加中! 構成が面白いランキングサイトです。 
  
Fotologue「BAD_PHOTO/羽根の行方...」 
 

告知!・「写真手裏剣データの引渡し(本人限定!)」2010年6月末から始めました。 

追記 : たくさんの写真手裏剣のデータ受渡し希望のメールを戴いています。データ整理後に随時送信いたしますので、今しばらくお待ちください。少しでも多くの方々へデータをお手元へお渡しできるよう、頑張ります!! 

[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

ある宮城県のママさんから。。。

2012年05月01日 19:28

2012_0501

4月の連休へ突入した土曜日の事。
一通のメールが届きました。

このブログやバドッ子支援の会の「ホームページを見た」という宮城県のある中学生のママさんからでした。

これまで支援してきた宮城県の地域とは別の地域の方で、娘さんが中学校に入学され、バドミントンを始めた事がメールを戴くきっかけでした。
自身、津波で被災し、ご主人が単身赴任、家族が別々に生活を余儀なくされ2重生活が続いているという事で、経済的に道具を揃えてあげられずに悩んでいたらしいです。

新学期を迎えるタイミングで、この様な要請があるかもしれないと、数人分ですが事務局へ残していた用具のストックから、年齢、性別、サイズ等を伺い、要望に近いものを1セット送付しました。

もちろん、用具と共にお預かりした方のメッセージを添えて。

 <送付用具リスト>
    ・競技用ラケット 1本 (メンテナンス実施分)
    ・ラケットバッグ  1本
    ・ラケットケース  1本
    ・ゲームシャツ(上下)  2着
    ・Tシャツ・練習着 5着
    ・シューズ 2足(2サイズ)
    ・スポーツタオル 1枚
    ・ビニールバッグ 5枚
   そして支援者からの手紙。


2012_0501_600.jpg 

宮城県へ連休中には到着予定。

あと数人分だけストックしていますが、今後の支援要請の状況を見ながら、追加で用具の募集を行うかどうかを検討中です。

個人から個人への「点と点を結ぶ」支援活動は、潜在的にまだまだ必要とされていると感じます。


2012_0501
バドっ子支援の会
Michi_Papaこと高嶋誠司

>>>>>>>>>>>>>>>>>>

被災地からの支援要請の声、全国各地からの支援提案をお待ちしています。
Banner_450.jpg  
badsien_siennokoe.jpg badsien_sienteian.jpg 

また様々なバドミントン関連情報はブログ村でもご覧いただけます。  

 (ただし、上記のブログ村へのリンクは、クリックするとランキングにカウントされます。 
カウントされずにリンクする方法が分らない・・・と言うのが正直なところです・・・。 
ちなみにランキングサイトの「日本ブログ村」は、私のバドミントン関連情報の収集場所でもあります。 
今日現在259サイトの登録があり、こんなにまとまった数のバドミントンブログを縦覧できるのはここくらいです。 
私は、ブログ開設以来、ランキングよりもその登録数や登録されたブログに興味があり、バドミントン関連ブログへのリンク集として使わせていただいています。  Michi_Papa ) 

日本ブログ村・バドミントン バドミントン関連ブログが多数登録しています。 

blogramランキング参加中! 構成が面白いランキングサイトです。 
  
Fotologue「BAD_PHOTO/羽根の行方...」 
 

告知!・「写真手裏剣データの引渡し(本人限定!)」2010年6月末から始めました。 

追記 : たくさんの写真手裏剣のデータ受渡し希望のメールを戴いています。データ整理後に随時送信いたしますので、今しばらくお待ちください。少しでも多くの方々へデータをお手元へお渡しできるよう、頑張ります!! 


浪江小学校・中学校にて/2011_0926-27

2011年09月30日 00:14

2011_0926-27 福島県浪江小学校・浪江中学校再開支援プロジェクト
    2011_0730 経過報告 2011_0808 経過報告 2011_0906 経過報告
    2011_0914 経過報告 2011_0924 経過報告

7月にスタートしたプロジェクトNo.02「浪江小学校・中学校再開支援」ですが、先日、現地にて一旦の区切りを迎えました。


本プロジェクトは放射線被害で全住民が避難を余儀なくされ、同じ福島県二本松市で学校を再開した浪江小学校、浪江中学校への支援活動です。

IMG_7065_450.jpg  

それは一本の電縄から始まりました。

「放射線の線量が高く、屋外の授業やレクリエーションが制限されている中で 『 運動負荷が高く、生徒同士がコミュニケーションを深めることができ、何よりも屋内で出来るスポーツ 』 という事でバドミントン競技に着目しています。しかし、用具が無く、可能な範囲で支援していただけないか。」
バドッ子支援の会の活動を知った浪江町教育委員会の方からの連絡でした。

それまで、被災地で支援を求めている個人・チームと、全国の愛好者とを結びつける活動を展開していた我々でしたが、依頼者が教育委員会という組織ということで、活動ボランティアの方々と様々な議論をさせて戴きました。

「震災でバドミントン競技から離れざる得なかった選手が沢山いる中で、
 震災をきっかけにバドミントン競技と出会う子供達もいる。
 どちらへの支援も今必要なことだ。」

それが、皆さんとの議論の中で私が出した結論でした。
避難して孤独に耐えながら頑張っている選手たちへの物資支援(支援メニュー01)も行いながら、バドミントンに出会った子供たちへ競技の入口へ導くこと。
それが今回のプロジェクトの最も大きな活動の意味です。

その為には、1)道具のみならず、2)練習会場の確保や3)指導者のバックアップといった環境造りが大きなカギになります。

 1)道具は本プロジェクトを知った沢山の全国の愛好者からお預かりしました。(後述)

 2)練習会場はボランティアのご協力で学校体育館内にコートを1面+ハーフ2面を確保しました。

 3)そして最後のカギとなる「指導者のバックアップ」では、地元 福島県協会の吉田会長を中心とした県内指導者の方々と学校の先生方とを現地にてお引き合わせする事ができ、学校の求めに応じた指導面でのサポートを引き受けて戴ける事になりました。

以下、活動の様子をご報告いたします。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>

2011_0926
<浪江小学校にて>

 9:00 現地入り

IMG_6746_450.jpg IMG_6750_225.jpg IMG_6752_225.jpg 

 10:00 一足早く福島入りした移動式支柱が裏磐梯から搬送(金澤さんありがとうございました。)
      地元でペンションを営む有志ボランティア・金澤氏と2名でコートを設営。
      急遽、宮城県石巻市から中荒井さんが参加していただきました。

IMG_6922_450.jpg 

 12:00 県協会の方々が現地へ到着!
      吉田会長、レディース連盟会長、会計担当者、県北支部長、会津地区理事
      高上美鳳講師
      / 高上夫妻お二人でご指導戴きました。コウ先生、オウ先生ありがとうございました。
      本件で調整にご尽力いただいた松本先生はなんと!卓球プレーヤー!
      同じコート競技を極めた方だけに、スポーツへの深い理解を示して戴きました。
      教頭先生を囲んで、講習会前の記念撮影!^^

IMG_6775_450.jpg 

 13:00~13:50 低学年(1~4年生・10名)への指導・高上講師
    初心者ばかりの子供たちを相手に、コウ先生(高上美鳳先生)の優しい声が響きます。^^
    ひよこ組の子供達の視線が、いつの間にか先生へ。
    軽く準備運動した後に、コート内でのステップを、先生を先頭にアヒルの行列のように
    みんなで並んで動いた後に、グリップの握り方から丁寧にご指導戴きました。

IMG_6781_450.jpg  
IMG_6937_337.jpg IMG_6954_337.jpg  
IMG_6865_225.jpg IMG_6871_225.jpg IMG_6847_225.jpg 

 13:50~14:00 エキジビジョンマッチ
            高上・柏原 組 VS 吉田・後藤組
   世界タイトル保持者の高上コーチのプレーに、歓声が上がります。^^

IMG_6884_225.jpg IMG_6888_225.jpg 
IMG_6879_450_20110929232416.jpg 

 14:00~14:50 高学年(5~6年生・17名)への指導・高上講師
    高学年を対象に、引き続き高上先生による指導がスタート。
    ひよこ組とは少し違った、より実践的なフットワークと共に、クリア、ドロップ、
    スマッシュ、跳ね上げといった基本ショットのグリップの握りや、打点などを
    解りやすく解説するコウ先生の柔らかい声が響きます。
    最後には、高学年代表の女の子から、ご指導くださった指導者の皆さんへ
    お礼の言葉を戴きました。

IMG_6982_450.jpg     

  それぞれの講習会終了時に「米倉加奈子プロジェクト」から福島県へ贈られたラケットを1本ずつ、全員へ手渡され、子供達は大喜びでした。^^;
 「自分のラケットを持つことは、道具を大切にし、競技へ愛着を持ってもらう為の第一歩。」との吉田会長の言葉を強く実感致しました。

IMG_6902_337.jpg IMG_6760_337.jpg 
IMG_6945_337.jpg IMG_6947_337.jpg 

 みんな満面の笑みを浮かべながら、大事にラケットを肩に掛けスクールバスで下校する子供たちへ、県協会の柏原理事からバスケットに入ったノック球を2個ずつプレゼント!
「一人2個ずつね!^^」という言葉を聞くと、 一旦乗り込んだバスから飛び降り、駆け寄る元気な子供達が印象的でした。^^

     <<14:50 浪江小学校講習 終了>>
    
 15:30~16:30 浪江中学校 設営 (現地確認+ライン設営)
            ボランティア3名にて
            金澤さん、中荒井さん、ありがとうございました!
 
          >>26日 行程終了<<

   <裏磐梯・食彩館アルビン(福島集積地)にて宿泊>

2011_0927
<浪江中学校にて>

 13:00 現地入り
       校時の変更で、14:30講習開始直前まで授業が・・・

IMG_7075_450_20110929233716.jpg 

 13:30 宮城県仙台市から設営ボランティアで菅野氏が参加!
       宮城県の子供たちからのメッセージを浪江中のみんなへ届けてくれました。

IMG_7077_337.jpg IMG_7082_337.jpg 

 14:00 県協会の方々が到着!
   吉田会長以下、26日のメンバーに地元針道小出身の鴫原理事が合流。
   鴫原氏はバドミントンが盛んな地元東和地区の指導者の方の参加という事で、大変心強いです。^^
   高上美鳳講師/ 前日同様に高上夫妻お二人でご指導戴きました。

 14:25~ コート設営!
 14:30~ 講習会スタート!       

IMG_7103_450.jpg IMG_7121_450.jpg 
IMG_7140_225.jpg IMG_7130_225.jpg 

 14:30~15:50 中学生(38名)への指導・高上講師
   同じ初心者ばかりの子供たちですが、さすがに中学生!
   前日の小学生とは違ったキリッとした緊張感の中で、しかし楽しく羽を打つ姿に、
   学校の先生方も、思わずカメラを片手にスナップを撮る先生方も・・・
   はじめは私の段取りの悪さからか、不安そうだった教頭先生の険しい表情が、
   コウ先生のご指導の様子を見ながら、笑顔がこぼれた時にはようやく肩の荷が
   下りた気がいたしました。
   浪江町の教育長さんも偶然学校へ訪問中で、幸運にも県協会吉田会長と、
   教育長をお引き合わせする事も叶いました。^^

 15:50~ 記念撮影 ^^
   小学校同様、講習会後に県協会からラケットが1本ずつプレゼントされ、大喜びの子供たち。
   浪江中学校では、今季は運動部は「バドミントン部」、文化部は「文芸部」の2つだけ
   部活動を実施するという事です。
   県協会から更に、薫風提供の支援物資「シューズ(新品)」が一人に1足づつ提供されました。

IMG_7164_450.jpg 

二日間、多忙な中で県内各地よりお集まり戴き、子供たちへの熱心なご指導を賜りました吉田会長をはじめとする指導者のみなさま、本当にありがとうございました。

また同じ被災県でもありながら、「車で3時間だから近い!近い!」とボランティアへ駆けつけて戴きました中荒井さん、菅野さん、ありがとうございました。
宮城県の復興への道のりを、これからも応援し続けます。

そして何より、今回のプロジェクトを、地元福島県で黒子となって支えて戴きました裏磐梯のアルビン・金澤さんへ、心から感謝を申し上げます。
まだ復興への道のりは先が見えない中で、これからも一緒に頑張っていきましょう。
ひとまず、お疲れさまでした。^^


本プロジェクトに際し、被災バドミントン選手支援の会へお寄せいただきました今回のご支援を、以下へ記します。

<浪江小学校支援者リスト>

 >ラケット 41本
  ・福岡県レディース連盟 代表・安部理事長 様
  ・佐賀県・増永 様
 >ネット
  ・ハワイ州・正田珠代 様
 >シャトルコック
  ・NPO法人シャトルワン・平野理事長 様
  ・会津若松市・ウイングスポーツ 鈴木町子 様
 >シャトルコック(NS-300・ミズノ人工球)
  ・東京都・稲葉 様
 >移動式支柱(VT-4321)
  ・株式会社都村製作所・担当者 穴田 様 
  ( 上記運搬協力 )
    ・香川県・桃田 様
    ・裏磐梯・食彩館アルビン 金澤 様
 >ハーフネット(組立式ネット)
  ・福岡県・立石実里さん(小学5年生)
   震災を忘れないようにと、あの日から毎日、
   少しずつお小遣いを貯めてくれたものだそうです。
   「被災地のバドッ子達の為に役立ててほしい」と
   ママさんからお預かりしました。
  ・ツイバド部 代表 前田 様
 >ラインテープ
  ・活動支援金にて購入いたしました。
 >Tシャツ・ゲームシャツ等
  ・八代市ABC大会実行委員会・湯野担当 様
 >シューズ(中古品)
  ・全国の愛好者からお預かりしたものをメンテナンスし、
   小学生向けの小さいサイズを福岡集積地より持参しました。

 >指導ボランティア
  ・福島県協会の皆様
   吉田会長・高上美鳳ご夫妻・後藤理事・山森理事・柏原理事 他理事1名

 >設営ボランティア
  ・裏磐梯・金澤 様
  ・石巻市・中荒井 様

<浪江中学校支援者リスト>

 >ラケット 41本
  ・米倉加奈子プロジェクト・事務局渡辺 様
 >ネット
  ・ハワイ州・正田珠代 様
 >シャトルコック
  ・NPO法人シャトルワン・平野理事長 様
  ・会津若松市・ウイングスポーツ 鈴木町子 様
 >シャトルコック(NS-300・ミズノ人工球)
  ・東京都・稲葉 様
 >ノック球
  ・会津若松市・ウイングスポーツ鈴木町子 様
 >移動式支柱(VT-4321)
  ・株式会社都村製作所・担当者 穴田 様 
  ( 上記運搬協力 )
    ・香川県・桃田 様
    ・裏磐梯・食彩館アルビン 金澤 様
 >ハーフネット(組立式ネット)
  ・東京都・稲葉 様(2セット)
  ・コーチングセミナー事務局・菅野 様
 >ラインテープ
  ・東京都・稲葉 様
 >応援メッセージ(色紙寄書)>
  ・宮城県・大須中学校バドミントン部の皆様
  ・宮城県・六郷バド愛好会の皆様

 >指導ボランティア
  ・福島県協会の皆様
   吉田会長・高上美鳳ご夫妻・山森理事・柏原理事・鴫原理事 他理事1名

 >設営ボランティア
  ・仙台市・菅野 様
  ・裏磐梯・金澤 様



<<その他、活動を支えて戴いております
            有志ボランティアの皆様>>

 >物資梱包・配送
  ・青森集積地・奈良岡 様
  ・福島集積地・金澤 様
  ・愛知集積地・池田 様
  ・広島集積地・竹岡 様
  ・福岡県筑豊地区・立石 様
  ・福岡県福岡地区・中島 様
 >ラケットメンテナンス
  ・福岡県・ストリング工房 永野 様
  ・愛知県・バドミントンクラブハウス チック 池田 様
 >シューズメンテナンス
  ・福岡県・ミチママ 様
 >広報支援
  ・SJBC監督 様 ・ INDY 様
  ・佐賀県・吉浦 様
  ・全国のバドミントンブログ愛好者の皆様
 >活動支援金
  ・全国の支援者の皆様


講習会を終え、福島県協会の吉田会長へ「両校へのご指導等サポート、宜しくお願いします。」
と、お願いし、地元福島県の方々の絆の強さを感じながら、帰路へつきました。

帰り道での景色がこちら。^^

IMG_7041_675.jpg 

奇麗な夕焼けでした。^^

宮城県からお越しくださった中荒井さん、菅野さんのお二人から、地元の名産品をお土産に戴きました。

石巻のさつま揚げ(?)と仙台の笹かまです。

すっごく美味しかったです!!
さつま揚げは裏磐梯での夜の晩酌で、支援者の方々と戴きました。^^
また、笹かまぼこは帰りに立ち寄ったウイングさんで、スタッフの皆さん達と一緒に美味しく戴きました。^^
皮の歯ごたえが、なんとも言えません!!
風評なんて吹き飛ぶうまさです!

ありがとうございました。^^

2011_0929
報告/Michi_Papaこと高嶋誠司


>>>>>>>>>>>>>>>>>>

被災地からの支援要請の声、全国各地からの支援提案をお待ちしています。
Banner_450.jpg  
badsien_siennokoe.jpg badsien_sienteian.jpg 

また様々なバドミントン関連情報はブログ村でもご覧いただけます。 

 (ただし、上記のブログ村へのリンクは、クリックするとランキングにカウントされます。
カウントされずにリンクする方法が分らない・・・と言うのが正直なところです・・・。
ちなみにランキングサイトの「日本ブログ村」は、私のバドミントン関連情報の収集場所でもあります。
今日現在254サイトの登録があり、こんなにまとまった数のバドミントンブログを縦覧できるのはここくらいです。
私は、ブログ開設以来、ランキングよりもその登録数や登録されたブログに興味があり、バドミントン関連ブログへのリンク集として使わせていただいています。  Michi_Papa )

日本ブログ村・バドミントン バドミントン関連ブログが多数登録しています。

blogramランキング参加中! 構成が面白いランキングサイトです。
 
Fotologue「BAD_PHOTO/羽根の行方...」 


告知!・「写真手裏剣データの引渡し(本人限定!)」2010年6月末から始めました。 

追記 : たくさんの写真手裏剣のデータ受渡し希望のメールを戴いています。データ整理後に随時送信いたしますので、今しばらくお待ちください。少しでも多くの方々へデータをお手元へお渡しできるよう、頑張ります!! 

[ 続きを読む ]

いよいよ達磨の目

2011年09月24日 01:03

2011_0924   福島県浪江小学校・浪江中学校再開支援プロジェクト
            2011_0730 経過報告
            2011_0808 経過報告
            2011_0906 経過報告
           2011_0914 経過報告

いよいよ、本日の夕刻に出発です。

その他の物資を積み込んで、福岡から福島県二本松市まで約1400km。
おそらく、往復するとトータルの走行距離は2950kmを超える予定。

現地での様子を、後日ご報告いたします。

今回の設営にはボランティア数名、そして福島県協会の吉田会長が立会って戴く事になりました。
当日に実施予定の講習も、県協会の指導者が数名、お手伝いくださるそうです。

また、学校の先生方のご協力で、お昼休みの時間とその後の授業時間1コマを戴ける事になりました。

26日(月)の浪江小学校では28名の生徒さんが、27日(火)の浪江中学校では38名の生徒さんが参加予定です。

しかし、コートは1面+半面セット。
時間は13:00~14:15の75分間です。

講習内容は県協会の吉田会長へ一任。
バドミントンの楽しさが伝わるものになると思います。^^

福島県バドミントン協会の皆さん、平日にもかかわらず、貴重なお時間とご指導を、浪江の子供達の為にご準備戴き、ありがとうございます。

当日現地で(二本松市下川崎、二本松市針道)でお待ちしています。^^


2011_0924_AM01:00
荷づくりに奮闘中のMichi_Papaでした。^^;


>>>>>>>>>>>>>>>>>>

全小釧路大会 関連情報

要項などが掲載されましたね。
会場が北海道釧路市という事で、交通手段と宿泊の手配には慎重に。
大会本部が斡旋しているので、そのあたりの資料も要チェック!

 大会ホームページ(日小連HP内)
 
大会開催要項(PDF)大会申込書送付用(Excel)団体戦選手変更届(PDF)  
個人戦コーチの取扱(PDF)コーチ申込書(Excel)コーチ変更・追加届(Excel)  
宿泊交通要項(PDF)宿泊交通申込書(Excel)レセプション案内・申込書(Word)会場周辺図(PDF)
公式練習割当(PDF)大会日程(PDF)

>>>>>>>>>>>>>>>>>>

ヨネックスオープンジャパン2011関連

WDの藤井・垣岩組がベスト4進出!

MS 田児賢一選手はベスト8へ進出するも、第一シード・リー・チョンウェイ(マレーシア・WR1位) に第一ゲームを獲り先行するも、ファイナルを18本で惜敗。

 大会ホームページ  結果ページ

 大会情報(トーナメントソフトウエア)

 LIVEスコア


>>>>>>>>>>>>>>>>>>

ANAアジアユースジャパン2011関連

昨年からアジアバドミントン連盟公認の国際大会となったANAアジアユースだが、今年も日本からはジュニアナショナルメンバーを中心としたメンバーと、地元千葉県の開催枠のメンバーがそれぞれ発表されているので要チェック。

 大会ホームページ

 開催要項(和文)  日本参加選手名簿



>>>>>>>>>>>>>>>>>>

広報誌・猪苗代町へ写真提供(写真活動)

 広報誌猪苗代9月号に写真を提供いたしました。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>

本業も、支援も、写真も、観戦も・・・・

どれもこれもバタバタの毎日ですが、まずは一路、東北へ・・・・



2011_0924 Michi_Papaでした。。。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>

被災地からの支援要請の声、全国各地からの支援提案をお待ちしています。
Banner_450.jpg  
badsien_siennokoe.jpg badsien_sienteian.jpg 

また様々なバドミントン関連情報はブログ村でもご覧いただけます。 

 (ただし、上記のブログ村へのリンクは、クリックするとランキングにカウントされます。
カウントされずにリンクする方法が分らない・・・と言うのが正直なところです・・・。
ちなみにランキングサイトの「日本ブログ村」は、私のバドミントン関連情報の収集場所でもあります。
今日現在254サイトの登録があり、こんなにまとまった数のバドミントンブログを縦覧できるのはここくらいです。
私は、ブログ開設以来、ランキングよりもその登録数や登録されたブログに興味があり、バドミントン関連ブログへのリンク集として使わせていただいています。  Michi_Papa )

日本ブログ村・バドミントン バドミントン関連ブログが多数登録しています。

blogramランキング参加中! 構成が面白いランキングサイトです。
 
Fotologue「BAD_PHOTO/羽根の行方...」 


告知!・「写真手裏剣データの引渡し(本人限定!)」2010年6月末から始めました。 

追記 : たくさんの写真手裏剣のデータ受渡し希望のメールを戴いています。データ整理後に随時送信いたしますので、今しばらくお待ちください。少しでも多くの方々へデータをお手元へお渡しできるよう、頑張ります!! 

支柱の支援者が決まりました。

2011年09月06日 21:08

2011_0906 福島県浪江小学校・浪江中学校 再開支援
2011_0907 JOC組合せリンク掲載
2011_0907 全小福岡県予選会結果・掲載!

2011_0907 訃報 新沼博恵さん(旧性・湯木博恵さん)


本日、ついに!「支柱が整いました!」との連絡が届きました。

  どこから?

それは、香川県に本社を構える「株式会社 都村製作所」という体育器具メーカーさんです。

tumura_.jpg 


話は8月22日、熊本県八代市で行われたABC大会のレセプション会場での出来事です。

レセプションへの参加は、初めての事でしたが、「是非!参加するように!」と、前日21日に職場までお越しくださった友人Y氏からの招待が参加にいたった直接的な理由でした。

そしてそのお陰で、全国から集まったバドミントン関係者の前で、今回の「浪江小・中学校再開支援」の話をする機会に恵まれました。(Yさん。ありがとう!)


するとスピーチの後、壇上から降りた私に駆け寄る一人の若い男性。

それが都村製作所穴田担当でした。
「今大会に参加している体育器具メーカーとして是非!協力させてほしい。」という、心強い言葉でした。

ご存知だと思いますが、移動式の支柱は、大変高価なものです。
安いものでは転倒の恐れもあり、小学校や中学校の施設で使うものは、がっちりと重いウエイトが付属し、大会で使用するもの等は30万円近くします。
奥の手としては、皆さんから預かっている支援金で購入する事もやむなしと考えていました。

穴田さんによると、
「取引先から引き下げてきた中古のものであれば、探したらあると思います。少し時間をください。」
とのことでした。


開校の8月25日には間に合いませんでしたが、必死に全国の取引先へ照会をかけてくれていた穴田担当です。

そして本日、待ちに待った穴田氏から「支柱2セットが整いました。」との連絡がありました。^^

香川県・都村製作所の皆さん!ありがとうございます!!

そして今度も四国・香川県。
四国、特に香川のジュニアチームからは、活動当初から多くの支援物資を戴いています。
実に熱い!情熱の土地柄だと感じます。
今後、香川へ足を向けては眠れません。


そしてここからが本題です。


支柱・・・・香川県経由で福島県二本松市へ・・・・持参します!

というもの、支柱1セットで160kg+アルファ!?・・・2セットで320kg超え。。。汗^^
これを輸送するにはトラックをチャーターしなければならず、穴田氏の話では送料は10万近くかかる・・・らしいです。


 「だったら、自分で運びます!!
  ちょうど現地でコートのラインも引かなくてはならないし!!」


という事で、私の愛車にはかなり酷?!かも知れませんが、>香川県・都村製作所経由で320Kgのおもり達と一緒に浪江小・中学校の現地へ再訪問の予定です。

支柱を持参した時、コートのライン引き・・・どなたかお手伝いくださいませ。^^;

日程は私の本業の目途が立ち次第!
数日中にまた報告します!!!


取り急ぎ、経過のご報告でした。。。


2011_0906
Michi_Papaこと高嶋誠司


先日8月30日、支援金口座へ菅野様より「バドミントンコーチングセミナー」で行って戴きました活動支援金の募金を送金いただきました。
ありがとうございます。
また、これまでにも沢山の方々から支援金をお預かりしています。
支援金の使途は、現在のところおもに「支援物資の送料」「支援用具(ラケットガット・グリップテープ)・シューズ等のメンテナンス費用」「梱包資材の購入費」に充てさせて頂いていますが、今回(福岡~香川~福島)は現地への移動費(ガソリン・高速代等)への充当を検討させて戴きたいと思います。
詳しくは後日、バドッ子支援の会ホームページにてご報告させて戴きたいと存じます。


それから・・・・

先日行われました「全小福岡県予選」のスナップ写真を福岡県協会ホームページへ掲載していただきました。
撮影はベスト8以降・・・しかし、会場が2会場で分かれていた事もあり、上位選手たちの撮りこぼしが・・・6年生女子ダブルス決勝戦・・・ゴメンなさい。;;
みんなの九州大会での頑張りを楽しみにしています!

  福岡県協会ホームページ

  特設フォトページへのリンク

  2011_0907 試合結果掲載 NEW!!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>

2011_0907
JOC新潟大会の組み合わせが掲載されましたね。^^

  ジュニアの部 男子シングルス 男子ダブルス

  ジュニア新人の部 男子シングルス

  ジュニアの部 女子シングルス 女子ダブルス

  ジュニア新人の部 女子シングルス

関係者は要チェック!!


>>>>>>>>>>>>>>>>>>

2011_0907
新沼博恵さん(旧性・湯木博恵さん)が、9月7日夕方、甲状腺がんのために都内の病院にて亡くなられました。
享年62歳。

湯木さんは、1969年の全英オープンで優勝。以来4度の同大会での優勝を果たしました。
全英オープンは今年で101回目を迎えた歴史ある大会で、世界選手権大会が1977年に開催されるまでは、事実上の世界一を決める大会でした。

個人戦だけでなく、国別対抗団体戦であるユーバー杯でも3度の優勝という偉業を成し遂げ、2002年には日本人では初めて世界バドミントン連盟の殿堂入りを果たしました。

日本バドミントン会にこの上ない大きな自信と光を与え続けてくれた
偉大な選手のご冥福を、心からお祈り申しあげます。

2011_0908
Michi_Papaこと高嶋誠司


>>>>>>>>>>>>>>>>>>

被災地からの支援要請の声、全国各地からの支援提案をお待ちしています。
Banner_450.jpg  
badsien_siennokoe.jpg badsien_sienteian.jpg 

また様々なバドミントン関連情報はブログ村でもご覧いただけます。 

 (ただし、上記のブログ村へのリンクは、クリックするとランキングにカウントされます。
カウントされずにリンクする方法が分らない・・・と言うのが正直なところです・・・。
ちなみにランキングサイトの「日本ブログ村」は、私のバドミントン関連情報の収集場所でもあります。
今日現在254サイトの登録があり、こんなにまとまった数のバドミントンブログを縦覧できるのはここくらいです。
私は、ブログ開設以来、ランキングよりもその登録数や登録されたブログに興味があり、バドミントン関連ブログへのリンク集として使わせていただいています。  Michi_Papa )

日本ブログ村・バドミントン バドミントン関連ブログが多数登録しています。

blogramランキング参加中! 構成が面白いランキングサイトです。
 
Fotologue「BAD_PHOTO/羽根の行方...」 


告知!・「写真手裏剣データの引渡し(本人限定!)」2010年6月末から始めました。 

追記 : たくさんの写真手裏剣のデータ受渡し希望のメールを戴いています。データ整理後に随時送信いたしますので、今しばらくお待ちください。少しでも多くの方々へデータをお手元へお渡しできるよう、頑張ります!! 

[ 続きを読む ]

浪江小学校・浪江中学校へ用具を届けてきました。

2011年08月12日 01:03

2011_0808 バドっ子支援の会活動報告


支援メニュー02「浪江小・中学校再開支援プロジェクト」

このブログで報告してきました上記のプロジェクト。

 2011_0707記事  2011_0730記事

8月8日、皆さんからお預かりした用具をもって、福島県浪江町立浪江小学校同町立浪江中学校の再開予定地へ伺いました。
福島県浪江町は、福島第一原発の警戒区域内に位置し、町民全員が福島県二本松市をはじめとする県内外へ散らばって避難生活を強いられています。
町の対策本部は二本松市の男女共生センターに置かれ、避難生活を続ける町民への生活支援を、日夜休みなく続ける浪江町の中枢です。
IMG_9910_225.jpg IMG_9920_300.jpg 
今回の依頼者、教育委員会のスクモダ先生もここで学校再開の為の支援に奔走されています。
スクモダ先生自身も浪江町内の小学校の校長先生ですが、残念ながら現時点ではご自身の学校の再開は未定であり、今回の小学校・中学校の再開をするための準備に奔走されている状況です。

<浪江中学校予定地/旧針道小学校>

まず「浪江中学校」は、2010年に統合され廃校となった二本松市の旧針道小学校の校舎にて2学期から再開すべく準備が進められています。
IMG_9864_225.jpg IMG_9861_225.jpg 

応対して戴きましたオオウチ教頭先生には、準備作業で大変忙しい中、校舎を案内いただきました。
IMG_9874_337.jpg IMG_9868_337.jpg 
体育館は7月まで浪江町の「遺留品置場」として使用されていましたが、綺麗にクリーニングされ、8月になって中学校へ引き渡されました。
残念ながら中学校の体育館には「支柱の為の穴」、「支柱」も「ライン」もありませんでした。

 中学校には「移動式の支柱(1セット)」と「コートライン(1面分)」が必要になります。


<浪江小学校予定地/旧下川崎小学校>

「浪江小学校」は、中学校同様に2010年に廃校となった同じく二本松市の旧下川崎小学校の校舎を利用して2学期から再開予定です。
IMG_9884_225.jpg IMG_9906_225.jpg 

こちらも再開の為の準備が進められ、多忙な中マツモト教頭先生にご対応いただきました。
IMG_9888_225.jpg IMG_9892_225.jpg IMG_9903_225.jpg 

体育館の状況ですが、かろうじて「支柱の為の穴」と消えかかった「コートライン」はありましたが、支柱は体育館の倉庫では見つける事が出来ませんでした。

IMG_9897_225.jpg IMG_9899_225.jpg 
使用できる支柱の口径34mmΦ
コートは体育館中央に1面という状況です。


 小学校には「支柱/34mmΦ(1セット)」と「コートライン(1面分)」が必要になります。


<支柱などを募集します!>

以上の現地の状況を踏まえ、ここに以下の物資のご支援を募集します。

 浪江小学校支援
  ・支柱34mmΦ 1セット
  ・ラインテープ  1面分

  ・簡易ネット  2セット(1面分)

 浪江中学校支援
  ・移動式支柱  1セット
  ・ラインテープ  1面分
  ・簡易ネット  1セット(1面分)

   1セットは東京都・ITさんからご支援戴きました。

 また、上記の2校にて「ラインテープ」の敷設を行って戴ける有志支援者を募集します。


以上の用具、もしくは現地での購入の為の資金のご支援をお願いいたします。
支援は重複を避ける為に、これまでどおり上記用具ごとの立候補制とさせてください。
以下のメールアドレスまでご連絡ください。

 支援メール連絡先  michi_papa_2008@yahoo.co.jp  高嶋 まで



本プロジェクトの〝だるまの目〝

そしてここからはその後の動きです。

道具は全国の愛好者の皆さんからお預かりし、なんとか揃っても、これからバドミントン競技に出会う子供たちへバドミントンの楽しさを知ってもらい、きちんとした基礎を身に着けてもらう事。
そこまで橋渡しする・・・
それが今回の支援では「だるまの目」だと感じています。

もちろん、学校の先生からの要望があれば・・・ですが。

そして先日、福島県協会会長さん、福島県小学生連盟会長へ相談したところ、「要望があれば是非、手伝いましょう」と指導者の人的バックアップを快諾を戴きました。

なんとか二本松市で浪江小・中学校の授業トレーニングをご指導いただける指導者を、福島県内で確保できる体制は整いつつあります。

震災を振り返った時、「あの震災がきっかけでバドミントンを始めたんだ」という子供たちの中から、オリンピックでメダルを獲る選手が出るかもしれません。
その子の人生を豊かにしてくれる出会いがあるかもしれません。
簡単な事ではありませんが、これは道具をご支援いただいた方々の共通の願いだと思います。

  あと一歩。

これからバドミントン競技に出会う子供たちが、
 バドミントンン競技の楽しさを知り、
  永く競技に関わってくれることを祈りながら・・・

報告/2011_0811
    Michi_Papaこと高嶋誠司


>>>>>>>

追伸/明日からいよいよ熊本県八代市でABC大会が開幕します。

 ABC大会ホームページ

 携帯結果速報ページ

私も会場へ伺い、12日ツイバド部からお預かりしている「支援うちわ」を手渡ししてきます!!
急遽、レセプションにも参加することに・・・;;
・・・Y監督さん、お手柔らかに・・・
13日は会場にて、久しぶりにフロアからの撮影>写真手裏剣活動を実施してきたいと思います。^^




>>>>>>>>>>>>>>>>>>

被災地からの支援要請の声、全国各地からの支援提案をお待ちしています。
Banner_450.jpg  
badsien_siennokoe.jpg badsien_sienteian.jpg 

また様々なバドミントン関連情報はブログ村でもご覧いただけます。 

 (ただし、上記のブログ村へのリンクは、クリックするとランキングにカウントされます。
カウントされずにリンクする方法が分らない・・・と言うのが正直なところです・・・。
ちなみにランキングサイトの「日本ブログ村」は、私のバドミントン関連情報の収集場所でもあります。
今日現在240サイトの登録があり、こんなにまとまった数のバドミントンブログを縦覧できるのはここくらいです。
私は、ブログ開設以来、ランキングよりもその登録数や登録されたブログに興味があり、バドミントン関連ブログへのリンク集として使わせていただいています。  Michi_Papa )

日本ブログ村・バドミントン バドミントン関連ブログが多数登録しています。

blogramランキング参加中! 構成が面白いランキングサイトです。
 
Fotologue「BAD_PHOTO/羽根の行方...」 


告知!・「写真手裏剣データの引渡し(本人限定!)」2010年6月末から始めました。 

追記 : たくさんの写真手裏剣のデータ受渡し希望のメールを戴いています。データ整理後に随時送信いたしますので、今しばらくお待ちください。少しでも多くの方々へデータをお手元へお渡しできるよう、頑張ります!! 

浪江小学校・浪江中学校再開支援PJの経過報告

2011年07月30日 17:59

2011_0730  被災バドミントン選手支援の会・活動報告


「2011_0707」に皆さんに告知しました福島県浪江町教育委員会からの支援要請について、全国の支援者からのご協力で支柱(ポール)を除く用具に関しては”ほぼ”整いました。

以下へ今回の支援プログラムへご協力戴きました支援者と提供を受けました用具を記します。

 2011_0728現在

 <浪江小学校再開支援>

  ・ラケット/40本
  (佐賀県・増永様から/2本/2011_0715)
  (福岡県・西日本レディース大会にて・安部代表より/38本/2011_0710受付)
  ラケットメンテナンス ガット11本張替・グリップ20本巻替
   協力/ストリング工房(福岡県筑紫野市)

  ・シャトル/10ダース
  (福岡県・シャトルワン・平野理事長より/10ダース/2011_0720)

  ・ネット/  1面分
  (ハワイ州カウアイ島・正田代表様 /1張/2011_0708)

  ・簡易ネット/ 1セット(あと1セット募集中)

  ・得点盤/  0セット(あと1セット募集中)

  ・ラインテープ/ 0面分(あと2面分募集中)


 <浪江中学校再開支援>

  ・ラケット/40本
  (米倉加奈子プロジェクト・渡辺代表より/40本/2011_0708受付)

  ・シャトル/10ダース
  (福岡県・シャトルワン・平野理事長より/10ダース/2011_0720)

  ・ネット/  1面分
  (ハワイ州カウアイ島・正田代表様 /1張/2011_0708)

  ・簡易ネット/ 0セット(あと2セット募集中)

  ・得点盤/  0セット(あと1セット募集中)

  ・ラインテープ/ 0面分(あと2面分募集中)

_MG_2125_450.jpg 
IMG_2802_225.jpg IMG_6780_800_225.jpg DSC_0287_225.jpg 
P7200290_800_300.jpg P7100260_800_300.jpg  

 

以上の物資は、8月8日に、現地へ届けてきたいと思います。

ここでまだ不明なのが「支柱」と「コートライン」です。

2校とも、8月から二本松市から浪江町へ施設が貸し出されます。
現在まで体育館が震災時の遺留品置場として使用されていたそうです。
ですので、シートを剥がないと状態が確認できないという状況が続いていました。

8月に入り、施設が移管されましたら、詳細が判るとのことです。

 「床に支柱固定穴があるのか、無いのか。」

 「コーチラインがあるのか、無いのか。」

そもそも、支柱があるのか?無いのか?
その確認が取れ次第、皆様へご案内したい考えです。


開校予定日の8月25日まで残りわずか。
元気に2学期を新たな環境で迎える子供たちと、
バドミントン競技の新たな出会いに幸がありますように・・・


2011_0730
Michi_Papaこと高嶋誠司


>>>>>>>>>>>>>>>>>>

<若葉カップ2011開幕!!!>

2011_0829-0801
京都では若葉カップが開幕!!!

 試合結果(随時更新)  試合結果詳細(PDF)

 大会風景スナップ写真!!


 大会要項 

 栄光の記録
 
団体戦ジュニアクラブ日本一の座は、はたしてどのチームに?!!^^

2011_0730
情報:Michi_Papa


>>>>>>>>>>>>>>>>>>

被災地からの支援要請の声、全国各地からの支援提案をお待ちしています。
Banner_450.jpg  
badsien_siennokoe.jpg badsien_sienteian.jpg 

また様々なバドミントン関連情報はブログ村でもご覧いただけます。 

 (ただし、上記のブログ村へのリンクは、クリックするとランキングにカウントされます。
カウントされずにリンクする方法が分らない・・・と言うのが正直なところです・・・。
ちなみにランキングサイトの「日本ブログ村」は、私のバドミントン関連情報の収集場所でもあります。
今日現在240サイトの登録があり、こんなにまとまった数のバドミントンブログを縦覧できるのはここくらいです。
私は、ブログ開設以来、ランキングよりもその登録数や登録されたブログに興味があり、バドミントン関連ブログへのリンク集として使わせていただいています。  Michi_Papa )

日本ブログ村・バドミントン バドミントン関連ブログが多数登録しています。

blogramランキング参加中! 構成が面白いランキングサイトです。
 
Fotologue「BAD_PHOTO/羽根の行方...」 


告知!・「写真手裏剣データの引渡し(本人限定!)」2010年6月末から始めました。 

追記 : たくさんの写真手裏剣のデータ受渡し希望のメールを戴いています。データ整理後に随時送信いたしますので、今しばらくお待ちください。少しでも多くの方々へデータをお手元へお渡しできるよう、頑張ります!! 

新たな支援要請が届きました。

2011年07月07日 13:22

2011_0707 新たな支援要請と、活動に対する私の考え
2011_0711 浪江町立浪江小学校への支援要請を追記しました。

既に支援要請の掲示板へ記載しておりますが、あらためて全国の有志の皆さまへこの場を借りてお伝えします。

それは放射線被害で避難し、生徒が避難先でバラバラになってしまった小・中学再開へ準備を進めている福島県浪江町教育委員会からの支援依頼です。

この話は、6月24日、福島集積地担当者へ直接電話にて相談がありました。

同日、被災地域の現状を把握する為に福島への移動中だった私は、数日間現地の状況を見て、浪江町の担当者の方へ直接連絡を取り、話を伺いました。
以下、その内容です。

>>>>>>>>>>>>>>>>>

2011_0630
<浪江町教育委員会係・スクモト先生からの依頼>
>受付・福島集積地・金澤担当
>>福岡代表・高嶋にてヒアリング

依頼者:浪江町役場(本所)
     教育委員会係・スクモト先生

「浪江町は町の全域が原発から20km圏内の警戒区域に位置し、住民は福島県では二本松市、福島市、いわき市へ避難しています。
 県外への避難者も多く、子供達もそれぞれの避難先の学校へと転入し、就学している状況です。

 しかし、一部の子供達は、いまだに就学環境を得ていない状況です。
 加えて、避難生活の長期化で心のケアが必要な子供達も増えており、町として仮設住宅の多くが建設中の二本松市内に立地する廃校を借り受け、二学期(8月25日)から小人数にはなると思われますが、浪江中学校を再開すべく、準備を進めているところです。

 その際、放射線の影響を考慮し、屋内で可能な授業トレーニングの一つとしてバドミントン競技を実施し、子供たち同士のコミュニケーションを育み、心のケアに活用する事を検討いたしております。

 人数は現時点では未定ですが、おそらく30人程度です。

 その為の道具のご支援を賜りたく存じます。
 
  <必要としている用具数>
   
   30人分の用具
   ・ラケット/30~40本
   ・シャトル/10ダース
   ・ネット/1面分 
   ・ポール/1セット
   (現時点では使用予定の体育館の状況が不明です。)
   ・状況に応じて簡易ネット/1面分(2セット)
   ・得点盤/1セット
   ・ラインテープ
   など。

宜しくお願いします。(スクモト先生) 」

2011_0711 追加要請

「浪江町立浪江小学校に関しても、上記と全く同様の状況です。
 学校再開の場所が別れますので、小学校、中学校それぞれに用具が必要です。

 30人分の用具(教材目的)のご支援を、よろしくお願い申し上げます。

  <必要としている用具数>
   浪江中学校
   30人分の用具
   ・ラケット/30~40本
   ・シャトル/10ダース
   ・ネット/1面分 
   ・ポール/1セット
   (現時点では使用予定の体育館の状況が不明です。)
   ・状況に応じて簡易ネット/1面分(2セット)
   ・得点盤/1セット
   ・ラインテープ
   など。


 浪江町教育委員会・スクモト先生」


>>>>>>>>>>>>>>>>>
 
<私が考える本件の意味>

福島県をはじめ被災県では、被災地を離れ仮設の学校にて就学確保を行っています。
しかし、徐々に学校再建の動きも出始めています。

そんな中で、浪江中のケースは、放射線の影響が心配される屋外活動を出来るだけ控えたい状況にあって、屋内で可能なバドミントン競技を採用されている事が今回の要請のポイントです。
( ご存知かと思いますが、福島県の中通り地区の多くの学校では、子供達は暑い日でも窓を閉め切り、汗だくで授業を受けています。)

 「震災によってバドミントンから離れる子供達」がいる一方で、
  「震災を機にバドミントンをスタートする子供達」もいる。


おそらく、今後、同じような移転地での学校再開の動きが、被災県のあちこちの学校で出てくることだと思います。
浪江町から上がった声は、その最初の声だと感じます。

7月5日、浪江町のホームページにて、学校再開のアナウンスが正式に公開されましたので、ここに皆さまからの支援を呼び掛けたいと思います。


<被災バドミントン選手支援の会(バドッ子支援の会)として>


これまで通り、被災地の声に応じた活動を展開してゆきます。
我々の活動は、助けてほしい!という被災者の「点」と、
助けてあげたいという支援者の「点」とを結びつける事です。
協会などが展開する組織による「面」的な支援の在り方とは、当然ですが出来ること、規模も違います。
しかし、柔軟性を持った即応性こそ、僕らが被災地へ出来る唯一の活動だと感じます。

本来は浪江町の要請は、それをサポートする競技団体や国のすべき事かも知れません。
しかし、今日現在、国や自治体、協会組織において、今回の様な個別の事案を丁寧にサポートできる状況ではない事は、メディアを通じてだれもが知るところです。

「公」や「個人」などの壁を取り払ったところでしか、即応性のある支援は無い事を、今回の福島訪問で強く実感しています。

以上、ご理解を戴ける有志の皆さま、以下の方法でご支援を賜りたく存じます。

 1.用具支援は「立候補制」
   要請があった用具について「提供します!」と手を上げて戴ける個人の方、団体の皆さまは、
   「メール」もしくは「支援要請掲示板・返信欄」にてご連絡ください。
   用具の過不足、重複の無いようにバドッ子支援の会にて調整いたします。

    ・メールアドレス  michi_papa_2008@yahoo.co.jp 高嶋まで
    ・支援要請掲示板「浪江町立浪江中学校の2学期再開へ向けて」スレッドへ返信 

    要請された用具リスト(2011_0711追加要請)
    小学校・中学校合わせた必要用具の総数
    ・ラケット/70~80
    ・シャトル/20ダース
    ・ネット/セット
    ・支柱/セット(体育館の状況を確認中)
    ・ラインテープ/セット
    ・得点盤/セット
   (・状況に応じて簡易組立式ネット/コート分)


 2.用具は最寄りの集積地へ送付願います。

   ご支援戴きます用具についてはこれまで通り、最寄りの集積地へ送付願います。
   ただし、一般への支援戴いている物資と区別する為に、
   送付の際の箱書に「浪江中学校再開支援」と明記ください。

 補足説明 : 
  <支柱(ポール)の仕様について>
   現在、移転先の施設が町民の方々の遺留品の保管場所として
   使用されている為に、シートを剥いで確認する事が出来ない状況だそうです。
   支柱については施設の状況で固定なのか、移動式なのか、
   仕様が大きく変化しますので、施設の状況が分かり次第、
   再度お知らせしたいと思います。
   ご理解を賜りますよう、お願い申しあげます。

  <手元にお預かりしています用具について>
   現在、集積地にて仕分け中の用具の中から、提供者の了解を得られた物資に
   つきましたは、被災地学校再開支援の用具として、被災校へ支援させて戴きたいと
   存じます。
   用具提供者の皆さまには、あらためましてご連絡致したいと存じます。
   (高嶋)


今回の支援は、これまでの「個」と「個」を結ぶバドッ子支援の会の活動とは明らかに意味が異なります。
より大きな「組織・連盟」と「浪江町」とを結ぶ意味から、競技団体等への働きかけもバドッ子支援の会では行ってゆきたい考えです。
今回の浪江町のケースは、今後の被災地の学校では増えてくるであろう動向の一つで、それを支える支援体制づくりが競技団体である体協・各地のバドミントン協会に求められているように感じます。
私たちの今回の試みはその切っ掛けを創る事です。

 残念なことに震災の為にバドミントンを離れざるを得ない選手もいますが、
 新たにバドミントンに出会う子供達もいる!


 ・・・この状況を、どうか支えてください。

 バドミントン愛好者個人のみならず、各地の協会、団体、メーカー様からの
 ご支援を宜しくお願い申し上げます。

2011_0707・七夕

被災バドミントン選手支援の会
代表・高嶋誠司( Michi_Papa )

追記:
岩手、宮城、福島から避難し、避難先で競技環境が得られていない選手たちがまだまだ沢山います。
学校や協会などの支援のネットワークに保護されている選手たちへの支援は、充足の声があちこちで上がっていますが、支援団体へのパイプを持たない避難先の子供達の数の方が圧倒的に多い状況です。

 「バドミントンをプレーする事を諦めないでほしい。」

そういう思いと一緒に、ラケット1本だけでもいいから、その選手のもとへ届けてあげたい。
周りに、そんな選手たちをご存知の方が居られましたら、ご連絡ください。
各、県協会への連絡と、用具に乗せた全国のバドッ子達のエールを届けてあげたいと思います。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>

被災地からの支援要請の声、全国各地からの支援提案をお待ちしています。
Banner_450.jpg  
badsien_siennokoe.jpg badsien_sienteian.jpg 

また様々なバドミントン関連情報はブログ村でもご覧いただけます。 

 (ただし、上記のブログ村へのリンクは、クリックするとランキングにカウントされます。
カウントされずにリンクする方法が分らない・・・と言うのが正直なところです・・・。
ちなみにランキングサイトの「日本ブログ村」は、私のバドミントン関連情報の収集場所でもあります。
今日現在240サイトの登録があり、こんなにまとまった数のバドミントンブログを縦覧できるのはここくらいです。
私は、ブログ開設以来、ランキングよりもその登録数や登録されたブログに興味があり、バドミントン関連ブログへのリンク集として使わせていただいています。  Michi_Papa )

日本ブログ村・バドミントン バドミントン関連ブログが多数登録しています。

blogramランキング参加中! 構成が面白いランキングサイトです。
 
Fotologue「BAD_PHOTO/羽根の行方...」 


告知!・「写真手裏剣データの引渡し(本人限定!)」2010年6月末から始めました。 

追記 : たくさんの写真手裏剣のデータ受渡し希望のメールを戴いています。データ整理後に随時送信いたしますので、今しばらくお待ちください。少しでも多くの方々へデータをお手元へお渡しできるよう、頑張ります!! 

南相馬市へ行ってきました。

2011年06月30日 03:17

2011_0625-28 福島県相双地区へ
2011_0704 相双地区の高校バド部の状況追記


4月から「被災バドミントン支援の会」としての活動をスタートし、これまで多くの被災地からの情報が寄せられました。
当初は「ラケットが流出して失った。」「ウエアが買えない。」「使えるものならどんな道具でも戴きたい」・・・
そんな声が蔓延していた状況でした。

しかし、この6月に入ってからは、ラケット等の用具の支援も多数の団体の支援活動を通じて行きわたりつつある・・・という状況にあります。
特に地震被害、津波被害により多大な傷を負った岩手県、宮城県においては、まだスタートしたばかりではありますが、支援の窓口として頑張ってくれている方々の声は一様に明るさを取り戻し、力強さを日々増している事を感じます。
力強い復興への足並みが聞こえてくるようです。

ところが、ここにきてもなお、地震被害、津波被害だけでなく原発の「放射線被害」の3重苦に見舞われた被災地の福島県相馬地区、双葉地区、いわき地区では、先の見えない放射線被害により避難生活を強いられる多くの方々が県内外へ散らばり、中でも原発が立地する双葉地区8町村では、学校はおろか、町全体がいつ終わるとも知れぬ避難状態にあり、復興へのスタートラインにもたどり着けないもどかしさを感じながら耐えている、他の被災地とは違う、時間と共に広がる大きな傷を感じずには居れません。

そして、バドミントン競技においても「物資不足」から「練習環境」へと問題点が変化し始めた他の被災地にあって、全く情報が入ってこずに、ある日「物資不足」の声が届いたのは、相双地区の南相馬市のバドッ子のパパさんからでした。

活動が新たな段階へと変化している昨今、もっとも足並みが遅れている福島県の原発被害のエリアへの現地調査。
これが今回私が福島県へ訪れた第一の目的です。

今回の訪問で、25日に鹿島中で練習する原町第二中・原町第三中のバド部へ、27日に鹿島小で活動する原町第一中学校へ、全国から届けられた物資を届けに行ってきました。

<地震被害・津波被害・放射線被害の
       3重苦を抱えるエリア・南相馬市>


地震・津波に加え「放射能」に苦しむ地域の最前線とも言うべき地域の一つが原発の北部に位置する相馬地区の南相馬市です。
南相馬市は今回の放射線被害で4つのエリアに分断されました。

hinannkuiki_455.jpg 

もっとも南に位置する小高中は福島第一原発から15km。「警戒区域内(20km圏内)」として避難勧告を受ける地域です。
原町第一・第二・第三中が位置するエリアは20~30km。「緊急時避難準備区域」として、屋外での活動を制限されるものの、現時点では自宅での生活ができる地域です。(政府の避難指示がないもっとも曖昧なエリアです。)
そして原発から約31~32km地点に位置する鹿島中学校・鹿島小学校。この30km圏外のエリアは、生活や日常活動の為の制限を受けないエリアです。
一部、ホットスポットとして被害を受けた高線量地区の飯舘村に隣接するエリアは「計画的避難区域」と呼ばれ、先日、全住民の避難指示が報道された地域です。
多くの市民は圏外へ避難したり、北の鹿島地区に建設中の仮設住宅に避難していますが、緊急時避難準備区域の住民多くはいまだに自宅での生活を継続しています。

<毎日の通学はバスで鹿島中、鹿島小へ>

南相馬市の小・中学校は、原発からもっとも離れた市域の北に位置する鹿島地区まで、自宅から一旦各学校へ集合し、バスで30分の鹿島中・鹿島小学校で学校活動を行っています。

鹿島中学校には小高中・石神中・原町第二中・原町第三中が身を寄せており、5校が教室をそれぞれ学校単位で間借りし、それぞれの校時で授業が行われ、15時~16時の間に、またそれぞれの中学校へとバスで移動し、緊急準備避難区域にある自宅へと帰宅する生活を送っています。
fukusima_0625-27_036_337.jpg fukusima_0625-27_029_337.jpg  
福島市から現地(鹿島中学校)まで案内してくれたM先生。久しぶりの再会に思わず握手!・・でした。^^

鹿島小学校の体育館を借用し、学校機能を体育館に集約した原町第一中学校ですが、震災前の人数の約半分の子供達がここで学校生活を送っています。
それでも全校生徒で226名の大所帯の第一中。体育館を簡易間仕切で教室を創り、照明を新設し、学校活動を維持しています。
  
fukusima_0625-27_063_682.jpg 
この様な状況は、被災県の岩手や宮城県でも見られますが、南相馬市が他地域と違う事は、屋外での活動が一切できないという事です。
その結果、付近の使用可能な体育館は多くの部活動が週に1回、1時間程度の時間しか使用できません。

体育館が使用できる部活の日は、バスで帰宅出来なくなりますので、原則は自宅からのお迎えが無い生徒は部活動への参加すらできないそうです。

<週に1回。3校でコート3面を1時間
       ・・・それが現在の状況です。>


体育館は3面を3校のバド部が犇めきあって使用していますので、コートに入れるのは試合を控えた選手たちのみ。
多くの選手はコート外での素振り等を「体育館の中」で行っているそうです。
震災前は部員も1校当たり50~60人は居たのですが、今ではそれぞれ20名程度。
バスの問題で活動できるのはそのうち12~15名程度。
3年生でも活動できない選手たちが沢山いるとか・・・。

そして体育館の使用できる日は週に1日だけ。

「他の日は屋外での活動も出来ませんので、部活動は無し。
バスの時間に合わせて帰宅・・・当然、自宅での練習も出来ない。
そんな生活が南相馬の殆どの子供達の状況です。」

原町2中の小林先生は言葉を詰まらせます。

ある中学のキャプテン(3年生男子)の言葉です。
「一番つらいのは、一緒に頑張ってきた仲間が半分以下に
 減ってしまった事。
 練習も、震災前は6面のコートで毎日のように思う存分、
 コートで羽を打つ事ができたが、
 震災後は殆ど羽を触る事も無く、つい最近になってようやく
 週1回だけ、部活で羽を触る事ができるようになった。
 いままで当たり前だと思っていた事が当たり前でない事に
 気づかされた。
 今は、少しだけ以前のようなプレーができるようになって
 きたので、それが楽しい。^^」

言葉がありませんでした。

貴重な練習時間の後、持参した用具を素早く配布させて戴きました。
fukusima_0625-27_046_337.jpg fukusima_0625-27_047_337.jpg 

なかなか気に入った物が無かったのでしょう。。。
弾けるような笑顔はありません。
しかし、僕に気遣い、笑顔で「有難うございます!」とお礼を述べてくれる子供達。

 ・・・子供に気を遣わせるような状況ではまだまだだ・・・

この子達に手放しの笑顔が戻る為に、何ができるのか・・・
大きな課題を突き付けられた気持ちでその日は会場を後にしました。

今回の訪問で、平日にもかかわらず、仕事の合間に学校へ案内役として駆けつけてくれたのは紺野さんです。
彼は、様々な南相馬市の状況を一つづつ説明してくれました。
物資の配布や必要としている物資が何なのか・・・
様々な現地の子供達の声を代弁してくれます。
地域に根差した熱心な愛好家の思いに心から感謝したいです。
紺野さん、ありがとうございました。

fukusima_0625-27_068_337.jpg fukusima_0625-27_067_337.jpg 

今回、南相馬市へは福島市から国道114号線で川俣村~県道12号線で飯舘村を抜けて原町~鹿島区へと入りました。
このルートは、先日避難指示が出た高線量地区を通過します。
南相馬へのルートは意外に少なく、現地ではこのルートがもっとも重要な幹線として機能しています。
しかし、他県のように災害復旧の為の車は少なく、すれ違うのは一般車両に交じりパトカー等の警察車両が殆どでした。

南相馬市へは25日と27日の2度訪問し、多くのバドミントン関係者の情報を得ることができました。

南相馬市の沿岸地区は、宮城や岩手同様に津波被害を受けています。
避難校の鹿島小のすぐ近くまで津波は押し寄せ、多くの家屋が流されたそうです。

fukusima_0625-27_071_455.jpg fukusima_0625-27_072_455.jpg fukusima_0625-27_070_675.jpg 


<より深刻な双葉地区の現状>
ちなみに双葉地区鷲尾村・浪江町・双葉町・大熊町・富岡町・楢葉町・広野町・河内村)の8町村はそのほとんど全域が警戒区域(20km圏内)に位置する為に、現地で生活するものはおらず、町民の殆どは50km圏外の避難先で生活している状況です。他県へ身を寄せた避難者も多く、県内外の住民情報を把握する事に尽力しています。

私が現地で得る事ができた情報は以下のとおりです。

 上記の8町村ののうち、バド部を有する中学校は浪江中、大熊中、楢葉中、広野中、富岡第一中の5校。

  ・浪江中バド部>>部員が多地区へ離散し、事実上実態が無い状況。
    浪江町>現在、二本松市が拠点。
   バド部の顧問の先生は猪苗代中へ赴任とのこと。

  ・大熊中バド部>>
   会津若松市にて大熊中として存続。
   部員は1/3程度へ減ったものの、新入部員を迎え、会津地区で中体連予選に参加。
    大熊町>現在、会津若松市が拠点

  ・楢葉中バド部>>
   避難先の会津美里の新鶴中にて数名が活動中。
    楢葉町>会津美里町が拠点

  ・広野中バド部>>
   いわき市の福島高専へ避難。
   4名ほどの部員が活動するも、中体連への出場を辞退。
   「全員で再会できるまで、自分たちだけ試合へ出る事はしたくない。」
   という選手たちの思いからの決断だったそうだ。
   彼らの競技再開へ向けて出来る支援は何なのか・・・
   諦めないでほしい。
    広野町>現在、いわき市が拠点

  ・富岡第一中バド部>>
   猪苗代町にて集団で避難生活、活動を継続中。
   学校の生徒は全員が他校へ転校・転出している状況。
   町民の多くが郡山市をはじめ、福島市、いわき市、会津若町、三春町・・・と多地区へ離散。
    富岡町>現在、郡山市・三春町が拠点
   
  他にバドミントン部関連の情報をご存知の方からの情報提供をお願いします。
   michi_papa_2008@yahoo.co.jp まで

 
福島県小学生連盟では6月25日~26日に、恒例の強化練習会が裏磐梯の小・中学校体育館及び自然環境活用センター体育館を使用し実施された。
会場へと足を運び、協会の方々と小学生の被災状況について話を伺った。

ジュニアチームは以下の通り。

 <双葉地区>
  ・富岡スポ-ツ少年団>>
   町民の離散に伴い、活動休止。

 <相馬地区> 
  ・ひばり野ジュニア>>
   南相馬市にて活動を再開。
   アルプス電気の体育館等で活動を検討中。
   殆どの部員は多地区へ避難する中で、松岡監督が奮闘中。

  ・相馬シャトルズ>>
   相馬市で活動継続中。

会場では、チビッ子たちが前日に東北大会を終えたばかりの富岡高校の選手たちを相手に、練習が実施された。
二日目には元ヨネックス監督の栂野尾による指導も行われ、被災後に練習できない状況が続いた子供達にとってコートの中で思いっきり楽しい汗をかいた2日間だった。
また、震災後に連絡が取れずにいた高上ママさんにも無事、再会できました。
パパさん、ママさんの元気な姿に安堵しました。^^

fukusima_0625-27_027_337.jpg fukusima_0625-27_024_337.jpg fukusima_0625-27_026_455.jpg 

また、夜は小学生連盟の宗像会長をはじめ、福島県の様々な指導者の方々とお話をさせて戴き、有り難い機会を得ました。


<相双地区の高校バド部は11校が被災>

高校生の被害状況を調査すると、以下の実情が分かりました。

相双地区で活動していた高校バドミントン部は、全部で11校。
うち1校が私立、10校は公立高校です。

唯一の私立高校である松栄高校バド部は南相馬市原町に立地し、現在は活動休止の状況とのことです。

公立高校10校のうち7校サテライト方式の就学形式を県下4か所で実行中。
3校は被災校を受け入れながら、自校での就学及び部活動を継続中です。

しかし、震災前には300名を越えた同地区の高校バドミントン選手達ですが、現在は約80名程度が活動しているのみ
200名以上の選手たちは地区外へ避難、あるいは転校し、その後の活動の状況は分かりません。
各被災校の状況を以下へまとめました。

 ・松栄高校バド部>>活動休止

 ・相馬高校バド部>>自校で活動継続
  相馬農業高校をサテライトとして受入。

 ・相馬東校バド部>>自校で活動継続
  
 ・新地高校バド部>>自校で活動継続

 ・相馬農業高校バド部>>相馬高校にてサテライト
  数名の部員が活動を継続中。
  校時の関係から30分の体育館使用という状況

 ・相馬農業飯舘分校バド部>>福島市県教育センターへ
                     現在は活動休止

 ・小高工業高校バド部>>相馬東高校へサテライト

 ・小高商業高校バド部>>福島商業にてサテライト

 ・原町高校バド部>>福島西高校にてサテライト

 ・富岡高校バド部>>猪苗代高校にてサテライト
               避難生活をしながら活動継続

 ・双葉高校バド部>>いわき高校にてサテライト
               現在、活動休止   

一様に各校バド部への物資は何とか充足しているとのこと。
心配なのは、半数以上の多くの選手たちが避難し、避難先での活動状況が分からない事。
苦しいなりにも受け入れ校にて活動を継続する者はサポートを受けられますが、震災後、活動を辞めてしまった選手も多く、それらの選手の競技再開へのサポートが難しいのが現状です。

>>レポート2へつづく>>



>>>>>>>>>>>>>>>>>>

被災地からの支援要請の声、全国各地からの支援提案をお待ちしています。
Banner_450.jpg  
badsien_siennokoe.jpg badsien_sienteian.jpg 

また様々なバドミントン関連情報はブログ村でもご覧いただけます。 

 (ただし、上記のブログ村へのリンクは、クリックするとランキングにカウントされます。
カウントされずにリンクする方法が分らない・・・と言うのが正直なところです・・・。
ちなみにランキングサイトの「日本ブログ村」は、私のバドミントン関連情報の収集場所でもあります。
今日現在240サイトの登録があり、こんなにまとまった数のバドミントンブログを縦覧できるのはここくらいです。
私は、ブログ開設以来、ランキングよりもその登録数や登録されたブログに興味があり、バドミントン関連ブログへのリンク集として使わせていただいています。  Michi_Papa )

日本ブログ村・バドミントン バドミントン関連ブログが多数登録しています。

blogramランキング参加中! 構成が面白いランキングサイトです。
 
Fotologue「BAD_PHOTO/羽根の行方...」 


告知!・「写真手裏剣データの引渡し(本人限定!)」2010年6月末から始めました。 

追記 : たくさんの写真手裏剣のデータ受渡し希望のメールを戴いています。データ整理後に随時送信いたしますので、今しばらくお待ちください。少しでも多くの方々へデータをお手元へお渡しできるよう、頑張ります!! 

南相馬市から届いた1枚の写真

2011年06月23日 00:21

2011_0622

先日、用具収集を実施した「裏磐梯合宿」へ、福島県でも多くの方々が避難生活を余儀なくされている「相双地区」の子供達が参加する事を現地の有志関係者から知らされた。
早速、仕分け途中だった手元の用具を一旦福島県内の集積地へ送付し、現地で手渡しして戴いた。
主に、中学生向けの用具を中心に、ラケットやゲームシャツといったものをヨネックス社の一番大きな段ボール箱に詰め込んで送付したのだが、本日手元へ送信されてきた写真を見て愕然とした。

fukusima_0622_01_455.jpg 

それは、集まったバドッ子達の人数の多さだ。
60人は写っているだろうか・・・
鹿島中、原町第一中、原町第二中、原町第三中
原町第一中のバドッ子はこの中には写っていないとのこと。
これだけの人数では、今回送付した用具ではラケットを含めて、とても足りない事は写真からも一目瞭然。

まだまだこの様な状況のバドッ子達があちこちに居るのだと思うと、力不足を痛感する限り。
本当に申し訳ない。

それでも、「ありがとう」の横断幕を作って、写真に向って明るい笑顔をくれた沢山の子供達。
一人一人の笑顔に、活動有志の皆がどれだけのエネルギーを得た事か。
福島担当のKさんが声を震わせながら「まだまだこれからです!」と鼓舞してくれた。
電話口で二人して思わず涙した。

みんな自宅を離れ、避難先での就学と先の見えない避難生活。
練習なども全くできない状況だそうだ。

今回手渡しした物資では全員分にはとても足りないので「1・2年生にまず配布し、3年生には我慢してもらった」とのこと・・・
しかし、来週には相双地区の予選会があるらしい。
練習もままならないが、当然、用具が無くては戦えない。

よし!わかった!

今週末、車に現在仕分け中の物資を積み込んで、南相馬市へ道具を届けに行きます!

まだまだ道半ば。
これからいくつもの問題や障害を乗り越えていかなければならないバドッ子達が沢山いるのです。


皆さんのお力添えを宜しくお願い致します!

2011_0622
Michi_Papaこと高嶋誠司


>>相双地区の相双とは相馬市の「相」と双葉郡の「双」の意味で、新地・相馬・南相馬・双葉・浪江・大熊・富岡・楢葉・広野等の原発の立地する太平洋へ面する福島浜通り地区を指す地域名です。
 相双バドミントン協会

>>>>>>>>>>>>>>>>>>

被災地からの支援要請の声、全国各地からの支援提案をお待ちしています。
Banner_450.jpg  
badsien_siennokoe.jpg badsien_sienteian.jpg 

また様々なバドミントン関連情報はブログ村でもご覧いただけます。 

 (ただし、上記のブログ村へのリンクは、クリックするとランキングにカウントされます。
カウントされずにリンクする方法が分らない・・・と言うのが正直なところです・・・。
ちなみにランキングサイトの「日本ブログ村」は、私のバドミントン関連情報の収集場所でもあります。
今日現在240サイトの登録があり、こんなにまとまった数のバドミントンブログを縦覧できるのはここくらいです。
私は、ブログ開設以来、ランキングよりもその登録数や登録されたブログに興味があり、バドミントン関連ブログへのリンク集として使わせていただいています。  Michi_Papa )

日本ブログ村・バドミントン バドミントン関連ブログが多数登録しています。

blogramランキング参加中! 構成が面白いランキングサイトです。
 
Fotologue「BAD_PHOTO/羽根の行方...」 


告知!・「写真手裏剣データの引渡し(本人限定!)」2010年6月末から始めました。 

追記 : たくさんの写真手裏剣のデータ受渡し希望のメールを戴いています。データ整理後に随時送信いたしますので、今しばらくお待ちください。少しでも多くの方々へデータをお手元へお渡しできるよう、頑張ります!! 

[ 続きを読む ]

支援者の皆さまへ。沢山のお礼の手紙が届いています。

2011年06月15日 23:07

2011_0615 バドッ子支援の会・活動報告


4月22日に被災地からの一通のメールのSOSを受けてから、用具の支援を全国へ募り、沢山の方々からラケットをはじめウエアやシューズ、Tシャツ、シャトル・・・
沢山の物資をお預かりし、被災県である岩手・宮城・福島の3県に全7か所の受け入れ窓口を設置し、物資の送付を行っております。
まだまだ道半ばではありますが、各団体からのまとまった物資支援の申し出もあり、これまでお送りした主な用具の総数は以下の通りです。

<2011_0615現在>
 ・ラケット/130本+39本(送付準備中)
 ・ウエア/ 342着+78着(送付準備中)
 ・短パン・スコート/ 225着+42着(送付準備中)
 ・シューズ/ 63足+37足(送付準備中)
 ・Tシャツ(練習着)/ 425着+141着(送付準備中)
 その他お預かりしました新品の靴下やノック球、グリップテープやタオル、
 冬を迎える前に必要なウォームアップやトレーナー・・・様々な道具の数々


詳細は「支援の要請・掲示板」にて、スレッドにて支援者と送付先がわかるように随時追記していますので、一度ご覧ください。
 バドッ子支援の会/支援の要請・掲示板

全国5か所の有志でお手伝いいただいている各「集積地」の担当者にて、一つづつ検品しながらサイズごとに集計し、大きなサイズは高校生へ、小さいサイズジュニアへ・・・と、送付先を選別しながら、活動を継続しています。

また、集積地の有志担当者のみなさんは、もちろんボランティアで立候補してくれた方々です。
仕事や練習(指導)の合間に、夜の睡眠を削って手伝ってくれています。
お預かりした大切な物資皆さんの思い(メッセージ)を、必要としている被災地のバドッ子たち「必要としているタイミング」に間に合うように・・・・と、頑張ってくれています。

 活動有志の皆さん、本当に・・・本当に有難うございます。

そんな中で、6月に入り被災地の方々のお礼のメッセージが沢山届いています。
あくまでボランティア活動ですので、それを望んではいませんし、望んではならない事を解っていて始めたこの活動ですが、そのような被災地からの言葉を戴いた時はさすがに元気が出ます。^^

戴いた方からの了解を得て、アドレスの判る支援戴いた方々へのみ、メールにて画像や写真を送付し、随時ご報告させて戴いております。

その中で、ブログでの紹介を快諾戴きましたジュニアチームのお手紙を、支援者の皆さまへこの場を借りてご紹介させていただきます。

>>>>>>>>

2011_0615
<宮城県・田子ジュニアの皆さまから>

IMG_2083_270.jpg tqgo_jr_2011_0611_01_270.jpg 

被災バドミントン選手支援の会
代表 高嶋誠司 様


 この度は東日本大震災に際し貴会から多大なるバドミントン関連物資を
お送りいただき誠に有難うございました。
 全ての選手が被災地の仙台市宮城野区に在住しておりましたが、
幸い田子ジュニアバドミントンの選手・父兄に人災はありませんでした。
一方、半数の選手の家屋は全壊や床上浸水で被害を受け、避難所生活を
余儀なくされておりましたが、現在は自宅の修理や転居等で普通の生活に
戻りつつあります。
しかし、連日余震が続き、揺れるたびにメンタル面での対応が心配な今日この頃です。

 お陰様で、5月の連休明けから小学校の体育館が使用でき、声を出して元気に練習に
励んでおり、目標の全国大会出場を目指し頑張りたいと思います。
 選手のラケット、ウエア、短パン、シューズ、ラケットバッグ等は悪臭で使用できず、
物資が届けられた時には歓声を上げて自分に合うサイズを探し、喜んでおりました。
 配布した際の選手の喜んでいる写真とお礼の色紙を同封いたしましたので
お受け取りください。
 近況をご報告し御礼とさせていただきます。
 有難うございました。

平成23年6月14日
田子ジュニアバドミントンクラブ
監督 湯村治夫

>>>>>>>>>>>>

湯村監督、こちらこそありがとうございました。
逞しい元気な子供達の声は、支援してくれている全国のバドッ子たちへと伝わっていると思います。

僕らの活動は「単なるモノ」を被災地へ運ぶ活動ではありません。

被災地を思う、支援してくれているバドッ子たちの思いや声を、道具へ乗せて届けること。
それが大切なことだと考えています。

それは大切な道具を預けてくれた方々の、新たなオーナーへの橋渡しと同時に、いつかどこかで同じコートに立つ事になるかもしれない同世代のバドッ子たちの出会いを大切にしたいという思いからです。

ある被災県の家族を失った高校生からの手紙に書かれていた言葉です。

「この環境の中でバドミントンができる喜びを感じながら
  ご支援くださった用品を大切に使って行きたい・・・」

これからも、つらい思いをしている被災地のバドッ子へ、全国の元気を届けてあげたいです。

夏物の用具に関しては、大量に送る段階はもうじきに一旦の終息をみると感じます。
これからはさらに一歩進んで、
「避難先で道具が無くて困っている・・・」
そんな一人でも多くのバドッ子たちへ思いを届けなければと感じています。

活動はまだ始まったばかりです。

これからも全国の有志の皆さんのお力を微力な私へお貸しください。
宜しくお願い致します。

2011_0615
被災バドミントン選手支援の会
代表 ・ 高嶋 誠司

>>>>>>>>>>>>>>>>>>

被災地からの支援要請の声、全国各地からの支援提案をお待ちしています。
Banner_450.jpg  
badsien_siennokoe.jpg badsien_sienteian.jpg 

また様々なバドミントン関連情報はブログ村でもご覧いただけます。 

 (ただし、上記のブログ村へのリンクは、クリックするとランキングにカウントされます。
カウントされずにリンクする方法が分らない・・・と言うのが正直なところです・・・。
ちなみにランキングサイトの「日本ブログ村」は、私のバドミントン関連情報の収集場所でもあります。
今日現在240サイトの登録があり、こんなにまとまった数のバドミントンブログを縦覧できるのはここくらいです。
私は、ブログ開設以来、ランキングよりもその登録数や登録されたブログに興味があり、バドミントン関連ブログへのリンク集として使わせていただいています。  Michi_Papa )

日本ブログ村・バドミントン バドミントン関連ブログが多数登録しています。

blogramランキング参加中! 構成が面白いランキングサイトです。
 
Fotologue「BAD_PHOTO/羽根の行方...」 


告知!・「写真手裏剣データの引渡し(本人限定!)」2010年6月末から始めました。 

追記 : たくさんの写真手裏剣のデータ受渡し希望のメールを戴いています。データ整理後に随時送信いたしますので、今しばらくお待ちください。少しでも多くの方々へデータをお手元へお渡しできるよう、頑張ります!! 

ABC大会福岡県予選会にて用具収集を実施!

2011年06月06日 18:58

2011_0604 北九州市若松体育館にて
2011_0606:追記「青森県小学生連盟・絆バドミントン要項申し込み書」データ
2011_0607:追記「ABC大会福岡県予選会の結果掲載」

先日、このブログにて告知していました収集実施大会のうち、「1-青森県小学生連盟強化練習会」と「2-ABC大会福岡県予選会」の2つの会場での収集実施が終えました。

事前の告知を見てくれているという事で「大きめのシューズやゲームシャツ」、「Tシャツ・靴下」等に加え、奇麗にサイズ別に包装までして戴いたものまで・・・・
皆さんの配慮に、心から感謝申し上げます。

IMG_0200_225.jpg IMG_0290_225.jpg IMG_0206_225.jpg 
IMG_0304_225.jpg IMG_0297_225.jpg IMG_0295_225.jpg 
IMG_0195_450.jpg 
会場では、独りでパニックになりそうな私に「手伝いましょう!」と、実に多くのパパ、ママさん方がお手伝いくださいりました。
有難うございました。
また、会場では「被災地の友達へ!」と、バドッ子たちが沢山のメッセージを預けてくれました。^^

テーブルに輝く「NPO被災バドミントン選手支援の会」のバナーは、佐賀の友人・Y監督からの贈り物です。
会場では「これ、創ったの??」とか「どうしたの?!」とか・・・・
知人からのお声がけは「バナー」の話題に集中しました。

デザイン製作者のINDYさん、よしもとりえさんも会場でお話しできましたが、大事な予選会の会場という事もあり、まずは指導者としてのお仕事がメイン!
ゆっくりお話出来ずに残念でした。^^;
また、会場でお会いしましょう。

<大会の結果について>
肝心な大会の結果は以下の通り!!
例年は、こちらをレポートする事がメインなのですが、今年は午前中は殆ど試合を観ることができませんでした。
県協会へお送りした写真データは、各カテゴリーの決勝戦へ進出したファイナリストです。
決勝戦ではいずれも手に汗を握る熱戦が展開されました。^^

 ABC大会・福岡県予選会結果

 福岡県協会HP結果掲載ページ

 スナップ写真(福岡県協会HP内)

以下の写真は、激戦を制した選手たちです。八代市で開催される全国大会での活躍を期待しています!

IMG_0441_225.jpgIMG_0418_225.jpgIMG_0399_225.jpg 
IMG_0792_225.jpgIMG_0648_225.jpgIMG_0402_225.jpg 
IMG_0875_450.jpg 

会場では3月9日に開催されました「福岡県小学生選抜+オープン大会」の際に撮影した写真配布を実施!
写真手裏剣活動も同時に実施いたしました。
今回の配布枚数は167名(204枚)
会場に配布用のテーブルを設置して戴きました。


<福岡県レディース連盟から・・・>
当日、福岡県レディース連盟からの物資も多数!!お預かりしましたので、私の小さな車では入りきれずに、ジュニアの監督さんにお願いして持ち帰った次第です。
おそらく、箱にして4箱~5箱の用具にはラケットも多数!
じつは、レディースからは福岡支部、北九州支部の物資がまだあるとのこと。
中高生の女子の分は、これでなんとか充足できるのではないかと感じます。

残るは中高生の男子の用具・・・
特にゲームシャツ、Tシャツ、短パン、靴下・・・です。

手元の用具は、至急、仕分けを実施し、被災地の中学・高校生用として送付したいと思います。

ご協力に心から感謝します。


4月22日からスタートしたバドッ子支援の会での用具収集活動ですが「ラケット1000本!」まではいきませんでしたが、専門店会さんの500本や、実業団をはじめとする支援団体の活動等をふくめると、おそらく1000本を超える数のラケットが被災地へ送られているのではないかと思います。
その他、シューズやゲームシャツといった用具の支援も含めて、被災3県(岩手・宮城・福島)のジュニアチームに関しては、ほぼ充足したとの報告を受けました。

また、予選会が早い時期に開催される高校生については、各県ともに先行して配布しておりましたが、残るは「中学生」への物資支援が充足まであと一歩という状況だと聞いています。

これまで、沢山の方々からのご支援を戴いたお陰だです。
心から感謝申し上げます。


<集積地への用具収集の一旦停止について>
以上のように「大量の物資を一気に被災県へ」という段階が終息の兆しが見えた事をうけ、各集積地への現在ストックしている用具を全て送付し終え、一旦各地の状況を確認いたします。
それでも足りていない用具や物資については再度募集を行いたいと思いますので、お手元の物資は大切にストックしてください。

用具の各集積地への受付を、一旦停止いたいと思います。

よろしくご理解を賜ります事をお願い申し上げます。

現在、お手元に集めて戴いている用具などがございました時は、最寄り集積地の担当へご連絡ください。
不足している物資品目に関しては引き続き、お預かりし、被災地へ送付したい考えです。

2011_0606
報告:Michi_Papaでした。


<<2011_0606:追記>>
先日告知しました「青森県・絆バドミントン」プロジェクトの要綱と申し込み書が届きましたので、以下へリンクいたします。
先着30名という事ですので、申し込みはお早めに!!

   実施要項   申込書  


>>>>>>>>>>>>>>>>>>

被災地からの支援要請の声、全国各地からの支援提案をお待ちしています。
Banner_450.jpg  
badsien_siennokoe.jpg badsien_sienteian.jpg 

また様々なバドミントン関連情報はブログ村でもご覧いただけます。 

 (ただし、上記のブログ村へのリンクは、クリックするとランキングにカウントされます。
カウントされずにリンクする方法が分らない・・・と言うのが正直なところです・・・。
ちなみにランキングサイトの「日本ブログ村」は、私のバドミントン関連情報の収集場所でもあります。
今日現在240サイトの登録があり、こんなにまとまった数のバドミントンブログを縦覧できるのはここくらいです。
私は、ブログ開設以来、ランキングよりもその登録数や登録されたブログに興味があり、バドミントン関連ブログへのリンク集として使わせていただいています。  Michi_Papa )

日本ブログ村・バドミントン バドミントン関連ブログが多数登録しています。

blogramランキング参加中! 構成が面白いランキングサイトです。
 
Fotologue「BAD_PHOTO/羽根の行方...」 


告知!・「写真手裏剣データの引渡し(本人限定!)」2010年6月末から始めました。 

追記 : たくさんの写真手裏剣のデータ受渡し希望のメールを戴いています。データ整理後に随時送信いたしますので、今しばらくお待ちください。少しでも多くの方々へデータをお手元へお渡しできるよう、頑張ります!! 

ある日、山形県のママさんから届いた声

2011年05月31日 01:40

2011_0531 

<物資支援の状況報告>

現在、多くの方々にお手伝いいただきながら活動を進めている「被災バドミントン選手支援の会(バドッ子支援の会)」では、4月22日に私宛に届いた一通のメールから用具の支援活動をスタートしました。

4月の22日時点では、6月のインハイ予選や中学校、小学校の予選が行われるかどうかすら決定されていない段階でしたので、誰もが活動に踏み切れずにいた状況下での石巻から届いた一通のメールでした。
これを切っ掛けに、その後、全国の方々から多くのバドミントン用具をお預かりしながら、必要としている用具を被災地へ逐次送付する活動を展開しています。
活動の模様は「支援の会ホームページ」や「支援要請掲示板」へ送付した数量、送付先、物資の提供者・・・など、活動状況が分かるように、逐次報告させて戴いています。
また、活動を協力戴いている有志ブロガーの皆さまのブログにも多数、報告が掲載されています。
ブログ巡回時に見かけた時は、有志メンバーへの励ましの言葉をお願いいたします。


幸いに、多くの支援団体が被災県への援助を実施する状況下で、団体を対象とした用具の支援は、最初の段階を終えようとしています。
大量に団体へ用具を送付する動きは5月から加速し、小学生を中心とするジュニアに関しては「なんとか足りてきている」という状況になりつつあります。

高校生においては6月上旬に多くの県が予選を実施することから、今まさに、もっとも用具が必要な時期(ピーク)を迎えております。
しかし、この時期を過ぎた場合、高校生については〝緊急性を要する支援〝から一旦は〝長期的な継続的な支援〝へとシフトしてゆくことになります。

一方で中学生に関しては、高校生よりも1か月遅れて県予選が各地で開催されます。
つまり中学生の用具が必要な時期(ピーク)は、まだしばらく続く事になります。

しばらく必要な用具、それは中学生・高校生を対象とした用具です。
とりわけラケットゲームシャツ、それから奇麗な使えるシューズいった道具という事になります。
また意外に求められている用具に「靴下」等の消耗品や夏を迎えるにあたり「Tシャツ」等も需要があります。
Mサイズ以上の大きめのモノが大変不足していますので、ご協力をお願いいたします。

今後は「シャトル」、とりわけ「ノック球」や「基礎打ち用」といった用途のものが求められていますが、近隣の団体や多方面からの支援が加速しており、充足するのも時間はかからないかと感じます。


そんな状況でバタバタと毎日を過ごしていた「5月26日」のこと。

また別の方から一通のメールが届きました。
今度は山形県からのメールでした。
ご本人の了解を得ましたので、ご紹介させて戴きます。


2011_0526
<<ある日、山形県のママさんから届いた声>>
高嶋様
はじめまして、福島から避難しているOYと申します。
支援サイトを検索するなかで、バドっ子支援サイトを見つけました。
自宅が原発から23㌔の所にあったため、3/16に一家五人で山形県に避難して
来ました。
避難先の中学校に転入しました。しかし、バドミントン部がなかったので、学校の
先生が、中学生対応のスポーツ少年団を紹介していただき、バドミントンを続け
られました。
幸い中体連にも個人戦に出場できる見込みですが、以前の学校では、大会用の
ユニホームやチームメイトがおり、ウェアやラケットの損傷にすぐに対応できました
が、現在の中学校にバドミントンをプレイしている生徒がおりません。
以前使用していたラケット、シューズ(各1)はあります。
親として、購入してあげたいのですが、避難生活を続けるなかで余裕がありません。
申し訳ございませんが、息子に支援のほどよろしくお願いします。

1)連絡先
名前・Oさん
メールアドレス・******@***.***

2)所属しているクラブ・学校名
震災前・南相馬市立・・・中学校 バドミントン部
避難後・山形県内のジュニアクラブにて (中学二年)

2)クラブ・学校の所在(県市町村)
震災前・福島県南相馬市
避難後・山形県

3)必要としている支援の内容
・ラケット
・ソックス
・ウェア上下L(公式戦対応)
・ジャージ上下L
・シャトル

3)現在の活動状況
・学校にはバドミントン部がありませんので、
 山形県のジュニアチームで練習させて戴いています。
(週4~5回)

4)今(投稿日現在)困っていること。
・バドミントン用具の不足

避難前の中学校は相双地域で地区の強化練習にも参加しましたが、
スポーツ少年団には所属していなかったため、支援の連絡は無かったので
個人での連絡をさせていただきました。
面倒をかけました際は、申し訳ございません。
<OYママさんより>

現在、被災県の中で福島県だけはご存じのように「原発の放射線被害」により避難生活を余儀なくされているエリアがあります。
この地域の住民は、殆どが家族単位の個人で避難しており、町の機能そのものも区域外、中には県外へ移っている自治体もあるのが現状です。
町の実態がそこに無いわけですから、住民がどこでどのような生活をしているのか、目下把握する為の作業が各被災自治体で継続して行われているます。
被災地のバドミントンジュニアチームや中学・高校もほぼ同じ状況です。

 OYさんの例は、まさにその状況下での「支援要請の声」でした。

OYさんには、すぐに手元にあった用具を取りそろえ、福岡集積地より5月27日に用具送付を完了いたしました。
その後、用具到着と共に、お礼のメールを戴きましたので、了承を得て、支援の要請・掲示板へ掲載させていただきましたのでご報告申し上げます。


ここで、皆さんへお伝えしたいのは、活動対象を協会や団体という「集団」から、徐々にOYさんのような「個人」への物資支援へと変化させてゆき、他の支援から洩れて苦しんでいる被災者の枝葉へと視点をシフトする必要があるということです。


後日、直接電話でお話しした際に
「学校やチームではなく、個人という事で、連絡をする事を大変迷いました。
 ・・・藁をも掴む思いでメールをしました・・・」
ママさんから語られる胸のうちには、子を持つ親の心の痛みを強く感じました。

OYママさん、連絡してくれて有難うございました。^^


バドッ子支援の会では、

他県へ避難していて、県協会や連盟からの支援を受ける事が出来ていない選手個人(パパさん、ママさん)からのご連絡をお待ちします。

私に連絡を戴きましたら、状況を所属県の協会へご報告し、情報を共有いたします。
そしてそれぞれの県担当者と協議し、可能な限り要望に沿った支援物資の送付を進めて行きたい考えです。

地震や津波、原発の為にバドミントンの夢を諦めざる得ない選手を、一人でも多く競技復帰に向けて後押しすること。
それが「被災バドミントン選手支援の会(バドッ子支援の会)」発足の目的です。


バドミントンに夢を描くバドッ子、そしてそれを見守る保護者の皆さまからのご連絡をお待ちしています。


2011_0531
バドッ子支援の会・代表 高嶋誠司



追伸/支援者の皆さまへ
個人からの支援の要請・掲示板への記載は、その方の状況に応じて対応してゆきます。
OYさんのように了承を得られた場合、イニシャルなどの匿名で記載させて戴き、可能な限り、支援者の皆さまへご報告いたしたいと存じます。
ご理解の程、宜しくお願い致します。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>

被災地からの支援要請の声、全国各地からの支援提案をお待ちしています。
Banner_450.jpg  
badsien_siennokoe.jpg badsien_sienteian.jpg 

また様々なバドミントン関連情報はブログ村でもご覧いただけます。 

 (ただし、上記のブログ村へのリンクは、クリックするとランキングにカウントされます。
カウントされずにリンクする方法が分らない・・・と言うのが正直なところです・・・。
ちなみにランキングサイトの「日本ブログ村」は、私のバドミントン関連情報の収集場所でもあります。
今日現在240サイトの登録があり、こんなにまとまった数のバドミントンブログを縦覧できるのはここくらいです。
私は、ブログ開設以来、ランキングよりもその登録数や登録されたブログに興味があり、バドミントン関連ブログへのリンク集として使わせていただいています。  Michi_Papa )

日本ブログ村・バドミントン バドミントン関連ブログが多数登録しています。

blogramランキング参加中! 構成が面白いランキングサイトです。
 
Fotologue「BAD_PHOTO/羽根の行方...」 


告知!・「写真手裏剣データの引渡し(本人限定!)」2010年6月末から始めました。 

追記 : たくさんの写真手裏剣のデータ受渡し希望のメールを戴いています。データ整理後に随時送信いたしますので、今しばらくお待ちください。少しでも多くの方々へデータをお手元へお渡しできるよう、頑張ります!! 

香川からの支援物資、被災地へ送付しました!

2011年05月26日 18:19

2011_0526

先日ご紹介した四国からの物資が届きました。

最初に驚かされたのはその量でした。
160cmサイズの箱が8箱分!?

P2011_0523_165158_373.jpg P2011_0523_165223_373.jpg 

日ごろはガラガラの私の事務所が、一気に足の踏み場を失う事態に・・・^^;
嬉しい悲鳴です。
受取直後、すぐに香川の吉川さんへ連絡致しました。

吉川さんへ物資の協力依頼を行ってからわずか10日程度で発送!
しかも、道具を集めるだけに留まらず、箱ごとに物資を分け、香川県の沢山のジュニアチームからの応援メッセージが数え切れないほど沢山!
IMG_9340_337.jpg IMG_9394_337.jpg 
丁寧に1足ずつ袋詰めされた靴下には、全てにメッセージが付けられていました。;;

 「頑張って!」
 「応援している!」
 「津波なんかに負けないで!!」
 「いつか一緒にバドミントンしよう!!」・・・・

丁寧に書きつづられたメッセージの数々に、思わず涙がこぼれました。

香川の皆さんの気概!見せて戴きました!!

四国・香川県の団結力と、実に温かい人情に触れた私も負けては居れません!!
一刻も早く、被災県、とりわけ小中学生を中心とするジュニア、そして予選がスタートする高校生へ渡さねば!!

IMG_9370_225.jpg IMG_9374_225.jpg IMG_9418_225.jpg 
IMG_9407_225.jpg IMG_9414_225.jpg 

仕分け・・・ほぼ終えました。。。

 ・ラケット/9本
 ・ウエア/63枚(XO*1、O*7、L*13、M*3、S*14、SS*7、~140*18)
 ・ウエア/レディース/6枚(L*2、M*4)
 ・短パン・ハーフパンツ/45枚(L*4、M*1、S*9、SS*18、~140*13)
 ・スコート/11枚(M*1、S*3、SS*1、~140*6)
 ・シューズ/69足
  (~18cm/5 ・ 19・19.5 cm/1 ・ 20・20.5 cm/5 ・ 21・21.5 cm/10
    25・25.5 cm/4 ・ 26・26.5 cm/2 ・ 27・27.5 cm/4
 ・Tシャツ/166着
  (O/3 ・ L/12 ・ M/24 ・ S/49 ・ SS/24 ・ ~140/54)
 ・Tシャツ/レディース2着
  (M/2)
 ・靴下/41足
  ( L・25-28/1 ・ M・22-25/28 ・ S・18-21/12 )
 ・ラケットバッグ/10本
 ・バッグ/3個
 ・シャトル/5個
 ・グリップテープ/1本
 ・ラケットケース/16本+アルファ

これ以外にもトレーナーやウォームアップ、ジャージ等の物資が多数!
(こちらは急ぎの荷物ではありませんでしたので、後日再度集計する予定です。
痛みが激しいものも若干交じっていましたので、それは私の方で選別させて戴きました。

袋に纏められていた手紙は、ウエアやラケット、シューズやTシャツ等に同封させて戴きました。
メッセージが道具の持ち主ではない状況だと思いますが、皆さんのエールは道具が必ず運んでくれると思います。


集計してみて、ゲームシャツの大きなサイズを多数ご支援戴きました。
これは「もうすぐインハイ予選!」という僕の言葉に吉川さんからの配慮だと感じました。
中には「日本代表ユニフォーム」の背面〝JAPAN”のゲームウエアも・・・・
被災地への力強いエールだと思います。

道具は被災地毎に必要な資材が異なります。
大きいサイズを欲しがっている県や、ジュニアサイズのものを欲しがる地域。。。
それぞれのニーズに合わせて、数量を振り分け、さっそく被災地へ送付し終えました。
実に22時間の格闘でした。;;

IMG_9426_337.jpg IMG_9429_337.jpg 

明後日、各県へ届くとのことです。
以上、ご報告申し上げます。

ここで重要なお知らせ!!

今後の用具収集の際、以下の事をお願いいたします!

  1-「シューズは奇麗で大きめのもの(25-28cm)が不足している。」

  2-「ラケット・ゲームシャツ(ウエア)はまだまだ足りない・・・」

  3-「Tシャツはサイズが大きなものが不足気味。」

以上の3点です。

>宮城県では県協会からシューズの支給があったそうです。
ですので、急激にシューズの需要が減りつつあります。

>岩手では高校生や中学生向けの大きなサイズが求められています。

>福島では、小・中・高ともに散りぢりに県外へ避難した選手も多く、それら多くの県外の選手たちとの連絡が取れていない状況だそうです。

このホームページを見ている
福島県、または宮城県、岩手県、茨城県・・・
・・・の県外で避難生活を送られているバドミントン選手、
 または選手のパパさんママさん
・・・・居られましたら、是非!ご連絡ください!

福島県担当者と連携しながら、支援を行い考えです。

バドッ子支援の会・高嶋メール/
michi_papa_2008@yahoo.co.jp までご連絡を!!


連絡を戴きました方の所在を確認し、福島県協会へお知らせします!!
また、支援要請に応じて支援を実施しますので、小さな声で構いません。
県外避難者・バドッ子からの連絡を待ってます!!

2011_0526
バドっ子支援の会・代表 高嶋誠司

>>>>>>>>>>>>>>>>>>

被災地からの支援要請の声、全国各地からの支援提案をお待ちしています。
Banner_450.jpg  
badsien_siennokoe.jpg badsien_sienteian.jpg 

また様々なバドミントン関連情報はブログ村でもご覧いただけます。 

 (ただし、上記のブログ村へのリンクは、クリックするとランキングにカウントされます。
カウントされずにリンクする方法が分らない・・・と言うのが正直なところです・・・。
ちなみにランキングサイトの「日本ブログ村」は、私のバドミントン関連情報の収集場所でもあります。
今日現在240サイトの登録があり、こんなにまとまった数のバドミントンブログを縦覧できるのはここくらいです。
私は、ブログ開設以来、ランキングよりもその登録数や登録されたブログに興味があり、バドミントン関連ブログへのリンク集として使わせていただいています。  Michi_Papa )

日本ブログ村・バドミントン バドミントン関連ブログが多数登録しています。

blogramランキング参加中! 構成が面白いランキングサイトです。
 
Fotologue「BAD_PHOTO/羽根の行方...」 


告知!・「写真手裏剣データの引渡し(本人限定!)」2010年6月末から始めました。 

追記 : たくさんの写真手裏剣のデータ受渡し希望のメールを戴いています。データ整理後に随時送信いたしますので、今しばらくお待ちください。少しでも多くの方々へデータをお手元へお渡しできるよう、頑張ります!! 

全国で「収集実施大会」の動き!

2011年05月21日 06:43

2011_0521
2011_0526:一部訂正!

被災地への支援用具の収集を会場で許可して戴きましたので、実施する「収集実施大会・練習会」情報を以下へご紹介いたします。

2011_0529/青森集積地
青森県小学生連盟強化練習会での用具収集活動
  日  時   5月29日(日曜日)
  場  所   青森市浪岡体育館
          青森市浪岡大字浪岡字稲盛93

  *当日は青森県平成23年度青森県春季バドミントン選手権大会及び
  第24回全国スポーツレクレーション祭青森予選会も開催されています。

  また6月26日には同場所にて「絆バドミントン」と称して岩手・宮城・福島
  小学生連盟を通じて被災地より選手の受け入れ、練習会を行う予定になっています。
  青森での開催の為、来ていただいた方々には補助金を出す予定になっています。

  会場担当者/奈良岡


2011_0604/福岡集積地
第12回・全国小学生ABCバドミントン大会・福岡県予選会会場にて
  日  時  6月4日(土曜日)
  会  場  北九州市立若松体育館にて
           北九州市若松区古前1丁目1番1号
  主  催   福岡県バドミントン協会・福岡県小学生バドミントン連盟
  
  本大会は福岡県内全域から小学生があつまり、全国への切符を目指して
  激戦が繰り広げられます。
  支援物資提供の連絡が県内各地から問い合わせが寄せられる中で、
  集約的に用具の収集を実施できる貴重な機会という事で、主管団体へ
  ご相談したところ、用具収集を快諾いただきました。

  また、昨今の厳しい経済情勢の中で、道具ひとつ、靴ひとつ、貴重な品物です。
  皆様にはご無理を申し上げますが、宜しくお願い致します。

  会場担当者/高嶋


2011_0618-19/福島集積地
裏磐梯合宿会場にて
  日  時  6月18日・19日
  会  場  裏磐梯自然環境活用センター・ほか2会場
         耶麻郡北塩原村大字桧原字剣が峰1093
  主  催  裏磐梯ジュニアバドミントンクラブ・事務局/大堀
  宿  泊  裏磐梯地区内の民宿・ペンション 各団体様毎に分宿
  費  用  宿泊代金 1泊2食付き税込み ¥5,500円 
      (弁当ご希望の場合は別紙にてご用命ください。弁当代1食につき500円)
         参加者・指導者・保護者様 同一料金となります。
  参加費用  1日/1人 ¥1,000円(シャトル代・その他) 
          2日/1人 ¥2,000円(シャトル代・その他)
     *日帰りでのご参加の団体様は上記参加費用が必要となります。
      また、弁当ご希望の場合は別紙にてご用命ください。

  申込締切  平成23年6月5日(日曜日)事務局まで Faxでお願い致します。
          事務局FAX /(0241)32- 2338
  問い合わせ メールアドレス/info@kotakamori.com

  上記の通り、実施いたしますので多数のご参加いただけますようご案内申し上げます。
   ・貴下の小学生・中学生の参加をお願い致します。
   ・人数等変更の場合、お早めにご一報ください。
   ・宿の手配は主催者側で行いますので、後日ご連絡いたします。
   ・指導者・保護者の懇親会を予定しております。詳細は当日ご案内いたします。  

  会場担当者/金澤


以上、3つの大会・練習会場にて、
  「被災地送付の為のバドミントン用具収集」を行います。


   主管団体から許可を戴きましたので、ご案内させていただきます。
   以下は、3つの収集実施大会・練習会での共通事項です。

   お預けいただく大切な道具には、被災地のバドっ子たちへのエール(メッセージ)を添えてください。


   ・収集目的 : 被災バドミントンクラブへの用具の支援
         (今回は岩手県協会、宮城県気仙沼市・石巻市、
           福島県相双・いわき地区への送付を行います。)
     重要!>収集し、支援要請された必要数に達した場合は、引き続き道具を保管し、
           新たな要請備えます。

   ・要請クラブ ・ 宮城県石巻市ジュニア及び中学生(20) 
              宮城県気仙沼市ジュニア及び地元高校生(15+20)
              岩手県協会(50)、福島県協会(50)
 
   ・必要用具 ・ 150名分

   ・収集品のリスト
(一部訂正:2011_0526)
    バドミントン用具全般です。
     ◎ラケット
・・・注意!>可能な限りガットを張り上げた状態で、
                   即使用可能なものをお願いします。

     ●シューズ
・・・特に25-28cmサイズが不足しています。
              使用可能なものをお願いします。

     ◎ウエア
・・・ゲームシャツは大変貴重です!
     ・シャトル 
     ・Tシャツ・・・大きめのサイズが不足しています。
     ・短パン・・・中学・高校生用の大きめのサイズが不足しています。
     ・靴下・・・出来れば新品をお願いいたします。
     ・ネット
     ・ラケットバッグ
     ・ウォームアップ
     ・ガット
   など、何か一つだけで結構です。
 
 
 お手元で、使用されていないけど「まだ使える!!」ものがありましたら、
 どうか被災地への用具の寄付をお願いいたします。

<道具の支援を考えられている皆さまへ>

 ここで一つだけ大切なお願いがございます。

 お送りいただく際に「被災地の選手たち(同志)へのメッセージ」を添えてください。
 一言だけでもかまいません。

  1. エール(メッセージ)>
  2. 県名・お名前>
   (ニックネームや苗字だけでもかまいません)
 
IMG_6441_337.jpg IMG_6816_337.jpg
 IMG_7280_225.jpg IMG_7285_225.jpg IMG_7294_225.jpg 

 <愛着のある大切な道具>
  お手元の道具には、その傷の一つ一つに持ち主の思い出や思いがあります。
  それは持ち主の愛着に違いありません。
  皆さんの被災地へのメッセージが、
  用具の新たなオーナーとなるバドっ子たちへ、
  勇気と共に用具への愛着を育んでくれると思います。

  お手数ですが、宜しくお願い申し上げます。

2011_0501に「筑後地区小学生バドミントン交流会」にて用具収集を実施しました。
その際の様子を「バドっ子支援の会ホームページ」へ掲載していますので、参考にご覧ください。

 支援メニュー01
 「ラケット1000本を被災地へ!」プロジェクト経過報告



2011_0521
Michi_Papaこと高嶋誠司

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

2011_0523:追記報告-1

被災バドミントン支援の会では、2011年04月28日に活動支援金の口座を開設してからこれまで、実に多くの支援金を全国からお預かりしております。
 詳細は「活動支援金口座のご案内」を参照ください。随時追記を行っております。
この活動支援金の使途は、被災地からの声(支援要請)に応じて展開する「支援メニュー」の実施の為に、都度活動資金として使用させていただく所存です。

現在のところは「支援メニュー01/ラケット1000本を被災地へ!プロジェクト」において、
 1-集積地から被災地への物資の梱包費用・送料
として使用させていただいております。
今後、新たに発生している用途として、これまでお預かりした用具のうち「ラケット」及び「シューズ」のメンテナンス費用として一部を使用させていただく事を検討しています。
「ラケット」においては、お預かりする際に「ガットを張った状態」が原則ですが、傷みが激しい場合は集積地にて“張替え”を実施しております。
「シューズ」につきましても同様に、以前に当ブログでもご提案しました様に、傷みの激しいインソールの交換を実施しています。
これまでの「1-梱包費用・送料」に加え、新たに「2-用具のメンテナンス(補修)費用」に活動支援金の一部を活用させていただきたいと思いますので、支援者の方々のご理解を賜りますことをお願い申し上げます。

2011_0524
バドっ子支援の会
代表 高嶋誠司

>>>>>>>>>>>>>>>>

2011_0523:追記報告-2

以前にこのブログでもご紹介しました「飯野夫妻のチャリティーバドミントン講習会」が、静岡県磐田市にて開催されました。

<以下、飯野さんからの報告です。>

高嶋 様
 

飯野佳孝です。 
お疲れ様です。 

さて、先日の5月21日に静岡県磐田市でチャリティーバドミントン 
講習会を開催し50名の方が参加し無事終了いたしました。 

その際、バドッ子支援の会への支援金として133,800円集まり 
ましたので、先ほど「ゆうちょ銀行、被災バドミントン選手支援の会」 
へ振込みましたので、ご報告いたします。 

なお、この金額は受講者の皆様から集めた支援金ですので、被災 
バドミントン選手支援の会が飯野から受け取ったことを貴ブログで 
公表して頂けれる助かります。 
お手数ではございますが、よろしくお願いいたします。 

また、この活動での高嶋さんのご尽力と行動力には頭が下がります。 
ありがとうございます。 
この後も私にできることがありましたら、何なりとお申し付けください。 
できるとしたら、各地で講習会開催してもらい受講料を支援金に回す 
ことぐらいかもしれませんが・・・。 
<以上、飯野氏からのメール>

飯野佳孝 様

 本日(05/23)に口座にて133,800円の入金、確認いたしました。
 活動への深いご理解と、ご協力、そしていつもご指導、ご鞭撻を賜り、心からお礼申し上げます。

 本来であれば講習会へ取材へ伺うべきところ、本業の都合がつかず、大変ご無礼致しました。
 主催者であります浜北バドミントンクラブ・スマッシュの村松代表をはじめ、クラブ員の皆様、参加者の皆様におかれましては、多大な活動への支援金を私どもの活動へお預け戴きました事に、今後の活動への大きな励みでもあり、被災地復興支援への取り組みに関する使命を実感しております。

 これからも歩きながら、失敗しながらではあるかと思いますが、活動への屈託のないご意見を賜りながら、着実に活動を進めて参りたい所存です。
 これからも、変わらぬご指導、ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。

2011_0524
バドっ子支援の会
代表 高嶋誠司

>>>>>>>>>>>>>>>>>>

被災地からの支援要請の声、全国各地からの支援提案をお待ちしています。
Banner_450.jpg  
badsien_siennokoe.jpg badsien_sienteian.jpg 

また様々なバドミントン関連情報はブログ村でもご覧いただけます。 

 (ただし、上記のブログ村へのリンクは、クリックするとランキングにカウントされます。
カウントされずにリンクする方法が分らない・・・と言うのが正直なところです・・・。
ちなみにランキングサイトの「日本ブログ村」は、私のバドミントン関連情報の収集場所でもあります。
今日現在240サイトの登録があり、こんなにまとまった数のバドミントンブログを縦覧できるのはここくらいです。
私は、ブログ開設以来、ランキングよりもその登録数や登録されたブログに興味があり、バドミントン関連ブログへのリンク集として使わせていただいています。  Michi_Papa )

日本ブログ村・バドミントン バドミントン関連ブログが多数登録しています。

blogramランキング参加中! 構成が面白いランキングサイトです。
 
Fotologue「BAD_PHOTO/羽根の行方...」 


告知!・「写真手裏剣データの引渡し(本人限定!)」2010年6月末から始めました。 

追記 : たくさんの写真手裏剣のデータ受渡し希望のメールを戴いています。データ整理後に随時送信いたしますので、今しばらくお待ちください。少しでも多くの方々へデータをお手元へお渡しできるよう、頑張ります!! 

バドッ子集まれ!青森でオープン合宿開催!(締め切り4月15日、急げ!)

2011年04月14日 15:22

2011_0414 バドッ子支援の会・支援の提案掲示板にて

支援の提案-2011_0414/青森県の奈良岡さまから
<青森のバドッ子たちへ!
 一緒に合宿で羽を触りませんか!?>


青森県の奈良岡さんから、メールにて被災した方や、現在、通常の練習が出来ない状況にある青森近県のバドッ子たちへ、合宿の提案がありましたので、ご紹介いたします。

現在 青森県では、会場の夜間使用が制限されており、平日の練習が出来ないそうです。
そのような中で幸運にも会場が確保できたという事で、同じような状況で困っている被災地域のジュニアクラブ、選手個人へ可能な限り参加を呼び掛けたいという事で、ご連絡を戴きました。

>>>>>>>>>>>>>>

 主催 浪岡ジュニアバドミントンクラブ父母・後援会

 日時 平成23年4月22日~24日
     4/22 19:00~21:00
     4/23 10:00~21:00
     4/24  9:00~12:00

 場 所 : 青い森アリーナ
  (サブ体育館)
    http://www.sport-aoimori.jp/
 住 所 : 青森県青森市大字宮田字高瀬22-2

 宿 泊 : 同施設にて宿泊

 費 用 : 4/22・23 宿泊・施設利用料
        4/23 朝食・昼食・夕食
        4/24 朝食 トータルで8500円程度の見込みです。
        (シャトル代は別途)
   ・尚、被災地からの参加の場合シャトル代はいりません。
   ・ラケット・シューズなど無い人には貸出予定です。
   ・1日のみ等の参加も大丈夫です。
   
 注意事項!
   ・宿泊の手配上、申込は4/15迄にお願いします。
   (遅くとも4/16午前中でお願いします。

 バドミントンで元気を取り戻しみんなで頑張りましょう。
 今回の合宿専用携帯電話を導入します。
 この番号は合宿終了後に終了します。

 お問い合わせ先 浪岡ジュニアバドミントンクラブ 奈良岡 浩
        
 今回合宿専用電話  090-7061-3000

 浪岡ジュニアバドミントンクラブHP
 http://namiokajunior.web.fc2.com/

 提案者/青森県在住・奈良岡さま

>>>>>>>>>>>>>

宿泊の手続きが急ぐようで、今週末(4月15日)の締切りです!!
参加を希望される方!お急ぎください!!


2011_0414
Michi_Papaこと高嶋


>>>>>>>>>>>>>

被災地からの支援要請の声、全国各地からの支援提案をお待ちしています。


badsien_banner.jpg

badsien_siennokoe.jpg badsien_sienteian.jpg 

報告/Michi_Papaこと高嶋

また様々なバドミントン関連情報はブログ村でもご覧いただけます。 

 (ただし、上記のブログ村へのリンクは、クリックするとランキングにカウントされます。
カウントされずにリンクする方法が分らない・・・と言うのが正直なところです・・・。
ちなみにランキングサイトの「日本ブログ村」は、私のバドミントン関連情報の収集場所でもあります。
今日現在234サイトの登録があり、こんなにまとまった数のバドミントンブログを縦覧できるのはここくらいです。
私は、ブログ開設以来、ランキングよりもその登録数や登録されたブログに興味があり、バドミントン関連ブログへのリンク集として使わせていただいています。  Michi_Papa )

日本ブログ村・バドミントン バドミントン関連ブログが多数登録しています。

blogramランキング参加中! 構成が面白いランキングサイトです。
 
Fotologue「BAD_PHOTO/羽根の行方...」 


告知!・「写真手裏剣データの引渡し(本人限定!)」2010年6月末から始めました。 

追記 : たくさんの写真手裏剣のデータ受渡し希望のメールを戴いています。データ整理後に随時送信いたしますので、今しばらくお待ちください。少しでも多くの方々へデータをお手元へお渡しできるよう、頑張ります!!

練習会場情報!(裏磐梯)・チャリティーセミナー開催(静岡)ほか・・・

2011年04月13日 13:17

2011_0413

先日設置した掲示板に「支援の提案」が記載されていますので、ご紹介いたします。


>>>>>>>>>>>>>

支援の提案-2011_0413/福島県・東城さんから
<福島県内のバド選手たちへ・・・
 裏磐梯にて毎週末に一緒に練習しませんか?!>


 ・練習会場 : 裏磐梯自然環境活用センターにて
          電話/024132-2927
 
 ・日   時 : 4月16(土)9:00~17:00
          4月17(日)9:00~17:00
        ( 以後、継続的に毎週末に実施予定 )

 ・参 加 料 : シャトル代として500円を申し受けます。

 ・連 絡 先 : 090-3755-5355/東城 担当まで

 参加にあたっての注意事項/
  ・コートは最大で7面ですので、希望者は必ず事前にご連絡ください。
  ・希望者が多数の場合は、大変申し訳ありませんがお受けできない事もありますのでご了承ください。

 また、遠方からの参加の場合は宿泊も手配できますので、必要ときは東城(TEL/090-3755-5355)までご相談ください。

 提案者/福島県在住・東城さま

>>>>>>>>>>>>>>

希望者は、直接、東城さんへご連絡ください。^^



>>>>>>>>>>>>>>

支援の提案-2011_0410/静岡県・飯野さんから
<飯野夫妻の
 チャリティーバドミントン講習会開催のご案内>

開催の目的
 東日本大震災で被災されたバドミントン関係者を支援するためにチャリティーバドミントン講習会を開催いたします。
 受講料と講師への謝礼金全額は「被災バドミントン支援の会(バドッ子支援の会)http://michipapa2008.blog59.fc2.com/」へ支援金として寄付します。
 ※体育館利用、シャトル等の必要最低限の経費のみ受講料より支払わせて頂きます。

  主    催 : 浜北バドミントンクラブ スマッシュ

  開催日時 : 2011年5月21日(土)9時~15時
       *8時30分に開館いたします。

  会   場 : 静岡県磐田市豊岡体育館 6面
        /静岡県磐田市壱貫地64-1
         電話:0539-63-0036

  受 講 料: 2千円以上とし個人の善意にお任せします。
        当日持参願います。

  講  師: 飯野佳孝・飯野裕子

  講習内容:ダブルスでレベルアップするための
       技術練習と動きの練習を中心に行います。
         ①ダブルスのレシーブ練習とレシーブからの展開
         ②バックハンド&ハイバックのマスター
         ③前衛の攻撃範囲を広がる練習

  対象選手 : バドミントン経験2年以上から中級レベルまで

  定   員 : 50名(先着順)

  申 込 先 : FAXまたはメールにて申し込み願います。
         1)FAXにて 0942-27-7314
         2)メールにて michi_papa_2010@yahoo.co.jp
    ・Michi_Papaにてとりまとめ、主催者の「浜北バドミントンクラブ・スマッシュ」の
     代表者様へご連絡いたします。
    ・主催者様をご存じの方々は、直接ご連絡いただいてもかまいません。
 
  申込締切日 : 4月末

 特  例 :
  ・東日本大震災で被災され静岡県の磐田市近辺へ避難されている方は参加費無料(シャトル持参不要)で歓迎します。
   (また用具が必要な場合は、申し込みの際ご相談ください。)

 備  考:
  ・昼食は各自持参願います。
  ・練習の効率を上げるため参加者1名に対し試合ができる程度の中古シャトル1ダース持参願います。
   不足分のシャトルは開催側が用意します。
  ・講習会内容の撮影は禁止です。

 提案者/静岡県・飯野佳孝さま

>>>>>>>>>>>>


支援の提案-2011_0411/INDYさんから
<用具の提供>

 1)ガットの提供
   TOALSON BL-7000の100mを一本提供します。
  もし、ラケットの提供があり、ガットが張っていなかったり、
  張っていても使用に耐えないようなガットの場合に使用してください。

  もちろん依頼あれば私が張りますので、
  希望のテンションをお知らせいただければ・・・
  全て提供します。

 2)中古のシューズの提供
  娘が履いていたシューズですが
  成長期の為そんなに痛まずに次のシューズへ履き替えました。
   YONEX POWER CUSHION JUNIOR 610 /サイズ 21.0cm
  少々痛んでいるところがあり汚れもそれなりにありますが、
  まだまだ使用には耐えると思います。

 619720_1302529325_225.jpg 619720_1302528975_225.jpg 

提案者/INDYさま

>>>>>>>>>>>>>

被災地からの支援要請の声、全国各地からの支援提案をお待ちしています。


badsien_banner.jpg

badsien_siennokoe.jpg badsien_sienteian.jpg 

報告/Michi_Papaこと高嶋

また様々なバドミントン関連情報はブログ村でもご覧いただけます。 

 (ただし、上記のブログ村へのリンクは、クリックするとランキングにカウントされます。
カウントされずにリンクする方法が分らない・・・と言うのが正直なところです・・・。
ちなみにランキングサイトの「日本ブログ村」は、私のバドミントン関連情報の収集場所でもあります。
今日現在234サイトの登録があり、こんなにまとまった数のバドミントンブログを縦覧できるのはここくらいです。
私は、ブログ開設以来、ランキングよりもその登録数や登録されたブログに興味があり、バドミントン関連ブログへのリンク集として使わせていただいています。  Michi_Papa )

日本ブログ村・バドミントン バドミントン関連ブログが多数登録しています。

blogramランキング参加中! 構成が面白いランキングサイトです。
 
Fotologue「BAD_PHOTO/羽根の行方...」 


告知!・「写真手裏剣データの引渡し(本人限定!)」2010年6月末から始めました。 

追記 : たくさんの写真手裏剣のデータ受渡し希望のメールを戴いています。データ整理後に随時送信いたしますので、今しばらくお待ちください。少しでも多くの方々へデータをお手元へお渡しできるよう、頑張ります!!



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。